旅人の疲れをいやす白銀の湯「関金温泉」

旅人の疲れをいやす白銀の湯「関金温泉」
                             絵と文 井上晴雄

JR山陰本線倉吉駅からバスに40分ほど揺られると関金温泉に到着。閑静な山あいにひっそりと湯けむりが上がっている。西方はるかに大山を望み、渓流に沿ってつづく温泉街には湯治場の風情が色濃く残る。

Photo

関金温泉は約1250年前に、僧行基によって開湯。

江戸時代には作州街道の宿場町・関金宿の一角にある湯場として、関所を越える旅人たちの疲れを癒してきた。

無色透明のその湯は白銀の光沢の美しさに似ていることから、古来より「白銀の湯」と称されてきた。

 世界有数のラジウム含有量を誇ることでも知られ、神経痛、皮膚病、動脈硬化など幅広く効き目があるとされる。

(関金温泉 DATA)

(アクセス)

鉄道・バス:JR山陰本線倉吉駅から日交バスで約35分
車:中国自動車道「落合JCT」ー米子自動車道「湯原IC」より車で約25分
(旅館)
(日帰り入浴施設)

絵画「温泉津温泉の夕暮れ」 島根県大田市  絵と文:井上晴雄 

絵画「温泉津温泉の風景」

     「温泉津温泉の夕暮れ(島根県)」 (島根県 大田市)  絵と文:井上晴雄

 穏やかな入り江の奥につづく道を進んでいくと、古びた温泉街が現れた。道の両脇には、石州瓦の和風旅館や、なまこ壁の土蔵が軒を連ねている。 温泉津温泉 は島根県 西部に湧き、1300年前より湯治場として親しまれてきた温泉地である。江戸時代は、 大森(石見)銀山 で働く人々の心身を癒し、銀山が閉山したあとは、その当時の歴史を封じ込めるように古い町並みと温泉が残された。 

温泉街の中心には共同浴場の元湯がある。ガラガラと扉を開けると、3層に分かれた湯槽には、土色の湯(含土類食塩泉)が、溢れだしていた。湯槽の縁には、湯の花が堆積していて、その歴史の深みを感じさせる。保温効果の高い湯で、体の芯まで温まった。 湯あがり、裏山にのぼり、温泉津の温泉街を見下ろすと、まちは夕陽色に染まりはじめていた。黄昏の山々には湯けむりがはい、潮風の香りが心地いい。

   (作品:F10号/「温泉津温泉の光景( 島根県 )」/絵と文 井上晴雄/C 報知新聞社)

→地図(島根県 温泉津)

絵画「日本海の夕暮れ」(山口県 下関市 豊北町の光景) 絵と文 井上晴雄

   「日本海の夕暮れ」(山口県 下関市) 絵画と文 井上晴雄    

JR山陰本線の列車を乗り継ぎ、山口県下関市豊北町の海岸に辿りついた。山々にこだまする潮騒の先には、夕暮れどきの海と空が広がっていた。浜辺に打ち寄せるさざ波は、茜色に染まる空を映しだし、まるでダイヤモンドのようにキラキラ輝いている。陽が西に傾くにつれ、沖は次第に、うす絹のような霧のなかに霞みゆく。切なくも美しいその光景を前に、帰りの列車の時刻など忘れてしまい、いつまでも沖を眺めていた。

絵画「日本海の夕暮れ」   

→地図(山口県 土井ヶ浜)

(作品 2009年3月制作/ 絵と文 井上晴雄/山口県下関市 豊北町/風景画/国内旅行/旅の風景/下関)

