絵画「パレットタウンの大観覧車と東京スカイツリーの夜景(「旅の眼」掲載)」 東京都江東区 絵と文:井上晴雄

Imb

 

 

 

「パレットタウン大観覧車と東京スカイツリーの夜景」

                                   絵と文 井上晴雄

 

日本屈指の観光スポットとして知られる東京都お台場。近代的な建築物や商業施設が並び、修学旅行のコースとしても定着している。

 

お台場の起源は江戸時代に遡る。1853年、ペリー艦隊が日本に来航し幕府に開国を迫った。危機感を募らせた幕府は、品川沖に11基の台場を建造し対抗する計画を立てる。結局建造した砲台は一度もつかわれることはなかったが、一帯の埋め立て工事が以降進められ臨海副都心が形成されていくことになった。1941年東京港が開港、1976年に首都高速湾岸線東京港トンネルが開通し、1993年にはレインボーブリッジが芝浦と台場間を結んだ。近未来的な街並みが姿をあらわすとともに、お台場は美しい夜景を望めるデートスポットとしても人気を博すようになった。

 

空が澄んだある日の黄昏時、お台場の南端に立つテレコムセンタービル21階の「テレコムセンター展望台」に訪れた。「テレコムセンター展望台」は日本夜景遺産に登録されている、お台場随一の夜景名所である。広く切り取られた窓から北の方角を眺めると、湾岸に立つパレットタウンの大観覧車がまばゆい光を放ちながら回りはじめていた。ピンク色から青色にその色彩が変わったかと思うと、次は勢いよく回転して七色へと変化していく。それとともに、眼下のまちにはまるで星屑が降り積もっていくように無数の明かりが灯っていった。

 

いつしか銀河のようになった光の渦のなかを、新橋と豊洲間を結ぶ「新交通ゆりかもめ」の車両がゆっくりと駆け抜けていく。重なり合う有明のビル群の先には、ライトアップされた東京スカイツリーが淡く浮かびあがり、鏡のような東京湾の海面に映りだしていた。キラキラと一途にまたたく東京の明かり。そこには、さまざまな人の夢や願いが重なり合っているのかもしれない。夜が深まるとともに、ますます華やかさを増していくお台場の夜景はどこまでも美しく、心にしっとりした安らぎと未来への希望を感じさせてくれた。

(絵画「パレットタウンの大観覧車と東京スカイツリーの夜景)」 絵と文:井上晴雄/『旅の眼119号』掲載

 絵画「お台場の夜景(国際展示場ほか有明方面)」 絵と文:井上晴雄


 お台場の夜景(国際展示場ほか有明方面) 絵 井上晴雄

 お台場の夜景(国際展示場ほか有明方面) 絵 井上晴雄

絵画「お台場を駆け抜ける「新交通ゆりかもめ」の車両(台場~船の科学館)」 東京都江東区 絵と文:井上晴雄

お台場を駆け抜ける 新交通ゆりかもめの車両(台場~船の科学館) 絵 井上晴雄

 お台場を駆け抜ける 新交通ゆりかもめの車両(台場~船の科学館) 東京都江東区

絵と文 井上晴雄

絵画「お台場をゆく「ゆりかもめ」とテレコムセンター」(テレコムセンター駅~青海駅) 絵と文 井上晴雄

お台場をゆく「ゆりかもめ」とテレコムセンター

 テレコムセンター駅~青海駅

                        絵と文 井上晴雄

「ゆりかもめ」は、新橋駅(東京都港区)と豊洲駅(東京都江東区)間の約15kmを結ぶ新交通システムである。お台場への架け橋であるレインボーブリッジを渡り、臨海副都心のビル群やパレットタウン大観覧車、東京湾などの風景を車窓に映しながら、高架に設置されたコンクリートの走行路をゆっくり走っていく。

お台場を駆け抜ける、新交通ゆりかもめの車両(テレコムセンター~青海)
                                         絵 井上晴雄

