絵画「東京ミュージック花火」 絵と文 井上晴雄

1mbmusic

その日、お台場に華やかな夜が訪れた。

ここは「テレコムセンター21階展望台」内にある夜景バー・レストラン「プレシャス東京ベイ」(PRECIOUS TOKYO BAY)窓外には星屑を散りばめたような臨海副都心の夜景がまたたき、東京タワーやレインボーブリッジがライトアップするロマンチックなムード。

当日は、「東京ミュージック花火」が開催された日だった。レインボーブリッジの付近の海面で光が点滅したかと思ったときだった。お台場海浜公園の海上に次々と花火が勢いよく打ち上がりはじめた。それまで静寂に包まれていたお台場の夜空は、まるで絵画のキャンバスのようにあっという間にカラフルな色彩の花々で埋め尽くされた。

2012年の秋、お台場で新しい花火大会が幕を開けた。その名は「東京ミュージック花火」。お台場を舞台に約7000発の花火が夜空を彩る。「東京ミュージック花火」は音楽と花火をシンクロさせ最新のコンピューターシステムを導入した花火大会。30分の1秒単位で

花火を打ち上げる技術を用いていることから、ダイナミックでありながら、踊るような軽快なテンポで上がるのが特徴だ。また、打ち上がる花火は、それぞれ色彩豊かで形状も繊細かつユニーク。

夜景と花火大会がコラボレートした華やかなる夜のひとときは人々を感動の渦に巻き込みながら、あっという間に
過ぎていった。
                      「東京ミュージック花火」絵画と文 井上晴雄

 絵画「お台場の夜景(国際展示場ほか有明方面)」 絵と文:井上晴雄


 お台場の夜景(国際展示場ほか有明方面) 絵 井上晴雄

 お台場の夜景(国際展示場ほか有明方面) 絵 井上晴雄

絵画「お台場をゆく「ゆりかもめ」(テレコムセンター~船の科学館) 」東京都江東区  絵と文 井上晴雄

お台場をゆく「ゆりかもめ」 (テレコムセンター駅~船の科学館駅)                                           絵と文 井上晴雄 新交通システム「ゆりかもめ」に乗ると、その車窓にはレインボーブリッジ、東京タワー、ゲートブリッジ、東京スカイツリーといった東京を代表するランドマークが次々と展開する。

お台場を駆け抜ける 新交通ゆりかもめの車両(テレコムセンター~船の科学館) 絵 井上晴雄

ゆりかもめは1995年に開業した新交通システム。正式名称は、「ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線」である。新交通システム「ゆりかもめ」の車両は基本的にコンピューター制御による自動運転がなされ、その運行状況は中央制御室で管理されている。 新交通システム「ゆりかもめ」の車両は、高架に設置されたコンクリート製の走行路をゴムタイヤで力強く走っていく。船の科学館駅からテレコムセンター駅間は、東京湾や大江戸温泉物語などを車窓に映しだしながら、湾岸をカーブを描いて走る。 このゆりかもめの車両(7000系)は1995年の開業にあわせて登場した初期車両。2014年より新型車両の7300系の営業運転がスタートし、その運行の主力は順次置き換えられていく予定である。  「お台場をゆく新交通システムゆりかもめ」 絵と文 井上晴雄のゆりかもめの車両

絵画「お台場を駆け抜ける「新交通ゆりかもめ」の車両(台場~船の科学館)」 東京都江東区 絵と文:井上晴雄

お台場を駆け抜ける 新交通ゆりかもめの車両(台場~船の科学館) 絵 井上晴雄

 お台場を駆け抜ける 新交通ゆりかもめの車両(台場~船の科学館) 東京都江東区

絵と文 井上晴雄

絵画「パレットタウン大観覧車と東京スカイツリーの夕景」東京都江東区 絵と文:井上晴雄            ~テレコムセンター展望台からの風景~

Imb

 

「パレットタウン大観覧車と東京スカイツリーの夕景」 東京都江東区

           ~テレコムセンター展望台からの風景~

 

