「御船ヶ丘梅林の風景」(佐賀県武雄市)

「御船ヶ丘梅林の風景」(佐賀県武雄市)
先日、佐賀県の西部に位置する武雄市に足を運ぶ機会があった。武雄市は随所に歴史風情が漂うまちだ。
 
JR武雄温泉駅を降りたった日のこと、駅付近を散策していると目の前に不思議な形の山がそびえているのが見えた。地元の人が、それは御船山という山であると教えてくれた。西暦200年頃、神功皇后が新羅からの帰りに船をつないでいた場所。それが現在の御船山の名の由来であるのだそうだ。
 
御船山の方角に15分ほど歩くと、その麓に武雄神社という神社が立っていた。鳥居や石垣は苔むしていて、いかにも古びた神社である。境内の一角には武雄神社の御神木であるという大きな楠の木が立っていた。幹周は20mにも及びその樹齢は何と3000年。社伝によると武雄神社は武内宿禰など日本書紀に登場する人物を祀っているとのこと。その歴史の長さに驚かされた。
70-2
不思議な気持ちに包まれながら、看板に沿って坂をのぼっていくと、視界いっぱいに、梅の花が咲き誇る風景が広がった。御船山の東山麓に広がる御船ヶ丘梅林である。紅色に白色にと3000本もの梅の木々が連なっている。これらの梅の木は1942年に植樹されたのだそうだ。
 
春のうららかな陽光の下、辺りには梅の花の甘い香りが立ち込めている。その春の到来を感じさせてくれるやさしくもエネルギーに満ちた空間を自分なりに絵画で表現してみた。
 
 
自然は何も語ることもなくただ泰然としているように見えるが、毎年忘れずに若葉が芽吹き、美しい花を咲かせて私たちを楽しませてくれる。その当たり前に映るできごとになぜか深い感動を覚えた。自然の長い視座でものごとを観たとき、今の時代は果たしてどう映るのだろうか。
 
(「御船ヶ丘梅林の風景」(佐賀県武雄市)/2019年3月制作/F10号/絵と文 井上晴雄)

「津山 鶴山公園の桜」 絵画と文 井上晴雄

         

             「津山 鶴山公園の桜」 

                                絵と文 井上晴雄
3月も半ばになりました。寒波もやや遠のき、日本列島でもちらほら桜が咲きはじめました。桜といえば春を象徴する花。その華やかさと可憐さはいつの時代にも私達に幸福感や心の平安を与えてくれます。



桜を美しく鑑賞できる観光名所のひとつとして、先日、岡山県津山市にある鶴山公園の桜の絵画(添付画像)を描きました。鶴山公園は、「日本さくら名所100選」のひとつにも選ばれている西日本随一の桜の名所です。

Photo


岡山駅からJR津山線のディーゼルカーに揺られ1時間半ほど。
終点の津山駅を降り立つと、城下町の風情が随所に残る古い町並みが広がります。
吉井川を渡り10分ほどまちなかを北へ歩くと、鶴山公園(津山城)の石垣が見えてきます。
津山城は慶長8年(1603年)に入封した初代津山藩主・森忠政公が城の築城に着手。約13年の歳月をかけて完成した平山城です。
完成当時の津山城は、天守閣や城門ほか80棟以上を擁する壮大な規模の城郭だったと伝えられています。
ところが、明治6年(1973年)に廃城令によって津山城は取り壊しに。まるで迷路のように連なる石垣と礎石が残されることになりました。2005年には城内最大規模を誇った備中櫓が再現されて往時の趣が加わり現在に至ります。
毎年、桜の時期(4月上旬~中旬)になると、雄大にそびえ立つ石垣を背景に、ソメイヨシノの花々がまるで雲海のごとく咲き誇ります。そして、その先にそびえる津山城跡の備中櫓がその歴史の深さを伝えてくれます。
(※鶴山公園の2016年の桜の見ごろは4月上旬から4月中旬です)
<津山城跡 DATA>
(交通)
JR津山駅より徒歩約10分
中国道津山ICから国道53号経由,
約15分。
(営業時間)
・8:40~17:00(10月~3月)
・7:30~22:00(さくらまつり期間中)
・8:40~19:00(4月~9月)、
(休み)無休
(料金)大人300円/中学生以下無料
(駐車場)あり
(ライトアップ)18:00~22:00(2016年4月上旬~中旬)
※詳細は現地の観光協会等にご確認下さい
■井上晴雄 絵画作品URL http://haruo-inoue.tea-nifty.com

Continue reading "「津山 鶴山公園の桜」 絵画と文 井上晴雄"

絵画「農村の風景」 (日本の風景)    絵と文 井上晴雄

絵画「農村の風景」農村風景」(日本風景

            

絵画 井上晴雄

兵庫県と鳥取県との県境に近い、ちいさな農村に訪れた。雪に閉ざされていた野山は、いつしか春の光景に様変わりしていた。畦道には、菜の花やレンゲソウが可憐に咲き乱れ、小川からは、軽やかな瀬音が聞こえてくる。

 小径を歩いていくと、明るい段々畑が広がった。そこには、おばあさんたちが、農作業に勤しむ姿があった。まるで春の到来を全身で喜ぶようかのように、懸命に田畑を耕し種を蒔いている姿が印象に残った。ここから米などの農作物が育っていくのだ。

 季節は、毎年、正確に巡ってくる。春になると若葉が芽吹き、夏になると、入道雲が湧きあがる。一見すると、ごく当たり前のことかもしれない。ただ、ふと立ち止まってみると、その平凡なことが至極、奇跡的でありがたいことに思えてならない。

(「春先の農村風景」/播磨/自然/農村の風景/画像/絵画と文:井上晴雄./国内旅行/日本の風景/風景絵画)