新交通システム「ゆりかもめ」のテレコムセンター駅から青海駅間は、商業施設や研究機関などが集まる落ち着いた雰囲気のエリア。その一角に立つガラス張りのテレコムセンタービルは、フランスの凱旋門のような形状が特徴的で、お台場ならではの近未来的な風景をつくりだしている。

 

新交通システム「ゆりかもめ」は1995年の開業。以来、お台場の発展に貢献し、お台場に訪れる観光客やビジネスマンたちの足としてこよなく愛されてきた。来たる2020年にはオリンピック選手村がお台場の晴海地区に設置される予定であることから、オリンピック会場に訪れるお客の輸送にもその役割が期待されている。

「お台場をゆく「ゆりかもめ」とテレコムセンタービル」 絵と文 井上晴雄                                       

絵画「テレコムセンター展望台から東京スカイツリーを遠望」東京都江東区 絵と文:井上晴雄

   
「お台場・テレコムセンター展望台から東京スカイツリーを遠望する」(東京都江東区)

                                           絵と文 井上晴雄
お台場・テレコムセンター展望台から東京スカイツリーを遠望 /絵 井上晴雄

 お台場・テレコムセンター展望台(東京都江東区)から北北東の方角には、有明の高層ビル群が林立している。その先に、東京の空に溶け込むように、顔を出しているのが、東京の新しい顔「東京スカイツリー」である。

 東京スカイツリーは、墨田区押上・業平橋地区にある世界一の高さを誇る自立式電波塔(634m)。「空に向かって伸びる木」がイメージされ、外観は、日本の伝統色である藍白をベースにしたスカイツリーホワイトで仕立てられている。

東京スカイツリーは、五重棟に見られる制振システムを採用するなど、日本の伝統的な建築方法と最先端の技術が融合した造形となっている。地上デジタル放送の充実や携帯端末向けデジタル放送サービスワンセグのエリア拡大など、新しいデジタル放送時代の核としての役割が大いに期待されている。また、東京の新たな産業、観光などの拠点としての注目度も高い。

夜間になると東京スカイツリーは、1995体のLEDによる照明により、ライトアップされる。ライトアップのパターンは主に2パターン。タワー中央部を淡いブルーに照らす「粋」、外周を紫色にライトアップする「雅」だ。東京スカイツリーは、2012年5月22日に開業予定。東武伊勢崎線「業平橋」駅や都営地下鉄浅草線「押上」駅などからのアクセスが便利である。

 

絵画「大原の里」(京都府 京都市) 絵と文 井上晴雄

絵画「大原の里」京都

        「大原の里」(京都府京都市)

                           絵画と文 井上晴雄

京都の市街地から北東に20kmほど行くと、比叡山の北西麓にあるまち大原に辿り着く。大原 は、心和む山里である。参道がつづく緩やかな段丘の先には、のどかな田畑が広がり、山すそには木造の民家が寄り添う。耳をすませば、澄んだ渓流の水音や小鳥のさえずりも聞こえてくる。若葉のなかにひっそりと佇むのは、建礼門院徳子が隠棲したとされる寂光院や、極楽の寺として知られる三千院など古刹の数々だ。侘び寂びのムードに心落ち着く。 →地図(京都府 大原)

.

(絵と文 井上晴雄/F10号/ 京都府  大原温泉 風景画/c報知新聞社) 

絵画「古都の朝日(興福寺)」 奈良県奈良市 絵と文 井上晴雄

 

絵画「奈良の朝陽(興福寺)」

「古都の朝陽(興福寺)」

奈良県奈良市

                      絵画と文 井上晴雄.
  奈良県の興福寺境内
にて。早朝、私はただひとり、夜があけるのを待っていた。昼間は観光客で賑
わっている界隈も、ただしんと静まりかえっていた。気温は低く、かじかんだ手を吐息で温めながら
 ただ朝陽が昇るときを待った。漆黒の闇夜は、いつしか群青色に変化し、月の輪郭がぼんやりと霞
んでくる。

 興福寺は、和銅3年(710年)平城遷都に合わせて、
藤原不比等が 飛鳥の厩坂寺を現在の地に移転し「興福寺」と名付けた寺。以降、現在に至るまで、千三百年の年月が流れることになる。

