「御船ヶ丘梅林の風景」(佐賀県武雄市)

「御船ヶ丘梅林の風景」(佐賀県武雄市)
先日、佐賀県の西部に位置する武雄市に足を運ぶ機会があった。武雄市は随所に歴史風情が漂うまちだ。
 
JR武雄温泉駅を降りたった日のこと、駅付近を散策していると目の前に不思議な形の山がそびえているのが見えた。地元の人が、それは御船山という山であると教えてくれた。西暦200年頃、神功皇后が新羅からの帰りに船をつないでいた場所。それが現在の御船山の名の由来であるのだそうだ。
 
御船山の方角に15分ほど歩くと、その麓に武雄神社という神社が立っていた。鳥居や石垣は苔むしていて、いかにも古びた神社である。境内の一角には武雄神社の御神木であるという大きな楠の木が立っていた。幹周は20mにも及びその樹齢は何と3000年。社伝によると武雄神社は武内宿禰など日本書紀に登場する人物を祀っているとのこと。その歴史の長さに驚かされた。
70-2
不思議な気持ちに包まれながら、看板に沿って坂をのぼっていくと、視界いっぱいに、梅の花が咲き誇る風景が広がった。御船山の東山麓に広がる御船ヶ丘梅林である。紅色に白色にと3000本もの梅の木々が連なっている。これらの梅の木は1942年に植樹されたのだそうだ。
 
春のうららかな陽光の下、辺りには梅の花の甘い香りが立ち込めている。その春の到来を感じさせてくれるやさしくもエネルギーに満ちた空間を自分なりに絵画で表現してみた。
 
 
自然は何も語ることもなくただ泰然としているように見えるが、毎年忘れずに若葉が芽吹き、美しい花を咲かせて私たちを楽しませてくれる。その当たり前に映るできごとになぜか深い感動を覚えた。自然の長い視座でものごとを観たとき、今の時代は果たしてどう映るのだろうか。
 
(「御船ヶ丘梅林の風景」(佐賀県武雄市)/2019年3月制作/F10号/絵と文 井上晴雄)

初夏の農村風景(高島市畑地区の風景) 絵と文 井上晴雄

初夏の農村風景(高島市畑地区の風景) 
                                    絵と文 井上晴雄

 

初夏の緑が映える季節になった。先日、琵琶湖西北部、比良山系の山すそに高島市畑地区というエリアに足を運んだ。

 

JR湖西線の近江高島駅から路線バスに揺られること30分余、終点の畑バス停で下車すると、鳥のさえずりだけが谷あいにこだましていた。木陰にたたずむ古い看板をたよりに急な坂道をのぼっていくと、山斜面に重なるように、明るい棚田が現れた。

 

70_1

 

 

畑地区一帯には標高300m~400mにかけて350枚もの田園が、すり鉢状に連なっているのだという。

水路には透きとおった水が流れ、風が吹くたびにどこからともなく花の甘い香りが漂ってきた。
視界はさまざまな緑色。若草色、薄緑、深緑、鮮緑、鶯色、萌黄色、浅緑・・それらが折り重なりあいながら繊細な空間をつくりだし、そのなかに古風な民家が点在していた。草木はまるで今この瞬間を生きることを喜ぶように葉をいっぱいに広げている。

 

 

 

都会の喧騒から離れた、ゆったり過ぎゆく農村のひととき。そんな、すべてをやさしく包み込んでくれるような穏やかな季節がいつまでもつづけばいいのにと思った。

 

 

 

 

 

               (「初夏の農村風景~高島市畑地区の風景 」絵と文 井上晴雄)

絵画「湯郷温泉の風景~」(岡山県美作市) 絵と文 井上晴雄

絵画「大山展望台にて/湯郷温泉」

 

 

 

        「湯郷温泉風景」(大山展望台にて岡山県美作市     
                         絵画 井上晴雄
 

 

