絵画「お台場を駆け抜ける「新交通ゆりかもめ」の車両(台場~船の科学館)」 東京都江東区 絵と文:井上晴雄

お台場を駆け抜ける 新交通ゆりかもめの車両(台場~船の科学館) 絵 井上晴雄

 お台場を駆け抜ける 新交通ゆりかもめの車両(台場~船の科学館) 東京都江東区

絵と文 井上晴雄

絵画「お台場をゆく「ゆりかもめ」とテレコムセンター」(テレコムセンター駅~青海駅) 絵と文 井上晴雄

 

 

お台場をゆく「ゆりかもめ」とテレコムセンター

 テレコムセンター駅~青海駅

                        絵と文 井上晴雄

「ゆりかもめ」は、新橋駅(東京都港区)と豊洲駅(東京都江東区)間の約15kmを結ぶ新交通システムである。お台場への架け橋であるレインボーブリッジを渡り、臨海副都心のビル群やパレットタウン大観覧車、東京湾などの風景を車窓に映しながら、高架に設置されたコンクリートの走行路をゆっくり走っていく。

 

 

お台場を駆け抜ける、新交通ゆりかもめの車両(テレコムセンター~青海)<br><br><br>
                                         絵 井上晴雄

 

新交通システム「ゆりかもめ」のテレコムセンター駅から青海駅間は、商業施設や研究機関などが集まる落ち着いた雰囲気のエリア。その一角に立つガラス張りのテレコムセンタービルは、フランスの凱旋門のような形状が特徴的で、お台場ならではの近未来的な風景をつくりだしている。

 

新交通システム「ゆりかもめ」は1995年の開業。以来、お台場の発展に貢献し、お台場に訪れる観光客やビジネスマンたちの足としてこよなく愛されてきた。来たる2020年にはオリンピック選手村がお台場の晴海地区に設置される予定であることから、オリンピック会場に訪れるお客の輸送にもその役割が期待されている。

 

(「お台場をゆくゆりかもめとテレコムセンター」絵と文 井上晴雄) ※当絵画は平成31年3月、テレコムセンタービルに寄贈しました

 

                                       

 

 

 

絵画「鳥取砂丘」 鳥取県鳥取市  絵と文:井上晴雄

絵画「鳥取砂丘の風景」 陽がやさしく照らす  砂丘 の朝 なだらかな砂の流れを見ているうちに 幸せとは何か 少しだけ分かったような気がした

          「鳥取砂丘」 鳥取県鳥取市  絵画と文:井上晴雄。

夕刻、西陽が差し込み、砂丘はキラキラと輝きはじめた。向こうの方に、ラクダのシルエットが、ゆったりと横切っていく。 鳥取県 の東部に位置する  鳥取砂丘 は、日本海沿岸に広がる砂礫地帯である。中国山地の花崗岩が風化して、卓越風で流されて形成したといわれている。すり鉢状の砂の窪みは、最大で90mもの高低差に及ぶ。 砂丘は遠望すると、なだらかで美しい。しかし、いざ歩行するとなると、実に困難な場所である、砂に足を踏み入れれば、もう片方の足が埋まり、引き抜こうとすると、また他方の足が砂の中にめり込む。先の風景はすぐそこに見えているのに、なかなか前に進めない。小高い丘を越えたかと思うと、また窪みに入り、また次の丘が、目の前にそびえ立っている。

   鳥取砂丘 を歩く。それは、人が生きるということにも似ているような気がする。ひとつのハードルをクリアしても、また新たな試練が待ち構えている。その次にはまた違う関門が聳えている。その繰り返しである。得てして、生きるとは、辛く厳しいものだといえるかもしれない。そう考えたとき、いかに先を急ぐかよりも、ときには立ち止まりながら、その中に、たくさんの幸せを見つけていく方が、賢明な生き方ではないかと思った。

  鳥取砂丘 を越えきったら、その先には、紺碧の日本海が一面に広がっている。潮風が心地よく吹き抜ける美しい浜辺。私たちは、砂丘の先に、何を夢見て、今日の一歩を進めるだろうか? 

