秋にお勧めのスポット①「温泉津温泉」[島根県)

秋にお勧めのスポット①「温泉津温泉」(島根県大田市)

※当記事は2013年8月24日(土)ABCラジオ「柴田博のほたるまち旅行社」に井上晴雄がゲスト出演いたした折にお話しした内容および関連情報をまとめたものです(収録日 7月25日)。

山陰の名湯、温泉津温泉とは

秋が到来しようとしているこの時期、静かでしっとりした温泉でくつろぎたいという方も多いのではないでしょうか。そこで今回私がおすすめする温泉は、島根県の大田市に湧く「温泉津温泉」(ゆのつおんせん)です。温泉あり、歴史あり、料理あり、そしてとても静かでひなびた雰囲気がある。それが「温泉津温泉」の魅力だと思います。

温泉津温泉の最寄駅はJR山陰本線の「温泉津駅」です。JR温泉津駅の改札口を出ると、左方向に温泉街に向かう道がのびています。しばらく歩くと、視界に日本海が広がってきます。漁船が停泊し、空にはカモメが旋回している、そんな港町の情緒を感じさせてくれる界隈です。ほどなくして、沿道にはひなびた雰囲気の街なみがあらわれます。白壁の土蔵やなまこ壁をかまえた屋敷、また、純和風の温泉旅館が20軒ほど連なり、レトロな雰囲気。歩いていると、まるでタイムスリップしたような錯覚を覚えるほどです。

▽「温泉津温泉の夕景」 (絵 井上晴雄)

絵画「温泉津温泉の風景」

温泉津温泉は歴史が古く、1300年前に湧いたと伝えられています。温泉街が最も栄えたのは江戸時代だといわれています。その頃、温泉津から車で30分ほどの距離にある石見銀山は、世界の3分の1の銀産出量を誇ったともいわれ、産出した銀がこの温泉津の港から積み出されていたのです。それに応じて、旅籠や酒屋、問屋が港周辺につくられ、温泉津温泉は、石見銀山で働く人々の湯治場としてもずいぶんにぎわっていたそうです。しかし、江戸時代が終わり、銀山が衰退してからというもの、まるで時間が止まってしまったようにそのまちなみと温泉が残されました。

温泉街を見渡せる愛宕山> 温泉街付近には、温泉津のまちなみを見渡せる高台がいくつかあります。そのひとつは愛宕山という標高32mの小高い山です。その山頂には愛宕神社(あたごじんじゃ)という小さな社があり、そこまであがっていく坂道から眼下に広がるまちなみがまた素晴らしいです(※当絵画の風景はこの愛宕山からの風景を描いています)。石州瓦と呼ばれる山陰地方独特の赤瓦を屋根に構えた「旅館や民家」が手前に並び、その向こうには、温泉津湾が静かに広がっています。夕方になると、西に傾いた夕陽が光をはなち、まちをやさしく包み込んでいきます。なんともいえない心地よいひとときです

優れた泉質を誇る2軒の共同浴場>

温泉津温泉の温泉街の中心部には、「元湯」と「薬師湯」という2軒の共同浴場が立っています。

「元湯」は1300年前から湧いているという自然の源泉を味わえる共同湯です。昔ながらの木造のたたずまい。ガラガラと木の扉をあけると、熱い湯、ぬるい湯、座り湯と3層に分かれた湯船があり、湯がなみなみと満ちています。湯の泉質は、含土類食塩泉です。湧きでるときは透明で地上にでてくると酸化して淡い茶褐色に変わるという不思議な湯です。そして、浴槽の縁には、湯の花が、まるで鍾乳洞の鍾乳石のように付着しています。いかにも効き目がありそうな湯で、入ると、体がぽかぽかしてきて、肌がすべすべになります。

「薬師湯」は「元湯」のはす向かいにある共同浴場で、昔の映画館を思わせるようなレトロな外観が特徴的です。こちらもすばらしい湯で、日本温泉協会の天然温泉の審査で、最高評価のオール5を受けた湯です。薬師湯では湯あがりにコーヒーをいただきながら屋上のガーデンテラスから温泉街を眺めるという楽しみ方もできます。

温泉津にはおいしい魚介類あり

温泉津温泉には、20軒ほど温泉旅館が点在しています。海が近いだけに、それぞれの旅館ではなんといっても、新鮮な魚介類をふんだんにつかった会席料理が絶品です 料理では例えば、イカそうめん、あんこう鍋、タイの活きづくり、サザエの壺焼きなど、特におススメです。日本海の荒波で育った温泉津の魚は、身が引き締まり脂が乗っていて、とてもおいしいです

