絵画「白川郷(荻町集落)の風景」 岐阜県大野郡白川村荻町 絵と文:井上晴雄

絵画「白川郷の風景」

            「白川郷の風景」 天空からやわらかな春の陽光が降り注ぎ、谷あいには野鳥の声がこだましていた。若葉が芽吹きはじめた城山にのぼると、眼下には合掌づくりの民家が連なる風景が広がっていた。江戸時代から大正時代に立てられた古い民家群と素朴な田畑。まるでタイムスリップしたかのような、その昔ながらの風景を前に息を呑んだ。 

ここは岐阜県の北部にある白川郷・荻町集落。2000m級の山々が周囲にそびえる山岳地帯に開けた地域で、自然景観や独特の民俗文化が守られていることから、1995年にユネスコの世界文化遺産に登録された。白川郷に現存する民家の多くは、切妻屋根と呼ばれる茅で葺かれた急勾配の屋根を構えている。それは、冬場は豪雪地帯となるため、雪の重みから生活を守るための知恵なのだという。

 

幾度となく繰り返されてきた四季。白川郷に広がる光景は、暮らす人々が築きあげてきた日本の原風景だといえる。厳しい自然環境のなかでもひたむきに、そして共に助け合いながら積み重ねてきた光る結晶なのだ。ときには困難を乗り越え、その景観や文化を大切に守ってきたことで、歴史が紡がれてきたのだ。                                                                                                                                  絵画「白川郷(荻町集落)の風景」岐阜県大野郡白川村荻町    (絵と文 井上晴雄.)   

絵画「大原の里」(京都府 京都市) 絵と文 井上晴雄

絵画「大原の里」京都

        「大原の里」(京都府京都市)

                           絵画と文 井上晴雄

京都の市街地から北東に20kmほど行くと、比叡山の北西麓にあるまち大原に辿り着く。大原 は、心和む山里である。参道がつづく緩やかな段丘の先には、のどかな田畑が広がり、山すそには木造の民家が寄り添う。耳をすませば、澄んだ渓流の水音や小鳥のさえずりも聞こえてくる。若葉のなかにひっそりと佇むのは、建礼門院徳子が隠棲したとされる寂光院や、極楽の寺として知られる三千院など古刹の数々だ。侘び寂びのムードに心落ち着く。 →地図(京都府 大原)

.

(絵と文 井上晴雄/F10号/ 京都府  大原温泉 風景画/c報知新聞社) 

絵画「田植えの風景」 絵と文 井上晴雄

                    「田植えの風景」

                                     絵と文 井上晴雄

山から湧く清水は澄みきり、軽やかな瀬音を立てて水路に流れ込む。連なる山々は新緑の若葉色に染まり、梢には鳥がさえずっている。陽がやわらかい光で大地を照らす春は、万物が光り輝き、生命が躍動する季節だ。

絵画「田植えの風景」

桜の花びらが舞う頃、農村には田植えの時期がやってくる。水を張った田んぼに、農夫たちは丹精込めて稲の苗を植える。植えるときは細くどこか頼りない苗。しかし、梅雨を経て山々が青々と映える頃になると、苗は大地にしっかりと根を張り力強く葉を広げる。秋風が吹く季節が到来すると、稲穂は頭を垂れ黄金色に染まる。

 日照りの日も、風の日も、ただ一途に大地に根を張り精一杯葉を伸ばす稲の苗。そのちいさな積み重ねがふくよかな稲穂となり米となる。なんとも神秘的で奇跡的なことだ。ひと粒の米には、自然の恵みとそれを育てる人々の人生が詰まっているのだ。        

 「田植えの風景」絵画と文 井上晴雄

Continue reading "絵画「田植えの風景」 絵と文 井上晴雄"

絵画 「雪のプラットホーム」         絵と文 井上晴雄

 雪の舞い散る日、山間のまちへ向かう列車に乗り込んだ。三両編成のディーゼルカーは、ガタンゴトンと軽やかに線路を軋ませながら、なだらかな盆地をひた走っていく。窓外には、うっすらと雪化粧をした田畑と、残雪の山並み。勾配が上がるにつれて、次第に雪が深くなってくる。トンネルを抜けると、エメラルドグリーンの色を呈した湖が広がった。山裾には民家がしがみつき、湖面に静かに映りだしていた。
絵画「雪のプラットホーム/風景」

ちいさな谷間の駅で列車を降りた。朝から吹雪いたそうで、随分冷え込んでいる。 ふと、プラットホームに目を遣ると、雪のなかに、ひとりの老婆がポツンと立っているのが目に飛び込んできた。都会に向かう家族を見送っているのだろうか。いつまでもいつまでも、レールの先を眺める彼女の姿が印象に残った。

 粉雪はいつしかボタン雪に変わり、レールの先に遠ざっていく列車の影は、みるみるうちに、白銀の世界と同化されていった。

(2009年1月制作/雪のプラットホーム/F8号/風景/絵画と文 井上晴雄./風景絵画)

