絵画「東京タワーとレインボーブリッジの夜景」」(東京都江東区) 絵と文:井上晴雄

テレコムセンター展望台の夜景(東京タワー、レインボーブリッジの方角を望む)(絵)井上晴雄(いのうえはるお)

絵画「東京タワーとレインボーブリッジの夜景」 
                                                                                           絵画と文 井上晴雄

空気が澄んだ日、西陽が高層ビル群の向こうに吸い込まれると、東京の空は、茜色に染まっていった。テレコムセンター展望台の窓外に目を遣ると、東京タワー(※1)が薄暮のなかに浮かびあがり、レインボーブリッジ(※2)が淡い白色にライトアップしていた。その先には、まちの明かりが、真珠のようにポツリポツリとともっていく。

テレコムセンター展望台から眺望する東京の夜景は「日本夜景遺産」(※3)に登録されている。
どの方角に目を向けても、心を潤してくれる夜景を俯瞰できるのが特徴だ。なかでも、北方向に広がる夜景はそのハイライトだといえる。東京タワーやレインボーブリッジといった東京を代表するランドマークを中心に大都市のあかりが広がるさまは、言葉で言い表せないほどうつくしい。

 

まちが夕闇に包まれると、都心は一層、輝きを増してくる。まるで星々が天空から降ってきたように、キラキラと無数のイルミネーションがまたたくさまは、いつまで眺めても飽きがこない。それらのあかりひとつひとつには、東京の歴史やそれを紡いできた人々の切なる思いが込められているような気がして、どこまでも深い感動を覚える。                              

※1「レインボーブリッジ」
1993年(平成5年)、お台場と芝浦ふ頭間に開通した吊り橋。橋長は798m、塔高126mを誇る。上下
2層構造で、高速11号台場線、臨海道路、臨海新交通システム(ゆりかもめ)が走る。ライトアップは日没から24時まで。主塔のライトアップは2パターン(4~10月は白色、11~3月は温白色)あり、ケーブルは、白、緑、ピンクなど、日時により色調がさまざまに変化する。

※2「東京タワー」
東京タワーは、1958年(昭和33年)の完成以来、東京のシンボルとして愛されてきた。高さは333mを誇り、日没~24時にライトアップ。近年は、その色彩パターンが増えた。通常のライトアップ「ランドマークライト」は180個の電球で2パターンの色調がある。夏はメタルハライドランプを使った白色ベースで、春秋冬は高圧ナトリウムランプを使ったオレンジ色だ。それに加え、2008年、新ライトアップ「ダイヤモンドヴェール」も導入。ダイヤモンドヴェールは青色やピンク色ほか7色の色彩に、「希望」「永遠」などメッセージが込められている。

※3「日本夜景遺産」
夜景に「芸術性の高さ」や「文化的要素」などを有し、指定された選定基準を全て満たす夜景名所が、「日本夜景遺産」に認定されている。各認定地には、夜景の魅力を国内外に訴求し、今後の観光業界を盛り上げる役割も期待されている。

 

絵画「東京湾と青海埠頭」 東京都江東区 絵と文:井上晴雄

「東京湾と青海埠頭」 東京都江東区

80
この通路の眼下に広がるのは、「東京湾」と「青海埠頭」の景色です。晴れた日の朝から夕方にかけて、窓外には、陽を受けキラキラ輝く東京湾と、朱色のガントリークレーンが印象的な青海埠頭の景観が広がります。青く透きとおった海面には、大型コンテナ船やユニークな形をした遊覧船がゆったりと行き来します。やわらかな陽光が展望内にもやさしくさしこみ、思わず時間が経つのも忘れ、幸せな気持ちにさせてくれる場所です。

青海埠頭の岸壁には、12基ものガントリークレーンが、約1570mにわたり立ち並んでいます。ガントリークレーンの主な役割は、東京港に寄港するコンテナ船から荷降ろしをすることです。さまざまな国からやってくるコンテナ船からコンテナを吊り上げ、岸壁側に移動させるのです。