(作品:井上晴雄 絵画 作品集/F4号 風景/ 鳥取県  国内旅行/絵と文 井上晴雄/旅/2007年8月制作)

「屋島の夕景」 (絵画/風景)

絵画「屋島の夕景」/風景    「屋島の夕景」    

 絵画と文 井上晴雄。

 今から500万年前の地殻変動で、中国山地と四国山地が隆起。瀬戸内一帯は沈降して東西に横たわる平坦地となる。150万年前から1万年前にかけて氷期と間氷期が繰り返され、約6000年前に瀬戸内は現在の姿になった。

屋島の山上に上がると、瀬戸内海が開けた。 沖には、男木島や女木島が横たわり、遥かには、瀬戸大橋がうっすらと見えた。

 夕刻になると、空が燃えあがった。海は轟々とうなり、あたたかい光が屋島を包み込んだ。

地球の鼓動
 美しい時間

大切な青春のときが 心のなかの思い出になっていくように 

美しい思い出がかなたに遠ざかっていくように 輝く太陽が水平線に落ちていった。

(絵画と文/2008年5月制作/F10号/香川県/旅の風景/旅行/屋島の夕景/井上晴雄 絵画 作品集)

Continue reading "「屋島の夕景」 (絵画/風景)"

絵画「金色の風」 愛媛県越智郡上島町   絵と文:井上晴雄

絵画「金色の風」/風景 西に傾く陽に包まれて 

沖の島々は 霞がかった

いつしか 金色の風が 天空から舞い降り

まるで ときを止める魔法をかけるように 

海面を なではじめた 

      「金色の風」 愛媛県越智郡上島町         絵画と文:井上晴雄。


 やさしい風に誘われ、深い眠りに落ちているうちに、いつしか空と海は、金色に染まっていた。一艘の舟がまばゆい光のなかに、静かに消えていった。まるで、遠く過ぎ去ったあの日の夢の続きを見ているような心地よさだった。こんな美しい風景を見せてくれた自然に、思わず手を合わせた。
 自然は人間に、無償の恵みを与えてくれる。しかし、世界を見渡すと、自然を壊す動きが絶えることがない。私たちは、太陽の光があるから、水を飲めるから、空気を吸えるから生きることができるというのに。
 人間は、文明を進化させるうちに、いつしか、自然のなかに生かされているという視点を忘れてしまったように思う。海や川や山を敬愛し、あらゆるものに感謝しながら日々を送る大切さを。                    ⇒          愛媛県の観光スポット  

 

(作品:絵画と文:井上晴雄/国内旅行/風景/旅/旅行/F8号/2007年5月制作/愛媛県越智郡上島町/井上晴雄  絵画 作品集)

絵画「宍道湖の夕暮れ」(海のある風景)島根県松江市  絵と文:井上晴雄

Photo_6_1

空が焼けて 

さざ波が金色に 染まってきた

陽の暖かさを 全身で感じながら

何も考えることができず

 ただ 湖畔に 佇んでいた

「宍道湖の夕暮れ」 島根県松江市            絵画と文:井上晴雄。


 島根県東北部に位置する宍道湖は、松江市、出雲市、斐川町にまたがり広がる湖である。

 湖が形成されたのは1万年以上前と考えられている。北岸を形成する島根半島は、出雲風土記の国引神話のなかにも登場する神話ロマン溢れるエリアだ。

 夕闇が迫るころ、風が止み、空が染まってきた。静かな湖面は、しんと静まり返り、茜色の空を鮮やかに映しだした。嫁ヶ島のシルエットが時の流れとともに、色濃くなっていく。あまりにも美しいひとときに、何も考えることができず、ただ岸に佇んでいた。

 自然が見せてくれる光景は、ときには優しく、ときには厳しい。いや、厳しさがあるからこそ、美しいのかもしれない。空や水のように、濁りがなく、澄みきった心で、日々の出来事を味わっていきたい。

(作品:.絵画と文:井上晴雄。/島根県松江市 風景/F50号/2006年制作)

→地図(島根県 宍道湖)

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

(販売元)但馬寿 遊月亭

絵画「さよなら隠岐の島」   島根県隠岐郡   絵と文:井上晴雄

絵画「隠岐の風景」

祭の音色と緑のそよぎに包まれた島影は 

 ゆっくりと甲板から遠ざかり 

光り輝く海のなかに 

 静かに消えていった 

 さよなら隠岐の島 ありがとう隠岐の島
島根県隠岐郡/作品:絵と文:井上晴雄。/水彩画/F8号/2007年4月制作)