絵画「鳥取砂丘」 鳥取県鳥取市  絵と文:井上晴雄

絵画「鳥取砂丘の風景」 陽がやさしく照らす  砂丘 の朝 なだらかな砂の流れを見ているうちに 幸せとは何か 少しだけ分かったような気がした

          「鳥取砂丘」 鳥取県鳥取市  絵画と文:井上晴雄。

夕刻、西陽が差し込み、砂丘はキラキラと輝きはじめた。向こうの方に、ラクダのシルエットが、ゆったりと横切っていく。 鳥取県 の東部に位置する  鳥取砂丘 は、日本海沿岸に広がる砂礫地帯である。中国山地の花崗岩が風化して、卓越風で流されて形成したといわれている。すり鉢状の砂の窪みは、最大で90mもの高低差に及ぶ。 砂丘は遠望すると、なだらかで美しい。しかし、いざ歩行するとなると、実に困難な場所である、砂に足を踏み入れれば、もう片方の足が埋まり、引き抜こうとすると、また他方の足が砂の中にめり込む。先の風景はすぐそこに見えているのに、なかなか前に進めない。小高い丘を越えたかと思うと、また窪みに入り、また次の丘が、目の前にそびえ立っている。

   鳥取砂丘 を歩く。それは、人が生きるということにも似ているような気がする。ひとつのハードルをクリアしても、また新たな試練が待ち構えている。その次にはまた違う関門が聳えている。その繰り返しである。得てして、生きるとは、辛く厳しいものだといえるかもしれない。そう考えたとき、いかに先を急ぐかよりも、ときには立ち止まりながら、その中に、たくさんの幸せを見つけていく方が、賢明な生き方ではないかと思った。

  鳥取砂丘 を越えきったら、その先には、紺碧の日本海が一面に広がっている。潮風が心地よく吹き抜ける美しい浜辺。私たちは、砂丘の先に、何を夢見て、今日の一歩を進めるだろうか? 

(作品:井上晴雄 絵画 作品集/F4号 風景/ 鳥取県  国内旅行/絵と文 井上晴雄/旅/2007年8月制作)

絵画「宍道湖の夕暮れ」(海のある風景)島根県松江市  絵と文:井上晴雄

Photo_6_1

空が焼けて 

さざ波が金色に 染まってきた

陽の暖かさを 全身で感じながら

何も考えることができず

 ただ 湖畔に 佇んでいた

「宍道湖の夕暮れ」 島根県松江市            絵画と文:井上晴雄。


 島根県東北部に位置する宍道湖は、松江市、出雲市、斐川町にまたがり広がる湖である。

 湖が形成されたのは1万年以上前と考えられている。北岸を形成する島根半島は、出雲風土記の国引神話のなかにも登場する神話ロマン溢れるエリアだ。

 夕闇が迫るころ、風が止み、空が染まってきた。静かな湖面は、しんと静まり返り、茜色の空を鮮やかに映しだした。嫁ヶ島のシルエットが時の流れとともに、色濃くなっていく。あまりにも美しいひとときに、何も考えることができず、ただ岸に佇んでいた。

 自然が見せてくれる光景は、ときには優しく、ときには厳しい。いや、厳しさがあるからこそ、美しいのかもしれない。空や水のように、濁りがなく、澄みきった心で、日々の出来事を味わっていきたい。

(作品:.絵画と文:井上晴雄。/島根県松江市 風景/F50号/2006年制作)

→地図(島根県 宍道湖)

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

通販はこちら>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)【のし・包装不可】

(販売元)但馬寿 遊月亭

絵画「さよなら隠岐の島」   島根県隠岐郡   絵と文:井上晴雄

絵画「隠岐の風景」

祭の音色と緑のそよぎに包まれた島影は 

 ゆっくりと甲板から遠ざかり 

光り輝く海のなかに 

 静かに消えていった 

 さよなら隠岐の島 ありがとう隠岐の島
島根県隠岐郡/作品:絵と文:井上晴雄。/水彩画/F8号/2007年4月制作)

「さよなら隠岐の島」絵画の説明    汽笛の音とともに フェリーは港を離れた。上空には、カモメが優雅に旋回している。これから船は、隠岐の西郷港から、本土の境港に帰ってゆくのだ。