温泉津には歴史スポットも点在

温泉津は歴史が古いまちで、お寺や神社もいろいろ点在しています。例えば、JR温泉津駅の近くならば、安楽寺や毛利元就ゆかりの厳島神社などが立っています。また、駅から徒歩10分くらいの距離には、「石見神楽」を毎週土曜にみることができる龍御前神社(たつのごぜんじんじゃ)という神社もあります。「石見神楽」とは山陰地方などに伝わる伝統芸能の一種で、日本神話を舞台に大蛇やスサノオなどが登場する舞楽のことです。龍御前神社では、毎週土曜日、20時から21時に夜神楽も催されています。

温泉津温泉へのアクセス

(電車)※大阪からの場合(一例) 新大阪駅→(新幹線のぞみ)→岡山駅→(特急やくも)→出雲市駅→(JR山陰本線快速列車など)→JR温泉津駅→(徒歩約20分またはバス5分)→温泉津温泉の温泉街

(車)中国自動車道から米子道、山陰道と経由して出雲ICから国道9号線で温泉津町へ

<地図>温泉津温泉(島根県大田市)の位置

大きな地図で見る

秋にお勧めのスポット②「若草山からの夜景」(奈良県奈良市)

 秋にお勧めのスポット②「若草山からの夜景」(奈良県奈良市)

※当記事は2013年8月24日(土)にABCラジオ「柴田博のほたるまち旅行社」に井上晴雄がゲスト出演いたした折にお話しした内容および関連情報をまとめたものです。(収録日 7月25日)

<新日本三大夜景のひとつ「若草山」>

少しずつ涼しくなってくるこの季節、やさしい雰囲気を味わえる関西の「夜景スポット」を今回、ひとつ紹介させていただきます。今回お勧めするのは奈良県奈良市にある若草山の山頂からの夜景です 

 若草山は奈良市内にある標高342mの山で、芝生に覆われた3つ重ねの山です。若草山といえば、新年の山焼きで有名ですが、意外と知られていないのが、その山頂からの夜景の美しさです。その夜景は新日本三大夜景日本夜景遺産のひとつにも数えられています。

若草山から山頂にあがるには、日中なら、春日山遊歩道など徒歩向きのルートもありますが、あたりが暗くなってからの時間帯ならば マイカーかタクシーをご利用されるのがおススメです。マイカーの場合、正倉院の脇からのびる有料道路「新若草山ドライブウェイ」(乗用車往復510円/8~23時)で、木々に覆われた道を上がっていくと山頂の駐車場にたどりつきます 駐車場からはフットライトの灯りに沿って坂道と階段を5分ほど歩くと視界が一気にひらけ 眼の前には壮大な奈良の夜景が広がります                             ▽「奈良の夜景」(若草山にて) 絵 井上晴雄

絵画「奈良の夜景(若草山)」

<若草山夜景の魅力は、鹿がいるやさしい雰囲気>

若草山山頂からの夜景はとにかく開放的です。その視界は約200度におよぶ大パノラマで、東大寺大仏殿や興福寺五重塔といった世界遺産が点在する奈良市内のあかりをはじめ、遠くは大和三山や、金剛山系の山々、京都方面までも見渡すことができるのです。

そして、これぞ若草山からの夜景の特徴だと思うのは、山斜面に鹿が何匹もいることです。ゆったり草を食む鹿たちがシルエットとなり、その向こうに、キラキラと奈良のまちあかりがまたたいているのです。その夜景を眺めていると なんともいえないやさしい気持ちになることができるのです。全国には数多くの夜景名所がありますが、夜景のなかに動物がいる夜景は若草山以外にはないのではないでしょうか。鹿の視点でゆったりやさしい気持ちになれるのが、この奈良若草山からの夜景の大きな魅力だと思います。

<その他情報「若草山山頂にある鶯塚古墳」>

若草山の山頂には、5世紀頃に築造されたとされる史跡「鶯塚古墳」もあります。標高300メートル以上の山頂にある古墳としては、日本最大級の前方後円墳です(全長約103m)で、仁徳皇后の墓ではないかと考えられています。

<その他情報:「ライトアッププロムナードなら」>

2013年9月29日までの18~22時は、奈良公園一帯では、「ライトアッププロムナード・なら」というライトアップイベントが開催されています。興福寺五重塔や浮見堂といった歴史的建物群がライトアップされるというものです。若草山山頂で夜景を観たあとは、奈良公園一帯を散歩してみるのもおススメです。たとえば、猿沢池にうつりだす興福寺五重の塔はとても幻想的で、古都ならではの夜景を味わうことができます。

<その他情報:「和歌の舞台となった三笠山(御蓋山)」>

若草山の隣にある三笠山は和歌の舞台にもなりました。その和歌はとは「天の原 ふり さけみれば 春日なる三笠の山に 出でしつきかも」という安倍仲麿が詠んだ歌です。19歳で唐に渡り玄宗皇帝に仕えた仲麿は、空高くあがる美しい月を見て、遣唐使が日本を出発する前、三笠山で観た月を思い出し、望郷の念を込めて歌に詠みました。ようやく一時的に帰国を許されたものの、日本への船が途中で難破し、仲麿は結局、ふるさとに帰れないまま唐で生涯を閉じることになります。

