「御船ヶ丘梅林の風景」(佐賀県武雄市)

「御船ヶ丘梅林の風景」(佐賀県武雄市)
先日、佐賀県の西部に位置する武雄市に足を運ぶ機会があった。武雄市は随所に歴史風情が漂うまちだ。
 
JR武雄温泉駅を降りたった日のこと、駅付近を散策していると目の前に不思議な形の山がそびえているのが見えた。地元の人が、それは御船山という山であると教えてくれた。西暦200年頃、神功皇后が新羅からの帰りに船をつないでいた場所。それが現在の御船山の名の由来であるのだそうだ。
 
御船山の方角に15分ほど歩くと、その麓に武雄神社という神社が立っていた。鳥居や石垣は苔むしていて、いかにも古びた神社である。境内の一角には武雄神社の御神木であるという大きな楠の木が立っていた。幹周は20mにも及びその樹齢は何と3000年。社伝によると武雄神社は武内宿禰など日本書紀に登場する人物を祀っているとのこと。その歴史の長さに驚かされた。
70-2
不思議な気持ちに包まれながら、看板に沿って坂をのぼっていくと、視界いっぱいに、梅の花が咲き誇る風景が広がった。御船山の東山麓に広がる御船ヶ丘梅林である。紅色に白色にと3000本もの梅の木々が連なっている。これらの梅の木は1942年に植樹されたのだそうだ。
 
春のうららかな陽光の下、辺りには梅の花の甘い香りが立ち込めている。その春の到来を感じさせてくれるやさしくもエネルギーに満ちた空間を自分なりに絵画で表現してみた。
 
 
自然は何も語ることもなくただ泰然としているように見えるが、毎年忘れずに若葉が芽吹き、美しい花を咲かせて私たちを楽しませてくれる。その当たり前に映るできごとになぜか深い感動を覚えた。自然の長い視座でものごとを観たとき、今の時代は果たしてどう映るのだろうか。
 
(「御船ヶ丘梅林の風景」(佐賀県武雄市)/2019年3月制作/F10号/絵と文 井上晴雄)

綾部山梅林とお地蔵さんの風景

「綾部山梅林とお地蔵さんの風景」                     絵と文 井上晴雄

Photo

うららかな春の訪れになった。兵庫県たつの市にある綾部山梅林である。 綾部山梅林は西日本随一の梅の名所として知られる観光スポットで、24haにも及ぶ広大な敷地内に、山裾を中心に2万本もの梅が植えられている。 路線バスを降りてゲートをくぐると、なだらかな傾斜地に満開の梅の花々が出迎えてくれた。 土産屋が立ち並ぶ一角を抜け坂道をのぼっていくと、木々の隙間からは、海や瀬戸内の島々も見えてくる。茶屋へ至る遊歩道の一角には、一体のちいさなお地蔵さんが立っていた。パンジーやスイセンの花が手前に植わり、その先には梅の花々が一面に広がっている。 お地蔵さんの表情が穏やかで、まるで春の訪れを楽しんでいるように見えた。

絵画「佛隆寺の千年桜」

「佛隆寺の千年桜」  絵と文 井上晴雄   

70_img_6959_22

佛隆寺は奈良県宇陀市榛原にある古刹。嘉祥3年(850)に弘法大師の高弟堅恵が創建したとされる寺で、門前につづく石段の途中には、桜は古木が立っている。その樹齢は900年と奈良県最古の一本桜だと言われている。 近鉄榛原駅から曽爾高原方面へ向かう路線バスに揺られ、高井バス停で下車した。杉木立が両側につづく山坂道を40分ほど上がっていくと、段々畑の向こうに、大きな桜の木が立っているのが目に飛び込んできた。 樹高16m、周囲7.5mという圧倒的な存在感。風が吹くたびに花びらが大地に散り舞い降りていく。その伝わってくる生命力を自分なりに絵に表現した。

「ふるさとに咲く桜」 

    「ふるさとに咲く桜」                     絵と文 井上晴雄 

日本列島に桜前線が北上中である。どこか花見に出かけてみようと思い、先日、生まれ故郷に久しぶりに訪れた。 すると、小さいころよく歩いた桜並木に桜が花開き始めていた。可憐な花々を見上げながら人々がにこやかに過ごしている。そんな風景を見て心が温かくなった。

70_3

桜といえば、小さい頃は、亡き母が毎日散歩に連れて行ってくれて、桜並木をくぐりながらいろいろな草花の名前を教えてくれたことを思い出す。

桜の木々は何も語らないが、そこには生命の躍動が溢れているのを感じとっていた。

じっと寒い冬を過ごし、毎年変わらず美しい花を咲かせている。子供心ながら、そんな桜のような大人になりたいなと思っていた。

そういった過ぎ去りし昔の出来事をなつかしく思い出しながら、枝に咲いている桜の花々を絵に描いた。

歳月が流れると、街並みも人も変わっていく。そこには寂しさもあるが、ふるさとの桜は当時と何変わらぬ姿でやさしく迎えてくれた。

    (ふるさとに咲く桜」絵 井上晴雄)