フェリーの甲板に出ると、ひとりの青年が、必死に手を振っていた。入り江には、見送る家族の姿があった。互いに、涙を流しながら、手を振りあっていた。無性に心が温まった。青年は、今から、就職するために、島を離れるのだろうか。
隠岐は、日本海に浮かぶ群島である。境港の北方約50kmに位置し、島根半島の方から、知夫里島、中ノ島、西ノ島、島後島と並び、ちいさな島を入れると、約180の島々が点在している。
船が進むにつれ、島はみるみるうちに小さくなり、ついに光の霧の中に消えていった。

→地図(島根県 隠岐)

絵画 「森林の滝」 絵と文:井上晴雄

渓流に沿って 森林の奥に分け入っていくと
黒い岩場を伝って 澄んだ水が絶え間なく落ちていた
天から差し込む光は 優美な色彩を 織り成していた

( 作品:絵画と文:井上晴雄./水彩画/F4号)
絵画「森林の滝」/風景

Continue reading "絵画 「森林の滝」 絵と文:井上晴雄"

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

| ▼作品(絵画)の目次 | ①[北海道] | ②[東北] | ③[甲信越] | ④[関東] | ④[関東]Ⅱ | ④[関東]Ⅲ | ⑤[東海]Ⅱ  | ⑤[東海]   | ⑥[北陸] | ⑦[近畿]Ⅰ | ⑦[近畿]Ⅱ | ⑦[近畿]Ⅲ | ⑦[近畿]Ⅳ | ⑦[近畿]Ⅴ | ⑧[山陽] | ⑧[山陽]Ⅱ | ⑨[山陰] | ⑩[四国] | ⑪[瀬戸内海] | ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ | ⑫[九州] | ⑬「その他2」 | ⑬「その他」 | ⑭テレコムセンター | ⑭テレコムセンターⅡ | ⑭テレコムセンターⅢ | ⑮温泉 | ⑮温泉Ⅱ | ⑯美作 | ■JR武豊線 | ■radio | ■「その他」 | ■「夕陽Ⅳ | ■「夕陽」Ⅰ | ■「夕陽」Ⅱ | ■「夕陽」Ⅲ | ■「夜景」Ⅰ  | ■「夜景」Ⅱ   | ■「夜景」Ⅲ   | ■「夜景」Ⅳ   | ■「大地」 | ■「山] | ■「山]Ⅱ | ■「川」 | ■「川」Ⅱ | ■「建築物」 | ■「建築物」Ⅱ | ■「建築物」Ⅲ | ■「朝陽」Ⅰ | ■「朝陽」Ⅱ | ■「朝陽」Ⅲ_ | ■「樹木」 | ■「樹木」Ⅱ | ■「海」 | ■「海」② | ■「海」③ | ■「湖沼」 | ■「漁村」 | ■「空」Ⅱ | ■「空」  | ■「花」 | ■「花」Ⅱ | ■「花火」 | ■「花火」Ⅱ_ | ■「農村」 | ■「農村」② | ■「農村」③ | ■「鉄道」 | ■「離島」 | ■「鳥昆虫」 | ■山Ⅲ | ■(その他2) | ■(その他2)Ⅱ | ◇TOPページ | ◇「初冬」 | ◇「初夏」 | ◇「初夏」Ⅱ_ | ◇「初夏」Ⅲ_ | ◇「初春」Ⅱ   | ◇「初春」  | ◇「初秋」Ⅱ  | ◇「初秋」  | ◇井上晴雄 略歴 | ◇個展情報 | ◇季節なし | ◇季節なしⅡ | ◇晩冬 | ◇晩冬Ⅱ | ◇晩夏 | ◇晩春 | ◇晩秋 | ◇黒豆ラングドシャ | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅の眼」 連載記事 | 「旅行作家」 表紙連載 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ | お客様の感想 | 目次/観光情報