絵画「収穫時の大豆畑」~北海道千歳市にて~

70

(絵画「収穫時の大豆畑」 北海道千歳市にて)

絵画 「田園風景を行くJR武豊線の列車」 絵と文 井上晴雄

1mb

 「田園風景を行くJR武豊線の列車」

~明治時代に開通した知多半島を走るローカル線~

 

                   絵と文 井上晴雄

 

愛知県の南西部に位置し三河湾と伊勢湾に挟まれてのびる知多半島。その東部に全長19.3kmのローカル線が走っている。愛知県大府市の大府駅と知多郡武豊町の武豊駅間を約30分で結ぶJR武豊線だ。

 

武豊線の歴史は古く、その敷設は明治時代にまでさかのぼる。新橋駅と横浜駅間に日本初の鉄道が開業したのは明治5年(1872年)のことだ。その後、東京と大阪を結ぶ幹線鉄道の建設が構想されることになるが、それには大量の建築資材が要った。そこで、海外からの建築資材を知多湾に面する武豊港から積み上げる計画がもちあがった。そのとき武豊港に陸揚げされた建築資材を輸送する目的でつくられたのが武豊線だった。

 

明治19年(1886年)に武豊線は開通。英国製のSLが、武豊港で陸揚げされた建築資材を運搬し、東海道本線の敷設に大いに貢献した。東海道本線は明治22年(1889年)に無事に開通し、武豊線は当初の役割を終えることになる。しかしその後も地元の要望などから武豊線は存続されることとなり、以降は酒、味噌といった食品や機械製品などを運搬して地元の発展にも大きく寄与した。現在では沿線のベッドタウン化が進み、その役割は物流から通勤・通学客を運ぶことに移行している。一方で、明治19年(1886年)築の亀崎駅や明治42年(1909年)築の半田駅の跨線橋をはじめ、沿線には武豊線の長き歴史を物語る建造物が多く現存し、昔ながらの豊かな自然も残されている。

 

ある日の昼下がり、武豊線の古びた駅で途中下車した。集落をのびる細い道を歩いていくと、アキアカネが飛び交う青空の下に、のどかな田園風景が広がった。黄金色に染まる稲穂が秋風に吹かれて静かに揺れ、淡く浮かびあがっている。明るい田んぼの向こうには、名古屋方面に向かう二両編成の列車がゆっくりと横切っていく。時代の流れとともにその役割を少しづつ変えながら、武豊線の列車は今日ものんびり知多半島を走っている。

お台場・テレコムセンター展望台から眺望する 富士山と品川夜景/東京都江東区  絵と文 井上晴雄

            「お台場・テレコムセンター展望台の夕景」
           ~西の方角に、富士山と品川夜景を眺める~東京都江東区

                                            絵と文 井上晴雄

 空気が澄んだ日の夕暮れ、お台場・「テレコムセンター展望台」(東京都 江東区)の西の方角には、富士山と品川の夜景が浮かびあがった。目の前は、薄紫色に染まる東京湾が細長く横たわっている。海面には海風が吹き、港へ向かう一艘の観光船が巡航していた。対岸には、品川や天王州アイル界隈の高層ビル群の明かりがきらめき、その明かりが海面にぼんやり映し出されている。高層ビル群の明かりの先には、富士山(※1)の稜線が、淡く浮かびあがっていた(※2)。

お台場「テレコムセンター展望台」から眺望する富士山の夕景/絵と文 井上晴雄

 空と海の色彩が深みを帯びるにつれ、まち明かりは明るさを増し、富士山は次第に闇のなかに溶け込んでいく。静かで心地よいお台場の夕暮れのひとときが、ゆっくりと過ぎていく、

地図(お台場 テレコムセンター)

お台場周辺の人気宿

(※1)富士山 富士山は、静岡県と山梨県を跨いでそびえる独立峰。標高は、3,776.24 m(剣ヶ峰)を誇る。国内外からその美しい山容はこよなく親しまれ、和歌の歌枕に詠まれたほか、芸術や文学などのモチーフとしても多く扱われてきた。昭和27年(1952年)には国の特別名勝にも指定。山麓には登山道が整備されていて、毎年7月1日の山開きから8月26日には多くの登山客が山頂を目指す。

(※2) テレコムセンター展望台の一角からは、天気が良い日の朝~夕方、西の方角に、富士山の山容を遠望できることがある。お台場から富士山の剣ヶ峰までの直線距離は、100km強である。

Continue reading "お台場・テレコムセンター展望台から眺望する 富士山と品川夜景/東京都江東区  絵と文 井上晴雄"