岡山の湯郷温泉は静かな山あいにひっそり湯けむりを立てている温泉地である。その起源は古く平安時代、円仁法師が西国巡礼の折に、白鷺が足の傷を温泉で癒しているのを発見したことに由来する。

 

 

 

それから1200余年の年月が流れ、現在は界隈に12軒の温泉宿が点在し、旬の素材をつかった会席料理や「美肌づくりの湯」と称されるしっとりした温泉で人気を集めている。

 

 

 

温泉街の北部は「健康リゾート」として注目されているエリア。サッカー、ラグビー、ゴルフ、テニスなど、1年を通してさまざまなスポーツを楽しめる設備も整っている。

 

湯郷温泉は豊かな自然に囲まれており、桜、紅葉、雪景色など巡る四季の変遷に応じて旅人に訪れるたびの感動を与えてくれる。

 

(「湯郷温泉の風景」 絵と文 井上晴雄) ※当絵画は平成26年、湯郷温泉観光案内所 に寄贈しました

 

 

 

 

 

絵画「曽爾高原の夕陽」  絵と文:井上晴雄

曽爾高原は、奈良県と三重県の県境に位置する国定公園。秋が深まった日、
そよかな風に吹かれて、無数のススキの穂が波打ち、陽の光が、それらを
銀色に浮かびあがらせていた。

絵画「曽爾高原の風景」

秋の夕暮れ、そこには一抹の物悲しさのなかに、美しさが秘められているような気がする。
それは、限られたときのなかで生きる、人間の姿にも似ているかもしれない。

年が巡るごとに、万物は変化していく。終着点を迎えるまで、
前を向いて、精一杯生きていきたいと思う

→地図(奈良県 曽爾高原)

(2008年12月制作/作品 F8号/絵と文 井上晴雄/曽爾高原 奈良)

絵画「線路のある風景」  絵と文:井上晴雄

 「線路のある光景」                             絵と文 井上晴雄. 私は、ローカル線の旅が好きである。なかでも、急がずのんびりとした旅に惹かれる。鉄橋を渡り、トンネルを抜け、海が開け・・そんな万華鏡のように移り変わる窓外の風景に、魅了されてやまないのだ。そこには、延々とつづく「線路の光景」がついてまわる。レールの先を眺めているうちに、「この先にはどんな風景が待っているのだろう?」「山の向こうにはどんなまちが広がっているのだろう?」などと、さまざまなな想像が駆け巡る。ローカル線の多くは、山や川に沿って曲がっているため、線路の遥か先を見ることができない。しかし、前に進んでいけば、新しい風景が開けてくる。ローカル線の旅は、どこか私たちの人生と似ているような気がしてならない。

絵画「線路のある風景」

             現代の社会では、指定された目的地に、いかに速く最短ルートで到達できるかを求められがちだ。それは悪いことではない。しかし、ときには立ち止まってみたり、途中下車したり、或いは、他人と違った目的地を掲げてもいいのではないかと思うことがある。いかに模範的に生きるかどうかよりも、大切なのは、「今この瞬間」の出来事をいかに楽しみ、レールの先に何を見るかではないかと思うからだ。 線路には夢をつくりだす力がある。まだ見ぬ未来の光景。それが、一本のレールの先に輝いていて見えたとき、人は心の奥底から幸せを感じるのかもしれない。二度と繰り返されない、人生という旅。一瞬一瞬の光景に、胸ときめかせて生きていきたいと思う。 (風景/線路のある風景/作品:絵と文 井上晴雄/2009年6月制作)