絵画「温泉津温泉の夕暮れ」 島根県大田市  絵と文:井上晴雄 

絵画「温泉津温泉の風景」

     「温泉津温泉の夕暮れ(島根県)」 (島根県 大田市)  絵と文:井上晴雄

 穏やかな入り江の奥につづく道を進んでいくと、古びた温泉街が現れた。道の両脇には、石州瓦の和風旅館や、なまこ壁の土蔵が軒を連ねている。 温泉津温泉 は島根県 西部に湧き、1300年前より湯治場として親しまれてきた温泉地である。江戸時代は、 大森(石見)銀山 で働く人々の心身を癒し、銀山が閉山したあとは、その当時の歴史を封じ込めるように古い町並みと温泉が残された。 

温泉街の中心には共同浴場の元湯がある。ガラガラと扉を開けると、3層に分かれた湯槽には、土色の湯(含土類食塩泉)が、溢れだしていた。湯槽の縁には、湯の花が堆積していて、その歴史の深みを感じさせる。保温効果の高い湯で、体の芯まで温まった。 湯あがり、裏山にのぼり、温泉津の温泉街を見下ろすと、まちは夕陽色に染まりはじめていた。黄昏の山々には湯けむりがはい、潮風の香りが心地いい。

   (作品:F10号/「温泉津温泉の光景( 島根県 )」/絵と文 井上晴雄/C 報知新聞社)

→地図(島根県 温泉津)

絵画 「春の川」    絵と文:井上晴雄

絵画「春の川」/風景

 

                                             「春の川」 

                                                                         絵画と文:井上晴雄。
「春の川」   数年ぶりに、このまちに訪ねた。かつて雪に覆われていた山々は、すっかり春の景色に様変わりしていた。澄みきった空からは、野鳥が遊ぶ声が聞こえてくる。  里山の小径を辿っていくと、風のそよぎのなかに、太陽のようにまぶしく咲き誇る、菜の花の畑があらわれた。中央には、清らかな川が、水飛沫をあげながら流れている。心地よい瀬音とともに、降り注ぐ春陽光に包まれる。うっとりとしているうちに、はっと我に返った。  いつしか、都会で休まずに日々を送っているうちに、私はこの春の到来にさえ気がついていなかったのだ。知らないうちに、冬は過ぎ去っていた。  自然が教えてくれた、この美しい春の光景を綴っておこう。そう思い、筆をとった。
   

(井上晴雄 絵画 作品集/2008年 4月制作/兵庫県/国内旅行/F10号/絵画と文/旅/旅行)        
    

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

(販売元)但馬寿 遊月亭

絵画「春の海」 絵と文:井上晴雄

絵画「春の海」/風景 うぐいすのさえずりに包まれた 南予の岬

 
 沖に向かうフェリーの船影が

 甘い春の香りのなかに

消えていく

(絵と文:井上晴雄./水彩画/F4号/作品 2007年2月制作)

Continue reading "絵画「春の海」 絵と文:井上晴雄"

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

▼作品(絵画)の目次 ①[北海道] ②[東北] ③[甲信越] ④[関東] ④[関東]Ⅱ ④[関東]Ⅲ ⑤[東海]Ⅱ  ⑤[東海]   ⑥[北陸] ⑦[近畿]Ⅰ ⑦[近畿]Ⅱ ⑦[近畿]Ⅲ ⑦[近畿]Ⅳ ⑦[近畿]Ⅴ ⑧[山陽] ⑧[山陽]Ⅱ ⑨[山陰] ⑩[四国] ⑪[瀬戸内海] ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ ⑫[九州] ⑬「その他2」 ⑬「その他」 ⑭テレコムセンター ⑭テレコムセンターⅡ ⑭テレコムセンターⅢ ⑮温泉 ⑮温泉Ⅱ ⑯美作 ■JR武豊線 ■radio ■「その他」 ■「夕陽Ⅳ ■「夕陽」Ⅰ ■「夕陽」Ⅱ ■「夕陽」Ⅲ ■「夜景」Ⅰ  ■「夜景」Ⅱ   ■「夜景」Ⅲ   ■「夜景」Ⅳ   ■「大地」 ■「山] ■「山]Ⅱ ■「川」 ■「川」Ⅱ ■「建築物」 ■「建築物」Ⅱ ■「建築物」Ⅲ ■「朝陽」Ⅰ ■「朝陽」Ⅱ ■「朝陽」Ⅲ_ ■「樹木」 ■「樹木」Ⅱ ■「海」 ■「海」② ■「海」③ ■「湖沼」 ■「漁村」 ■「空」Ⅱ ■「空」  ■「花」 ■「花」Ⅱ ■「花火」 ■「花火」Ⅱ_ ■「農村」 ■「農村」② ■「農村」③ ■「鉄道」 ■「離島」 ■「鳥昆虫」 ■山Ⅲ ■(その他2) ■(その他2)Ⅱ ◇TOPページ ◇「初冬」 ◇「初夏」 ◇「初夏」Ⅱ_ ◇「初夏」Ⅲ_ ◇「初春」Ⅱ   ◇「初春」  ◇「初秋」Ⅱ  ◇「初秋」  ◇井上晴雄 略歴 ◇個展情報 ◇季節なし ◇季節なしⅡ ◇晩冬 ◇晩冬Ⅱ ◇晩夏 ◇晩春 ◇晩秋 ◇黒豆ラングドシャ 「スポーツ報知」 連載コラム 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ 「北海道新聞」にて 「旅の眼」 連載記事 「旅行作家」 表紙連載 「BC札幌」 連載記事 「BC札幌」 連載記事Ⅱ お客様の感想 目次/観光情報