「さよなら隠岐の島」絵画の説明    汽笛の音とともに フェリーは港を離れた。上空には、カモメが優雅に旋回している。これから船は、隠岐の西郷港から、本土の境港に帰ってゆくのだ。

フェリーの甲板に出ると、ひとりの青年が、必死に手を振っていた。入り江には、見送る家族の姿があった。互いに、涙を流しながら、手を振りあっていた。無性に心が温まった。青年は、今から、就職するために、島を離れるのだろうか。
隠岐は、日本海に浮かぶ群島である。境港の北方約50kmに位置し、島根半島の方から、知夫里島、中ノ島、西ノ島、島後島と並び、ちいさな島を入れると、約180の島々が点在している。
船が進むにつれ、島はみるみるうちに小さくなり、ついに光の霧の中に消えていった。

→地図(島根県 隠岐)

絵画「沼の落日」 絵と文:井上晴雄

絵画「湖沼の落日」/風景野鳥の声も聞こえなくなった 山路の夕暮れどき

錦色に染まった空の色は  

ゆっくりと

古い沼の底に滲み込んでいった

(絵画と文:井上晴雄./水彩画/F8号/2007年3月制作)

Continue reading "絵画「沼の落日」 絵と文:井上晴雄"

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

▼作品(絵画)の目次 ①[北海道] ②[東北] ③[甲信越] ④[関東] ④[関東]Ⅱ ④[関東]Ⅲ ⑤[東海]Ⅱ  ⑤[東海]   ⑥[北陸] ⑦[近畿]Ⅰ ⑦[近畿]Ⅱ ⑦[近畿]Ⅲ ⑦[近畿]Ⅳ ⑦[近畿]Ⅴ ⑧[山陽] ⑧[山陽]Ⅱ ⑨[山陰] ⑩[四国] ⑪[瀬戸内海] ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ ⑫[九州] ⑬「その他2」 ⑬「その他」 ⑭テレコムセンター ⑭テレコムセンターⅡ ⑭テレコムセンターⅢ ⑮温泉 ⑮温泉Ⅱ ⑯美作 ■JR武豊線 ■radio ■「その他」 ■「夕陽Ⅳ ■「夕陽」Ⅰ ■「夕陽」Ⅱ ■「夕陽」Ⅲ ■「夜景」Ⅰ  ■「夜景」Ⅱ   ■「夜景」Ⅲ   ■「夜景」Ⅳ   ■「大地」 ■「山] ■「山]Ⅱ ■「川」 ■「川」Ⅱ ■「建築物」 ■「建築物」Ⅱ ■「建築物」Ⅲ ■「朝陽」Ⅰ ■「朝陽」Ⅱ ■「朝陽」Ⅲ_ ■「樹木」 ■「樹木」Ⅱ ■「海」 ■「海」② ■「海」③ ■「湖沼」 ■「漁村」 ■「空」Ⅱ ■「空」  ■「花」 ■「花」Ⅱ ■「花火」 ■「花火」Ⅱ_ ■「農村」 ■「農村」② ■「農村」③ ■「鉄道」 ■「離島」 ■「鳥昆虫」 ■山Ⅲ ■(その他2) ■(その他2)Ⅱ ◇TOPページ ◇「初冬」 ◇「初夏」 ◇「初夏」Ⅱ_ ◇「初夏」Ⅲ_ ◇「初春」Ⅱ   ◇「初春」  ◇「初秋」Ⅱ  ◇「初秋」  ◇井上晴雄 略歴 ◇個展情報 ◇季節なし ◇季節なしⅡ ◇晩冬 ◇晩冬Ⅱ ◇晩夏 ◇晩春 ◇晩秋 ◇黒豆ラングドシャ 「スポーツ報知」 連載コラム 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ 「北海道新聞」にて 「旅の眼」 連載記事 「旅行作家」 表紙連載 「BC札幌」 連載記事 「BC札幌」 連載記事Ⅱ お客様の感想 目次/観光情報