ただ無心に(絵画/花のある風景) 絵と文:井上晴雄

絵画「桜のある風景」根尾の山あいで
大地に根を広げる
桜の大木と出遭った

山を春色に彩ろうと
 ただ無心に咲き誇るさまを見て
  頭が下がる思いがした

どんなに辛いことや悲しいことがあっても
力強く生きていこうと思った

(2007年8月制作/F12号水彩画)

 「ただ無心に」絵画の説明

 岐阜県西部、福井県との県境に近い山中に、根尾という小さなまちがある。
根尾川が北から南へ流れ、周囲には、能郷白山はじめ険しい山々が連なっている。厳しい冬を通り越すと、うららかな春の陽気が漂い、桜の名所となる。そのなかに、薄墨桜という彼岸桜の巨木が一本立っている。蕾のときはピンク、満開時には白色になり、散るときには、淡い墨色になる珍しい桜。樹高は16.3m 周囲9.9mを誇る。

 樹齢1500年という途方もない長いときのなかで、薄墨桜は、何度も枯れかけたそうだ。それでも今年も春が訪れると、無数の花々を咲かせているのだった。幹は朽ちはじめ、たくさんの添え木で支えられている。それでも何も語らず、大地に根を張り、ただ無心になって、花を咲かせていた。

 その姿を見たとき、頭が下がる思いがした。私たち人間も、辛いことや悲しいことがあっても、無心になって懸命に生き通さなければならないと思った。

→地図(岐阜県 根尾)

(F10号/2007年8月制作/絵画/花のある風景)


Continue reading "ただ無心に(絵画/花のある風景) 絵と文:井上晴雄"

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

(販売元)但馬寿 遊月亭

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

▼作品(絵画)の目次 ①[北海道] ②[東北] ③[甲信越] ④[関東] ④[関東]Ⅱ ④[関東]Ⅲ ⑤[東海]Ⅱ  ⑤[東海]   ⑥[北陸] ⑦[近畿]Ⅰ ⑦[近畿]Ⅱ ⑦[近畿]Ⅲ ⑦[近畿]Ⅳ ⑦[近畿]Ⅴ ⑧[山陽] ⑧[山陽]Ⅱ ⑨[山陰] ⑩[四国] ⑪[瀬戸内海] ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ ⑫[九州] ⑬「その他2」 ⑬「その他」 ⑭テレコムセンター ⑭テレコムセンターⅡ ⑭テレコムセンターⅢ ⑮温泉 ⑮温泉Ⅱ ⑯美作 ■JR武豊線 ■radio ■「その他」 ■「夕陽Ⅳ ■「夕陽」Ⅰ ■「夕陽」Ⅱ ■「夕陽」Ⅲ ■「夜景」Ⅰ  ■「夜景」Ⅱ   ■「夜景」Ⅲ   ■「夜景」Ⅳ   ■「大地」 ■「山] ■「山]Ⅱ ■「川」 ■「川」Ⅱ ■「建築物」 ■「建築物」Ⅱ ■「建築物」Ⅲ ■「朝陽」Ⅰ ■「朝陽」Ⅱ ■「朝陽」Ⅲ_ ■「樹木」 ■「樹木」Ⅱ ■「海」 ■「海」② ■「海」③ ■「湖沼」 ■「漁村」 ■「空」Ⅱ ■「空」  ■「花」 ■「花」Ⅱ ■「花火」 ■「花火」Ⅱ_ ■「農村」 ■「農村」② ■「農村」③ ■「鉄道」 ■「離島」 ■「鳥昆虫」 ■山Ⅲ ■(その他2) ■(その他2)Ⅱ ◇TOPページ ◇「初冬」 ◇「初夏」 ◇「初夏」Ⅱ_ ◇「初夏」Ⅲ_ ◇「初春」Ⅱ   ◇「初春」  ◇「初秋」Ⅱ  ◇「初秋」  ◇井上晴雄 略歴 ◇個展情報 ◇季節なし ◇季節なしⅡ ◇晩冬 ◇晩冬Ⅱ ◇晩夏 ◇晩春 ◇晩秋 ◇黒豆ラングドシャ 「スポーツ報知」 連載コラム 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ 「北海道新聞」にて 「旅の眼」 連載記事 「旅行作家」 表紙連載 「BC札幌」 連載記事 「BC札幌」 連載記事Ⅱ お客様の感想 目次/観光情報