小湊鉄道「上総中野駅」 鉛筆画

「私にとってのローカル線の旅~小湊鉄道に乗って~」
                   絵と文 井上晴雄

ローカル線に揺られ旅に出ると、何気ない風景に心の安らぎを覚えることがある。私はそんなひとときが好きだ。ローカル線のなかでもう一度乗りたいと思う路線のひとつに、千葉県の房総半島を走る小湊鉄道がある。
夏が終わり、房総の山々は秋支度をはじめていた。小湊鉄道は、千葉県の五井と上総中野間39.1kmを結ぶローカル線である。五井駅のホームにおりると、昭和30年代に製造されたというディーゼルカーが軽やかなエンジン音を立てていた。汽笛が鳴り、古びた列車は、ゴトゴトとレールを軋ませ市原の市街地を南下しはじめる。列車は全て各駅停車。海士有木駅、馬立駅・・小さな木造の無人駅が遠ざかっていく。市街地を過ぎると、車窓にはのどかな田園風景が広がりはじめる。陽光に染まる田には稲穂が黄金色になびき、畔道には、大きな籠を背負ったおばあさんたちが、和やかに昔話をしている。そんな古きよき時代によくあったであろう風景に心躍った。
80

現代の日本は科学技術が発達し、高速化された時代になった。人々は効率よく生きることを求め、便利さや快適さを手にした。しかし、どこか無機質で生きにくい時代になったのではないか。一方、地方のローカル線はスピードが遅くなかなか列車も来ない。一見すると効率が悪く不便なものだ。しかし、その沿線を訪ねると、心に明かりがともる瞬間がある。心を澄ませ、目の前に展開する四季折々の自然の姿や人のやさしさにふれたとき、生きる感謝や喜びが湧いてくる。そのなかに真の「豊かさ」が秘められているような気がしてならないのだ。
小湊鉄道の列車は一時間ほど走り、養老渓谷の深い緑のなかに入る。長いトンネルを抜け終点の上総中野駅に着くと、やわらかい木漏れ日が駅舎を包み、さびれた線路の手前には、カンナの花々が、赤や黄色に咲き乱れ、旅人を出迎えてくれた。

 

絵画「東尋坊の夕陽」(福井県坂井市) 絵と文 井上晴雄 


「東尋坊の夕陽」(福井県坂井市)

                                       絵画と文 井上晴雄

Img_0010_3_4_70_2

 北陸随一の景勝、東尋坊へは、三国観光ホテル(東尋坊温泉)から車で10分ほど。台風が過ぎ去った秋晴れの日、東尋坊に向かうバスを降りると、岬は夕陽色に染まっていた。眼下には、巨大な奇岩群が海中から突き出して連なり、その先には、日本海の大海原が、沈みゆく太陽を映しながらキラキラ輝いている。光る波がゆっ
たりと岸壁に打ち寄せ、何もかもが幸せに包まれるひととき。淡く霞む沖には、東尋坊を巡る遊覧船が船尾を引いて、ゆっくりと横切っていく。

  東尋坊は、福井県坂井市の北西端にある海食崖である。高さ25mにも及ぶ輝安山岩の岩柱が約1kmにわたりつづく。その厳しい自然環境からも、東尋坊には、悲哀に満ちた伝説が数多く語り継がれてきた。しかし時代は流れ、現代では「恋人の聖地」として広く知られるようになった。東尋坊に降り注ぐやさしい陽の光に包まれて、恋人たちは、今日も永遠の愛を誓い合う。

      

  日が水平線に吸い込まれると、残照が海面を仄かに照らし、東尋坊はうす藍色のなかに次第に溶け込んでいく。沖には、ポツリポツリと漁火が灯りはじめた。

   「東尋坊の夕陽」 (福井県坂井市)/日本の風景/絵と文 井上晴雄/2011年10月制作

絵画「日本海の夕暮れ」(山口県 下関市 豊北町の光景) 絵と文 井上晴雄

   「日本海の夕暮れ」(山口県 下関市) 絵画と文 井上晴雄    

JR山陰本線の列車を乗り継ぎ、山口県下関市豊北町の海岸に辿りついた。山々にこだまする潮騒の先には、夕暮れどきの海と空が広がっていた。浜辺に打ち寄せるさざ波は、茜色に染まる空を映しだし、まるでダイヤモンドのようにキラキラ輝いている。陽が西に傾くにつれ、沖は次第に、うす絹のような霧のなかに霞みゆく。切なくも美しいその光景を前に、帰りの列車の時刻など忘れてしまい、いつまでも沖を眺めていた。

絵画「日本海の夕暮れ」   

→地図(山口県 土井ヶ浜)