青海埠頭は1985年からその運用が始まり、戦後の高度成長期につくられた晴海埠頭や豊洲埠頭などと並び、今や、東京港の中核を担う物流拠点のひとつにまで成長しました。

東京港はバンクーバー、シアトル ロサンゼルス、釜山、シンガポール、マニラ、コロンほか、さまざまな国の主要港と結ばれています。国境を越え、はるかなる国々とつながっていることを想像すると、わくわくしてきませんか。
                    (絵画と文 井上晴雄)

絵画「テレコムセンター展望台の夜景」 (パレットタウン、東京スカイツリー方向を望む)東京都江東区 絵と文:井上晴雄

 「テレコムセンター展望台の夜景」 東京都江東区
       ~パレットタウン、東京スカイツリー方向を望む~

テレコムセンター展望台から見える夜景は、心にしっとりとした安らぎを与えてくれる。 空が群青色に衣替えする頃、星屑を散りばめたように、街のイルミネーションが可憐に輝きはじめる

絵画「テレコムセンター展望台の夜景」(パレットタウン~東京スカイツリー)
林立する高層ビル群は、白銀色にうっすらと染まり、湾岸に立つパレットタウンの
大観覧車(※1)は色とりどり光で、お台場を華やかに演出する。パレットタウンの向こうには、東京の新名所である東京スカイツリー(※2)も顔をのぞかせている。縦横無尽に延びる高速道路。車のライトがまるでおもちゃのようにつづき、静かに流れていく。湾岸には、ゆりかもめ(※3)の車両が緩やかなカーブを描き、ゆったりと行きかっている。


 見渡す限りの、無数の光の渦。まるで銀河のよう。過去と現在、未来をつないでくれる、そんな力がこの夜景にはあるような気がする。いつまでもいつまでも、大切に眺めていたい。そんなやさしい気持ちにさせてくれる夜景。 

 →地図(お台場 テレコムセンター)                    
 (絵と文 井上晴雄)     

※1「レインボーブリッジ」
1993年(平成5年)、お台場と芝浦ふ頭間に開通した吊り橋。橋長は798m、塔高126mを誇る。上下
2層構造で、高速11号台場線、臨海道路、臨海新交通システム(ゆりかもめ)が走る。ライトアップは日没から24時まで。主塔のライトアップは2パターン(4~10月は白色、11~3月は温白色)あり、ケーブルは、白、緑、ピンクなど、日時により色調がさまざまに変化する。

※2「東京タワー」
東京タワーは、1958年(昭和33年)の完成以来、東京のシンボルとして愛されてきた。高さは333mを誇り、日没~24時にライトアップ。近年は、その色彩パターンが増えた。通常のライトアップ「ランドマークライト」は180個の電球で2パターンの色調がある。夏はメタルハライドランプを使った白色ベースで、春秋冬は高圧ナトリウムランプを使ったオレンジ色だ。それに加え、2008年、新ライトアップ「ダイヤモンドヴェール」も導入。ダイヤモンドヴェールは青色やピンク色ほか7色の色彩に、「希望」「永遠」などメッセージが込められている。

※3「日本夜景遺産」
夜景に「芸術性の高さ」や「文化的要素」などを有し、指定された選定基準を全て満たす夜景名所が、「日本夜景遺産」に認定されている。各認定地には、夜景の魅力を国内外に訴求し、今後の観光業界を盛り上げる役割も期待されている。

絵画「古都の朝日(興福寺)」 奈良県奈良市 絵と文 井上晴雄

 

絵画「奈良の朝陽(興福寺)」

「古都の朝陽(興福寺)」

奈良県奈良市

                      絵画と文 井上晴雄.
  奈良県の興福寺境内
にて。早朝、私はただひとり、夜があけるのを待っていた。昼間は観光客で賑
わっている界隈も、ただしんと静まりかえっていた。気温は低く、かじかんだ手を吐息で温めながら
 ただ朝陽が昇るときを待った。漆黒の闇夜は、いつしか群青色に変化し、月の輪郭がぼんやりと霞
んでくる。