絵画「奈良の夜景(若草山)」      絵と文 井上晴雄

若草山の山頂から奈良の市街地を眺望した夜景は、新日本三大夜景に指定されている。その光景を見たいと思い、私は、春日大社の一角からひとり、山頂へ向かう山道に入った。 

絵画「奈良の夜景(若草山)」

山道はひっそりと静まりかえった太古の世界。杉やシイなどが頭上に茂る春日原生林がつづく。山の陰になっている渓流の脇には、朽ちた大木が、ごろごろ転がり、草の弦やコケなどが覆っていた。 若草山山頂を示す標識を暗がりのなかに見つけたのは、既に陽が山の端に沈んだ後のことだった。  最後の階段を上ると、蒼く暮れなずむ古都の空の下に、まるで星屑のような街の明かりが広がった。 あまりの美しさに、山道を登ってきた苦労など忘れてしまった。なだらかな山の斜面には、草を食む鹿たちの姿。夜景を時折眺めながら草を反芻する鹿たちを見ているうちに、なんだか羨ましくなった。この鹿たちのようになりたいとふと思い、草地の上にごろりと寝そべった。若草山の斜面には、芝生だけではなく、春の草が葉を広げていた。知らないうちに、春がやってきていたのだ。 →地図(奈良県 若草山)

(作品 奈良の夜景(若草山)/2009年5月制作/絵画と文 井上晴雄/奈良県 奈良市)

絵画「黒豆畑の絵」 絵と文:井上晴雄

絵画「黒豆畑の絵」 「黒豆畑の絵」(絵画と文:井上晴雄)

(2008年 8月制作)

→地図(兵庫県 宍粟)

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

(販売元)但馬寿 遊月亭

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

▼作品(絵画)の目次 ①[北海道] ②[東北] ③[甲信越] ④[関東] ④[関東]Ⅱ ④[関東]Ⅲ ⑤[東海]Ⅱ  ⑤[東海]   ⑥[北陸] ⑦[近畿]Ⅰ ⑦[近畿]Ⅱ ⑦[近畿]Ⅲ ⑦[近畿]Ⅳ ⑦[近畿]Ⅴ ⑧[山陽] ⑧[山陽]Ⅱ ⑨[山陰] ⑩[四国] ⑪[瀬戸内海] ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ ⑫[九州] ⑬「その他2」 ⑬「その他」 ⑭テレコムセンター ⑭テレコムセンターⅡ ⑭テレコムセンターⅢ ⑮温泉 ⑮温泉Ⅱ ⑯美作 ■JR武豊線 ■radio ■「その他」 ■「夕陽Ⅳ ■「夕陽」Ⅰ ■「夕陽」Ⅱ ■「夕陽」Ⅲ ■「夜景」Ⅰ  ■「夜景」Ⅱ   ■「夜景」Ⅲ   ■「夜景」Ⅳ   ■「大地」 ■「山] ■「山]Ⅱ ■「川」 ■「川」Ⅱ ■「建築物」 ■「建築物」Ⅱ ■「建築物」Ⅲ ■「朝陽」Ⅰ ■「朝陽」Ⅱ ■「朝陽」Ⅲ_ ■「樹木」 ■「樹木」Ⅱ ■「海」 ■「海」② ■「海」③ ■「湖沼」 ■「漁村」 ■「空」Ⅱ ■「空」  ■「花」 ■「花」Ⅱ ■「花火」 ■「花火」Ⅱ_ ■「農村」 ■「農村」② ■「農村」③ ■「鉄道」 ■「離島」 ■「鳥昆虫」 ■山Ⅲ ■(その他2) ■(その他2)Ⅱ ◇TOPページ ◇「初冬」 ◇「初夏」 ◇「初夏」Ⅱ_ ◇「初夏」Ⅲ_ ◇「初春」Ⅱ   ◇「初春」  ◇「初秋」Ⅱ  ◇「初秋」  ◇井上晴雄 略歴 ◇個展情報 ◇季節なし ◇季節なしⅡ ◇晩冬 ◇晩冬Ⅱ ◇晩夏 ◇晩春 ◇晩秋 ◇黒豆ラングドシャ 「スポーツ報知」 連載コラム 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ 「北海道新聞」にて 「旅の眼」 連載記事 「旅行作家」 表紙連載 「BC札幌」 連載記事 「BC札幌」 連載記事Ⅱ お客様の感想 目次/観光情報