(作品 2009年3月制作/ 絵と文 井上晴雄/山口県下関市 豊北町/風景画/国内旅行/旅の風景/下関)

絵画「「しまなみの夕景」(絵画/海のある風景)」 愛媛県今治市 絵と文:井上晴雄

絵画「しまなみの夕景」/瀬戸内海の風景 
  「今治の夕暮れ」 2007年9月制作
(愛媛県今治市) 絵と文:井上晴雄

 「社会に出て、よう泣いちょったが、ふるさとの海を眺めるたびに、また頑張ろうと思うてな」。 道すがら、旅人からそんな話を耳にしてから、数年後、彼女の出身地である愛媛県今治市に足を運ぶ機会が訪れた。
 広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ、しまなみ海道。それを渡り、今治市沿岸部に広がる織田ヶ浜に降り立つと、沖には、先ほど通ってきた芸予諸島の島影が、うっすらと浮かび上がっていた。
 気がつくと、太陽は西に傾き、空は、錦色に染まっていた。風は凪ぎ、透きとおった波がキラキラと輝きながら、静かに押し寄せてくる。いつしか私の心は、あたたかい緋色に染まっていた。
 人の心には、思い出という宝石の数々がある。ただ、大人になり、毎日を忙しく過ごすうちに、いつしか、それらを思い出すことをやめてしまう。そればかりか、目先の損得や地位名誉に目が眩み、次第に心は枯渇していく。心が疲れたとき、少しばかり足を止めてみたい。そして、少年少女だったあの頃の想い出に浸ってみたい。
 海はあたたかく、どこまでもやさしかった。いつのことだったか、遠く過ぎ去った日に見た、あの日の夕陽とどこか似ていて、懐かしさのあまり、涙した。

→地図(愛媛県 しまなみ海道)

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

通販はこちら>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)【のし・包装不可】

(販売元)但馬寿 遊月亭

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

| ▼作品(絵画)の目次 | ①[北海道] | ②[東北] | ③[甲信越] | ④[関東] | ④[関東]Ⅱ | ④[関東]Ⅲ | ⑤[東海]Ⅱ  | ⑤[東海]   | ⑥[北陸] | ⑦[近畿]Ⅰ | ⑦[近畿]Ⅱ | ⑦[近畿]Ⅲ | ⑦[近畿]Ⅳ | ⑦[近畿]Ⅴ | ⑧[山陽] | ⑧[山陽]Ⅱ | ⑨[山陰] | ⑩[四国] | ⑪[瀬戸内海] | ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ | ⑫[九州] | ⑬「その他2」 | ⑬「その他」 | ⑭テレコムセンター | ⑭テレコムセンターⅡ | ⑭テレコムセンターⅢ | ⑮温泉 | ⑮温泉Ⅱ | ⑯美作 | ■JR武豊線 | ■radio | ■「その他」 | ■「夕陽Ⅳ | ■「夕陽」Ⅰ | ■「夕陽」Ⅱ | ■「夕陽」Ⅲ | ■「夜景」Ⅰ  | ■「夜景」Ⅱ   | ■「夜景」Ⅲ   | ■「夜景」Ⅳ   | ■「大地」 | ■「山] | ■「山]Ⅱ | ■「川」 | ■「川」Ⅱ | ■「建築物」 | ■「建築物」Ⅱ | ■「建築物」Ⅲ | ■「朝陽」Ⅰ | ■「朝陽」Ⅱ | ■「朝陽」Ⅲ_ | ■「樹木」 | ■「樹木」Ⅱ | ■「海」 | ■「海」② | ■「海」③ | ■「湖沼」 | ■「漁村」 | ■「空」Ⅱ | ■「空」  | ■「花」 | ■「花」Ⅱ | ■「花火」 | ■「花火」Ⅱ_ | ■「農村」 | ■「農村」② | ■「農村」③ | ■「鉄道」 | ■「離島」 | ■「鳥昆虫」 | ■山Ⅲ | ■(その他2) | ■(その他2)Ⅱ | ◇TOPページ | ◇「初冬」 | ◇「初夏」 | ◇「初夏」Ⅱ_ | ◇「初夏」Ⅲ_ | ◇「初春」Ⅱ   | ◇「初春」  | ◇「初秋」Ⅱ  | ◇「初秋」  | ◇井上晴雄 略歴 | ◇個展情報 | ◇季節なし | ◇季節なしⅡ | ◇晩冬 | ◇晩冬Ⅱ | ◇晩夏 | ◇晩春 | ◇晩秋 | ◇黒豆ラングドシャ | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅の眼」 連載記事 | 「旅行作家」 表紙連載 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ | お客様の感想 | 目次/観光情報