静かなお台場の夕暮れどき、テレコムセンター展望台の広い窓から北の方角を眺めると、湾岸に立つ

パレットタウンの大観覧車(※1)がまばゆい光を放ちながら、回転しはじめました。ピンク色から黄緑色、

青色から七色へと色彩が変化していきます。

 

空が紫色を帯びてくると、眼下のまちには明かりがポツポツと灯っていきました。いつしか銀河のように

彩られた明かりの渦のなかを、新交通ゆりかもめの車両がゆっくりと駆け抜けていきます。重なり合う有明

のビル群の上には、ライトアップした東京スカイツリー(※2)が淡い光を放ちながら、優雅に浮かび上がり、

鏡のような東京湾の海面に静かにうつりだしていました。                 

        

(※1)パレットタウン大観覧車

世界最大級(高さ約115m、直径約100m)の観覧車。64台のゴンドラが設置されていて約16分かけて一周します。日没後

13000個のネオンが、120種類のライトアップと16パターンのイルミネーションを演出。

 

(※2)東京スカイツリ―

2012年に開業した世界一の高さ(634m)を誇る電波塔。夜は、江戸の心意気をあらわす青色ベースの「粋」と、美意識を示す

紫色を基調とする「雅」の2つのオペレーションが1日ごと交互に点灯。                   絵と文 井上晴雄

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

通販はこちら>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)【のし・包装不可】

(販売元)但馬寿 遊月亭

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

| ▼作品(絵画)の目次 | ①[北海道] | ②[東北] | ③[甲信越] | ④[関東] | ④[関東]Ⅱ | ④[関東]Ⅲ | ⑤[東海]Ⅱ  | ⑤[東海]   | ⑥[北陸] | ⑦[近畿]Ⅰ | ⑦[近畿]Ⅱ | ⑦[近畿]Ⅲ | ⑦[近畿]Ⅳ | ⑦[近畿]Ⅴ | ⑧[山陽] | ⑧[山陽]Ⅱ | ⑨[山陰] | ⑩[四国] | ⑪[瀬戸内海] | ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ | ⑫[九州] | ⑬「その他2」 | ⑬「その他」 | ⑭テレコムセンター | ⑭テレコムセンターⅡ | ⑭テレコムセンターⅢ | ⑮温泉 | ⑮温泉Ⅱ | ⑯美作 | ■JR武豊線 | ■radio | ■「その他」 | ■「夕陽Ⅳ | ■「夕陽」Ⅰ | ■「夕陽」Ⅱ | ■「夕陽」Ⅲ | ■「夜景」Ⅰ  | ■「夜景」Ⅱ   | ■「夜景」Ⅲ   | ■「夜景」Ⅳ   | ■「大地」 | ■「山] | ■「山]Ⅱ | ■「川」 | ■「川」Ⅱ | ■「建築物」 | ■「建築物」Ⅱ | ■「建築物」Ⅲ | ■「朝陽」Ⅰ | ■「朝陽」Ⅱ | ■「朝陽」Ⅲ_ | ■「樹木」 | ■「樹木」Ⅱ | ■「海」 | ■「海」② | ■「海」③ | ■「湖沼」 | ■「漁村」 | ■「空」Ⅱ | ■「空」  | ■「花」 | ■「花」Ⅱ | ■「花火」 | ■「花火」Ⅱ_ | ■「農村」 | ■「農村」② | ■「農村」③ | ■「鉄道」 | ■「離島」 | ■「鳥昆虫」 | ■山Ⅲ | ■(その他2) | ■(その他2)Ⅱ | ◇TOPページ | ◇「初冬」 | ◇「初夏」 | ◇「初夏」Ⅱ_ | ◇「初夏」Ⅲ_ | ◇「初春」Ⅱ   | ◇「初春」  | ◇「初秋」Ⅱ  | ◇「初秋」  | ◇井上晴雄 略歴 | ◇個展情報 | ◇季節なし | ◇季節なしⅡ | ◇晩冬 | ◇晩冬Ⅱ | ◇晩夏 | ◇晩春 | ◇晩秋 | ◇黒豆ラングドシャ | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅の眼」 連載記事 | 「旅行作家」 表紙連載 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ | お客様の感想 | 目次/観光情報