 興福寺は、和銅3年(710年)平城遷都に合わせて、
藤原不比等が 飛鳥の厩坂寺を現在の地に移転し「興福寺」と名付けた寺。以降、現在に至るまで、千三百年の年月が流れることになる。

  数時間が経過したとき、空に無数の鳥たちが舞い踊りはじめた。そのときだった。山の端から 光が差し込んできた。まばゆいばかりの陽の光は、凍った空気や大地を一
気に染めあげ、興福寺の三重塔のシルエットをくっきりと浮かびあがらせた。


 待っていて良かった。震えるような感動がそこにはあった。

 蒼く静まりかえっていた古都に昇った朝陽。悠久の歴史が刻まれた奈良の地には、人の心を落ち着かせ、純粋な感動を、呼び起こす力があるような気がしてならない。千年を超える途方もない年月の痕跡と対峙したとき、日々のせわしなさや 細かいしがらみは、不思議と些事に思えてしまう。古都には、現代社会の尺度では計れない大きなものが秘められているのだろうか。

 歴史の一端に触れ、感動を探しながら、生きていきたいと思う。 2009年3月制作/奈良,遷都1300年,興福寺/奈良県 奈良市/井上晴雄/国内旅行/風景)

→地図(奈良県 奈良市)

Continue reading "絵画「古都の朝日(興福寺)」 奈良県奈良市 絵と文 井上晴雄"

山村の朝(絵画/風景)

「山村の朝」      絵と文 井上晴雄

絵画「山村の風景」

 深い山々に囲まれた過疎の村。山道脇に横たわる数棟の廃屋のトタンは、剥げ落ち、屋根には苔が生えている。既に人の気配はない。 しかし、そんな寂しい集落にも、朝がやってきた。木々の隙間から差し込んだ光は、あたたかく集落を包み込み、何にも代えがたい美しい空間をつくりだした。<br /><br /> 人間はつい、明るい光のみを追い求めがちである。しかし、光を輝やかせるのは、実は暗がりなのかもしれない。暗がりがあってこそ、光は引き立ち、美しく煌きはじめるのである。<br /> 生きていると、さまざまな苦難や挫折と出会うものだ。とても辛いことである。しかし、それらがあるからこそ、小さな幸せを、大きな幸せとして心に留めることができるような気もする。

Photo_2

光も闇、それらは共存してこそはじめて生きてくるものだ。だから、どんな未来が到来しようとも、それをありがたく受け止め、前向きに生きていきたいと思う。

(絵画と文/2008年11月制作/井上晴雄 絵画 作品集/旅/自然/風景)

未来へ飛翔

絵画「未来へ」/風景

(2007年12月制作/絵画と文:井上晴雄./国内旅行/風景)

「富士山と夜景」  (絵画/風景)  絵画と文:井上晴雄

絵画「富士山の夜景」
     

                  


「富士山と夜景」

                     絵画と文 井上晴雄。

夕刻、聳え立つ富士の山容が、すっぽりと闇のなかに包まれようとしていた。茜色に染まった空の色は、次第に深みを増しはじめる。鳥が鳴き、太陽が山の端に沈む。いつしか、眼下のまちには、まるで宝石を散りばめた絨毯のように、無数の灯りがまたたいていた。

 ときが流れるとともに、まちも人も変わっていく。それは、寂しいことかもしれない。しかし、歴史が紡ぎだした、「まちの明かり」というものは、いつの時代も、何とあたたかく、美しいことか。そこには、人々が生きた証が刻まれているように思う。私も一生をかけて、まちを美しく彩る、ひとつのやさしい光になりたい。

(2008年8月制作/絵画と文/F12号/静岡県/豪州日本国大使館収蔵作品/夜景鑑賞士(夜景検定)一級/井上晴雄 絵画 作品集/風景)