  数時間が経過したとき、空に無数の鳥たちが舞い踊りはじめた。そのときだった。山の端から 光が差し込んできた。まばゆいばかりの陽の光は、凍った空気や大地を一
気に染めあげ、興福寺の三重塔のシルエットをくっきりと浮かびあがらせた。


 待っていて良かった。震えるような感動がそこにはあった。

 蒼く静まりかえっていた古都に昇った朝陽。悠久の歴史が刻まれた奈良の地には、人の心を落ち着かせ、純粋な感動を、呼び起こす力があるような気がしてならない。千年を超える途方もない年月の痕跡と対峙したとき、日々のせわしなさや 細かいしがらみは、不思議と些事に思えてしまう。古都には、現代社会の尺度では計れない大きなものが秘められているのだろうか。

 歴史の一端に触れ、感動を探しながら、生きていきたいと思う。 2009年3月制作/奈良,遷都1300年,興福寺/奈良県 奈良市/井上晴雄/国内旅行/風景)

→地図(奈良県 奈良市)

Continue reading "絵画「古都の朝日(興福寺)」 奈良県奈良市 絵と文 井上晴雄"

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

通販はこちら>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)【のし・包装不可】

(販売元)但馬寿 遊月亭

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

| ▼作品(絵画)の目次 | ①[北海道] | ②[東北] | ③[甲信越] | ④[関東] | ④[関東]Ⅱ | ④[関東]Ⅲ | ⑤[東海]Ⅱ  | ⑤[東海]   | ⑥[北陸] | ⑦[近畿]Ⅰ | ⑦[近畿]Ⅱ | ⑦[近畿]Ⅲ | ⑦[近畿]Ⅳ | ⑦[近畿]Ⅴ | ⑧[山陽] | ⑧[山陽]Ⅱ | ⑨[山陰] | ⑩[四国] | ⑪[瀬戸内海] | ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ | ⑫[九州] | ⑬「その他2」 | ⑬「その他」 | ⑭テレコムセンター | ⑭テレコムセンターⅡ | ⑭テレコムセンターⅢ | ⑮温泉 | ⑮温泉Ⅱ | ⑯美作 | ■JR武豊線 | ■radio | ■「その他」 | ■「夕陽Ⅳ | ■「夕陽」Ⅰ | ■「夕陽」Ⅱ | ■「夕陽」Ⅲ | ■「夜景」Ⅰ  | ■「夜景」Ⅱ   | ■「夜景」Ⅲ   | ■「夜景」Ⅳ   | ■「大地」 | ■「山] | ■「山]Ⅱ | ■「川」 | ■「川」Ⅱ | ■「建築物」 | ■「建築物」Ⅱ | ■「建築物」Ⅲ | ■「朝陽」Ⅰ | ■「朝陽」Ⅱ | ■「朝陽」Ⅲ_ | ■「樹木」 | ■「樹木」Ⅱ | ■「海」 | ■「海」② | ■「海」③ | ■「湖沼」 | ■「漁村」 | ■「空」Ⅱ | ■「空」  | ■「花」 | ■「花」Ⅱ | ■「花火」 | ■「花火」Ⅱ_ | ■「農村」 | ■「農村」② | ■「農村」③ | ■「鉄道」 | ■「離島」 | ■「鳥昆虫」 | ■山Ⅲ | ■(その他2) | ■(その他2)Ⅱ | ◇TOPページ | ◇「初冬」 | ◇「初夏」 | ◇「初夏」Ⅱ_ | ◇「初夏」Ⅲ_ | ◇「初春」Ⅱ   | ◇「初春」  | ◇「初秋」Ⅱ  | ◇「初秋」  | ◇井上晴雄 略歴 | ◇個展情報 | ◇季節なし | ◇季節なしⅡ | ◇晩冬 | ◇晩冬Ⅱ | ◇晩夏 | ◇晩春 | ◇晩秋 | ◇黒豆ラングドシャ | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅の眼」 連載記事 | 「旅行作家」 表紙連載 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ | お客様の感想 | 目次/観光情報