<その他情報:徒歩で若草山にのぼるルート> ※日中の明るい時間帯のみ

ルート1:水谷神社からののびている「春日山遊歩道」で山頂まで徒歩約1時間 年輪を重ねた巨木が連なる遊歩道。秋は紅葉が美しいです。

ルート2:春日大社の付近にある「南ゲート」または「北ゲート」から若草山に 入山できます。山頂まで徒歩約40分。(午前9 時~午後5時/大人150円(中学生以上)、 小人(3歳以上)80円) 

<その他情報:「若草山 夜景バス」>

2013年9月23日までの金・土・日・祝にボランティアガイドの案内で若草山の夜景を観る「夜景バス」が奈良交通バスから該当日に1日1便出ています。(詳細:奈良交通バスHP)

PR 和ロールケーキ「奈良手巻」(千壽庵吉宗(せんじゅあんよしむね)奈良本店)

(地図)若草山の位置

大きな地図で見る

ABCラジオ「柴田博のほたるまち旅行社」とは

ABCラジオ「柴田博のほたるまち旅行社」とは

柴田博のほたるまち旅行社」は、毎週土曜日(13:00~13:30)にABCラジオ(朝日放送大阪のAM局、1008kHz)で放送されている人気旅行情報番組です。

番組の進行を行うのは、朝日放送のアナウンサー柴田博氏と、旅行ジャーナリストの山本純二氏。毎回、旅行・観光に携わるゲストを招いたり、話題の観光地に電話をつないだりしながら、「旅行」「町」「グルメ」などをテーマに楽しいトークを展開します。

「ほたるまち通信」、「トラベル掲示板」、「柴田博の今週はココ!」ほか、コーナーも充実。旬の旅行情報をはじめ、地域の取り組みや旅行の豆知識など、旅行にまつわるさまざまな話題を楽しく知ることができます。毎週、全国の特産品などが当たる番組内の「ほたるまちクイズ」も必見です。


※ABCラジオ「柴田博のほたるまち旅行社」(朝日放送大阪AM局、1008kHz)は、近畿広域圏を中心に聴取できます。

お台場  テレコムセンタービル西棟5Fカフェテリア 「アイハウス」×井上晴雄 絵画作品」

「テレコムセンタービル西棟5Fカフェテリア 「アイハウス」×井上晴雄 絵画作品」

お台場テレコムセンタービル西棟5Fにあるカフェテリアアイハウスでは、画家 井上晴雄の絵画 (約30点)を御覧いただきながら、お食事(各種定食メニュー、麺類ほか)やお飲み物を楽しんでいただけます。くつろぎと癒しの時間をお楽しみください。

Img_5042

         ▲テレコムセンター5階「アイハウス」(食堂コーナー)

Img_6164_4         ▲「テレコムセンター5階「アイハウス」(麺コーナー)

テレコムセンタービル西棟5Fカフェテリア 「アイハウス」DATA

(場所) お台場「テレコムセンタービル」西館5階 カフェテリア 「アイハウス」

(交通)新橋駅から 新交通「ゆりかもめ」豊洲行で約18分、テレコムセンター駅下車すぐ(テレコムセンタービル西館5F)

(休み) 土曜休・日曜、祝日休

(営業時間)
ランチタイム :AM11:30~PM1:30 
夜 :      PM5:30~PM9:00 
(住所) 東京都江東区青海2-5-10 (電話)03-5500-4415

(メニュー)
ランチタイム>>日替わりランチメニュー:ランチ700円~800円、麺、そばほか
夜 >>和食・洋食・中華、 各種おつまみ、生ビール、焼酎(リザーブ可)、ワイン、ウィスキーほか
(席数)250

(地図) ※「テレコムセンタービル」は、フランスの凱旋門のような形をしたビルです

大きな地図で見る

Continue reading "お台場  テレコムセンタービル西棟5Fカフェテリア 「アイハウス」×井上晴雄 絵画作品」"

 

スポンサーリンク

海、夕陽、山ほか、日本はさまざまな美しい自然景観にあふれています

目次

 