絵画「春先の農村風景Ⅱ」 絵と文:井上晴雄

絵画「春の農村/風景」

絵画「春先の農村風景Ⅱ」 絵と文:井上晴雄

「山里の朝」   (絵画/風景)

絵画「山里の風景(白川郷)」「山里の朝」

絵画と文:井上晴雄。


深く静まり返った山里の朝 

水面に映りだした合掌民家は

 
春の息吹を添えて 

ただ凛として 佇んでいた 

 

(絵画と文/井上晴雄 作品集./水彩画/色紙サイズ/2007年3月制作/風景)

□東海地方の旅行ガイドはコチラから

絵画「黒豆畑が広がる風景」 絵と文:井上晴雄

絵画「黒豆畑が広がる風景」Photo_4
「黒豆畑と青空」(2007年11月制作/絵画/農村の風景)
     絵画と文:井上晴雄   

ちいさな集落の一本道を抜けていくと
黒豆畑が
  薄緑色に 染まっていた

広い空には 雲が流れ
幸せなときが ゆっくりと過ぎていった

「黒豆畑と青空」<兵庫県宍粟市一宮町の風景>絵画の説明

 氷ノ山、三室山、後山といった険しい山々に囲まれた宍粟市。一宮町界隈に入ると、揖保川のせせらぎを覆うように、黒豆畑が一面に広がっていた。
  青空には 雲が流れ、どこまでも透きとおっていた。美しい清水、明るい陽光、植物の生命力、大地の香り、素朴な人々・・薄緑色に染まった黒豆の葉は、風に静かに揺れ、キラキラと光り輝いていた。どこまでもゆったりとした幸せなときが、空の彼方に霞んでいく・・・

※黒豆は、ダイズの一種で、黒大豆とも呼ばれている。8月ごろに薄桃色の花が咲き、10月ごろ実をつける。実が黒く色づいた11月中旬~12月上旬頃、収穫される。

→地図<(兵庫県 宍粟市)/a>

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

通販はこちら>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)【のし・包装不可】

(販売元)但馬寿 遊月亭

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

| ▼作品(絵画)の目次 | ①[北海道] | ②[東北] | ③[甲信越] | ④[関東] | ④[関東]Ⅱ | ④[関東]Ⅲ | ⑤[東海]Ⅱ  | ⑤[東海]   | ⑥[北陸] | ⑦[近畿]Ⅰ | ⑦[近畿]Ⅱ | ⑦[近畿]Ⅲ | ⑦[近畿]Ⅳ | ⑦[近畿]Ⅴ | ⑧[山陽] | ⑧[山陽]Ⅱ | ⑨[山陰] | ⑩[四国] | ⑪[瀬戸内海] | ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ | ⑫[九州] | ⑬「その他2」 | ⑬「その他」 | ⑭テレコムセンター | ⑭テレコムセンターⅡ | ⑭テレコムセンターⅢ | ⑮温泉 | ⑮温泉Ⅱ | ⑯美作 | ■JR武豊線 | ■radio | ■「その他」 | ■「夕陽Ⅳ | ■「夕陽」Ⅰ | ■「夕陽」Ⅱ | ■「夕陽」Ⅲ | ■「夜景」Ⅰ  | ■「夜景」Ⅱ   | ■「夜景」Ⅲ   | ■「夜景」Ⅳ   | ■「大地」 | ■「山] | ■「山]Ⅱ | ■「川」 | ■「川」Ⅱ | ■「建築物」 | ■「建築物」Ⅱ | ■「建築物」Ⅲ | ■「朝陽」Ⅰ | ■「朝陽」Ⅱ | ■「朝陽」Ⅲ_ | ■「樹木」 | ■「樹木」Ⅱ | ■「海」 | ■「海」② | ■「海」③ | ■「湖沼」 | ■「漁村」 | ■「空」Ⅱ | ■「空」  | ■「花」 | ■「花」Ⅱ | ■「花火」 | ■「花火」Ⅱ_ | ■「農村」 | ■「農村」② | ■「農村」③ | ■「鉄道」 | ■「離島」 | ■「鳥昆虫」 | ■山Ⅲ | ■(その他2) | ■(その他2)Ⅱ | ◇TOPページ | ◇「初冬」 | ◇「初夏」 | ◇「初夏」Ⅱ_ | ◇「初夏」Ⅲ_ | ◇「初春」Ⅱ   | ◇「初春」  | ◇「初秋」Ⅱ  | ◇「初秋」  | ◇井上晴雄 略歴 | ◇個展情報 | ◇季節なし | ◇季節なしⅡ | ◇晩冬 | ◇晩冬Ⅱ | ◇晩夏 | ◇晩春 | ◇晩秋 | ◇黒豆ラングドシャ | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅の眼」 連載記事 | 「旅行作家」 表紙連載 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ | お客様の感想 | 目次/観光情報