井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

通販はこちら>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)【のし・包装不可】

(販売元)但馬寿 遊月亭

絵画「神戸の夜景」 [兵庫県神戸市/摩耶山掬星台)   絵と文:井上晴雄

絵画「神戸の夜景」 「掬星台からの神戸の夜景」 [兵庫県神戸市) 絵:井上晴雄。 1995年1月17日。大きな振動とともに、ものが落ちる音で目が覚めた。テレビに映りだされた無残な光景を見てショックを受けた。阪神大震災が起きた日。アスファルトの道は大きく裂け、建物は崩壊した。まちのあちこちから、火の手と黒煙があがった・・。

それからもう、10数年の月日が流れる。社会人になった私は、神戸の山手に登っていた。神戸の夜景をもう一度観たいと思ったのだ。坂を上っていくと、雲がたなびく夜空の下に、星屑を散らせたようなまち明かりが広がった。港に沿って、一本の光の道がのびていた。明るいひかりの道。そこには力強い命が息づいていた。人々が力を合わせ復興した、あたたかいまち神戸。

→地図(兵庫県 摩耶山)

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

| ▼作品(絵画)の目次 | ①[北海道] | ②[東北] | ③[甲信越] | ④[関東] | ④[関東]Ⅱ | ④[関東]Ⅲ | ⑤[東海]Ⅱ  | ⑤[東海]   | ⑥[北陸] | ⑦[近畿]Ⅰ | ⑦[近畿]Ⅱ | ⑦[近畿]Ⅲ | ⑦[近畿]Ⅳ | ⑦[近畿]Ⅴ | ⑧[山陽] | ⑧[山陽]Ⅱ | ⑨[山陰] | ⑩[四国] | ⑪[瀬戸内海] | ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ | ⑫[九州] | ⑬「その他2」 | ⑬「その他」 | ⑭テレコムセンター | ⑭テレコムセンターⅡ | ⑭テレコムセンターⅢ | ⑮温泉 | ⑮温泉Ⅱ | ⑯美作 | ■JR武豊線 | ■radio | ■「その他」 | ■「夕陽Ⅳ | ■「夕陽」Ⅰ | ■「夕陽」Ⅱ | ■「夕陽」Ⅲ | ■「夜景」Ⅰ  | ■「夜景」Ⅱ   | ■「夜景」Ⅲ   | ■「夜景」Ⅳ   | ■「大地」 | ■「山] | ■「山]Ⅱ | ■「川」 | ■「川」Ⅱ | ■「建築物」 | ■「建築物」Ⅱ | ■「建築物」Ⅲ | ■「朝陽」Ⅰ | ■「朝陽」Ⅱ | ■「朝陽」Ⅲ_ | ■「樹木」 | ■「樹木」Ⅱ | ■「海」 | ■「海」② | ■「海」③ | ■「湖沼」 | ■「漁村」 | ■「空」Ⅱ | ■「空」  | ■「花」 | ■「花」Ⅱ | ■「花火」 | ■「花火」Ⅱ_ | ■「農村」 | ■「農村」② | ■「農村」③ | ■「鉄道」 | ■「離島」 | ■「鳥昆虫」 | ■山Ⅲ | ■(その他2) | ■(その他2)Ⅱ | ◇TOPページ | ◇「初冬」 | ◇「初夏」 | ◇「初夏」Ⅱ_ | ◇「初夏」Ⅲ_ | ◇「初春」Ⅱ   | ◇「初春」  | ◇「初秋」Ⅱ  | ◇「初秋」  | ◇井上晴雄 略歴 | ◇個展情報 | ◇季節なし | ◇季節なしⅡ | ◇晩冬 | ◇晩冬Ⅱ | ◇晩夏 | ◇晩春 | ◇晩秋 | ◇黒豆ラングドシャ | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅の眼」 連載記事 | 「旅行作家」 表紙連載 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ | お客様の感想 | 目次/観光情報