以下、作品の目次です。

| ▼作品(絵画)の目次 | [北海道] | [東北] | [甲信越] | [関東] | [東海]Ⅱ  _ | [東海]   | [北陸] |[近畿]Ⅰ | [近畿]Ⅱ_ | [近畿]Ⅲ_ | [近畿]Ⅳ_ | [近畿]Ⅴ_ | [山陽] | [山陽]Ⅱ_ | [山陰] | [四国] |[瀬戸内海] | [瀬戸内海]Ⅱ_ | [九州] | 「その他2」_ | 「その他」 | 「その他」 | 「夕陽Ⅳ_ | 「夕陽」Ⅰ |「夕陽」Ⅱ_ | 「夕陽」Ⅲ | 「夜景」Ⅰ   | 「夜景」Ⅱ   | 「夜景」Ⅲ   | 「夜景」Ⅳ   | 「大地」 | 「山] |「山]Ⅱ_ | 「山]Ⅲ_ | 「川」 | 「川」Ⅱ_ | 「建築物」 | 「建築物」Ⅱ_ | 「建築物」Ⅲ_ | 「朝陽」Ⅰ | 「朝陽」Ⅱ_ | 「朝陽」Ⅲ_ | 「樹木」 | 「樹木」Ⅱ_ | 「海」 | 「海」②_ | 「海」③_ | 「湖沼」 | 「漁村」 | 「空」   |「空」Ⅱ_ | 「花」 | 「花」Ⅱ_ | 「花火」 | 「花火」Ⅱ_ | 「農村」 | 「農村」②_ | 「農村」③_ | 「鉄道」 | 「離島」 | 「鳥昆虫」 | (その他2) | (その他2)Ⅱ_ | 「初冬」 | 「初夏」 | 「初夏」Ⅱ_ | 「初夏」Ⅲ_ | 「初春」   |「初春」Ⅱ   | 「初秋」   | 「初秋」Ⅱ   | 井上晴雄 略歴 | 季節なし | 季節なしⅡ_ | 晩冬   | 晩冬Ⅱ  | 晩夏 | 晩春 | 晩秋   | 黒豆ラングドシャ | ◇TOPページ | ◇個展情報 | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅行作家」 表紙連載 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ |お客様の感想 | テレコムセンター | 全国の観光情報 | 美作三湯

井上晴雄の作品がお菓子パッケージになりました

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

通販はこちら>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)【のし・包装不可】

(販売元)但馬寿 遊月亭

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

通販はこちら>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)【のし・包装不可】

(販売元)但馬寿 遊月亭

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

| ▼作品(絵画)の目次 | ①[北海道] | ②[東北] | ③[甲信越] | ④[関東] | ④[関東]Ⅱ | ④[関東]Ⅲ | ⑤[東海]Ⅱ  | ⑤[東海]   | ⑥[北陸] | ⑦[近畿]Ⅰ | ⑦[近畿]Ⅱ | ⑦[近畿]Ⅲ | ⑦[近畿]Ⅳ | ⑦[近畿]Ⅴ | ⑧[山陽] | ⑧[山陽]Ⅱ | ⑨[山陰] | ⑩[四国] | ⑪[瀬戸内海] | ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ | ⑫[九州] | ⑬「その他2」 | ⑬「その他」 | ⑭テレコムセンター | ⑭テレコムセンターⅡ | ⑭テレコムセンターⅢ | ⑮温泉 | ⑮温泉Ⅱ | ⑯美作 | ■JR武豊線 | ■radio | ■「その他」 | ■「夕陽Ⅳ | ■「夕陽」Ⅰ | ■「夕陽」Ⅱ | ■「夕陽」Ⅲ | ■「夜景」Ⅰ  | ■「夜景」Ⅱ   | ■「夜景」Ⅲ   | ■「夜景」Ⅳ   | ■「大地」 | ■「山] | ■「山]Ⅱ | ■「川」 | ■「川」Ⅱ | ■「建築物」 | ■「建築物」Ⅱ | ■「建築物」Ⅲ | ■「朝陽」Ⅰ | ■「朝陽」Ⅱ | ■「朝陽」Ⅲ_ | ■「樹木」 | ■「樹木」Ⅱ | ■「海」 | ■「海」② | ■「海」③ | ■「湖沼」 | ■「漁村」 | ■「空」Ⅱ | ■「空」  | ■「花」 | ■「花」Ⅱ | ■「花火」 | ■「花火」Ⅱ_ | ■「農村」 | ■「農村」② | ■「農村」③ | ■「鉄道」 | ■「離島」 | ■「鳥昆虫」 | ■山Ⅲ | ■(その他2) | ■(その他2)Ⅱ | ◇TOPページ | ◇「初冬」 | ◇「初夏」 | ◇「初夏」Ⅱ_ | ◇「初夏」Ⅲ_ | ◇「初春」Ⅱ   | ◇「初春」  | ◇「初秋」Ⅱ  | ◇「初秋」  | ◇井上晴雄 略歴 | ◇個展情報 | ◇季節なし | ◇季節なしⅡ | ◇晩冬 | ◇晩冬Ⅱ | ◇晩夏 | ◇晩春 | ◇晩秋 | ◇黒豆ラングドシャ | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅の眼」 連載記事 | 「旅行作家」 表紙連載 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ | お客様の感想 | 目次/観光情報