絵画「岩座神の棚田」

「岩座神の棚田」 岩座神棚田は兵庫県中央部の多可郡多可町に広がる。JR加古川線の西脇市駅から路線バスに30分ほど揺られ、そこからさらに杉原川の支流・多田川に沿って坂道を上っていった。50分ほど歩くと民家もとだえ、眼下にはごつごつした岩間を清水が白く速く流れているのが見えた。しばらくすると視界に「岩座神」と書かれた標識があらわれた。

Photo_20191220230301

岩座神は「いさりがみ」と読む地名。集落の背後にそびえる標高1005mの千ヶ峰は仙ヶ峰とも称され、神が棲むと言い伝えられてきた。それに由来する「神おわす」ということばが「いわすわりかみ」となり「いさりがみ」という地名へと変化したといわれている。岩座神には「岩座神の七不思議」と呼ばれる言い伝えも残る。例えば、干ばつのときに雨乞岩踊りを奉納すれば必ず雨が降ると伝えられている「雨乞岩」、一本枯れても本数が減らない「三本竹」など。どれもミステリアスで想像がかき立てられる。

 

多田川のせせらぎの音を聴きながら深い杉木立のなかを歩き、峠を越えていくと、ちいさな集落が見えてきた。それが岩座神と呼ばれる集落だった。漆喰壁を持つ民家など20棟ほどが急峻な山斜面にしがみつき、中には茅葺き屋根の民家も見られる。民家群に寄りそうように棚田がいくつも連なり、黄金色に染まった稲穂が秋風に揺れていた。棚田の数は340枚にも及ぶ。その棚田においてとりわけ目を引くのは、棚田と棚田の間には何重にも積まれている石垣。2~3mの石垣で高いもので5mほどの高さにもなるという。

 

それらの石垣は鎌倉時代、急峻で農業に不向きとされた地で農業を営むため築かれたものだと伝えられている。千ヶ峰から流れる湧水を引き込み豊かな稲を実らせるとともに、雨水を一時的に貯めることから、地滑りや洪水から地を守る役割も担ってきたのだそうだ。厳しい自然と対峙しながら時代を経て受け継がれてきた人々の知恵の結晶が、この豊かな稲の実りと美しい棚田の風景につながっていることを知り感慨深く思った。

「岩座神の棚田」F10号水彩画/絵と文 井上晴雄

 

Rice terraces in Isarigami”

I drew a picture of a rice terrace The place is Iwaza Shrine Tanada. It is located in Taka-cho, Taka-gun in central Hyogo prefecture.From Nishiwaki-shi Station on the JR Kakogawa Line, I was swung by a local bus for about 30 minutes, and from there I went up the slope along the Tada River, a tributary of the Sugihara River. After walking for about 50 minutes, I found the private house, and I could see Shimizu flowing fast and white through the rugged rocks below. After a while, you could see a sign saying "Iwaza-jin" in your sight.

Isarigamiis a place name that reads "Isarigami". Sengamine, 1005m above sea level, stands behind the village and is also known as Sengamine, and it has been reported that God lives there. It is said that the word “God Owasu” derived from it became “Iwasari Kame” and changed its name to “Isarigami”. A legend called "Iwaza god's seven wonders" also remains in Iwaza god. For example, there is a rain beggar that is said to rain whenever you give a rain beggar dance during a drought, or a three-bamboo that keeps

絵画「高台寺臥龍池と紅葉の木々」

絵画「高台寺臥龍池と紅葉の木々」
  
                          

 

                                    絵と文 井上晴雄

 

高台寺は春は桜、秋は紅葉の名所として知られる臨済宗建仁寺派の寺院。10月下旬~12月上旬には夜間拝観が行われ、訪れた日はライトアップされた幻想的な境内を楽しむことができた。

 

高台寺が建てられたのは慶長11年(1606)のこと。豊臣秀吉の正室にあたる北政所ねねが秀吉を弔うために建てたと伝えられている。

 

 

The-autumn-leavesreflected-in-the-pondof

 

紅葉に覆われた台所坂を進むと、広大な敷地内には、枯山水の回遊式庭園や竹林、重要文化財の堂宇などが次々とあらわれる。

 

重要文化財指定の開山堂と霊屋を結ぶ一角には臥龍池と呼ばれる小さな池が広がっている。その池畔であまりの美しさに足を止めた。

 

赤に黄色にと染まったモミジの木々が両側から押し寄せ、まるで鏡のような臥龍池の水面に静かに映しだされていたのだ。

 

モミジの木々の繊細な色彩と澄んだ池の水がつくりだす幽玄の世界。その空間を自分なりに絵画で表現してみた。

 

 (2018年制作 F10号 「高台寺臥龍池と紅葉の木々」 井上晴雄)

 

 

 

絵画「朝陽と紅葉の木々」

絵画「朝陽と紅葉の木々」                    絵と文 井上晴雄

Img_1295

冷え込んだ夜が明け、山の端から朝陽がのぼってきた。木々の隙間からまばゆい光が差し込み、それを浴びたモミジの枝葉がシルエットとなって幻想的に浮かびあがっている。

その光景を見て気持ちも明るくなった。暗がりが一瞬にして光あふれる明るい空間に変わる。そんな朝陽の持つエネルギーを表現してみた。

ふと足を止めてみると、日常には光がおりなす綺麗な風景がたくさん広がっている。

しかし、普段意識しなければ、私たちはそれらに気付かず過ぎ去ってしまう。ただ、

それらをひとつでも多く見つけ感謝の気持ちを捧げることが、日々を喜びあるものにするように思える。

晩秋のやさしい光にふれながら、ときに足をとどめそんな景色をひとつでも多くみつけてみたいと思う。

            

 (絵画「朝陽と紅葉の木々」 絵と文 井上晴雄)

絵画「近江商人屋敷にて(そろばんのある光景)」滋賀県東近江市五個荘 絵と文:井上晴雄

絵画「近江商人屋敷にて」

  「近江商人屋敷にてそろばんのある風景)」                                                 絵画 井上晴雄    滋賀県東部にある東近江市 五個荘に訪れた。JR能登川駅を出たバスは、湖東平野を割って走り、窓外には、赤や黄に色づく山並みが遠ざかってゆく。 五個荘は、かつて、天秤棒を担いだ近江商人たちが活躍したことから「てんびんの里」という愛称で呼ばれている。五個荘 金堂地区などが重要伝統的建造物群保存地区に指定され、現在でも、界隈では、明治時代前後の風景を見ることができる。 平日ということもあり、まちは、ひっそりとしていた。路地を曲がると、白壁の土蔵や、格子を構えた商家が次々と現れた。  近江商人屋敷の一軒に入ると、黒光りする土間の先に、書院造りの広間が広がった。畳の香りと木のぬくもり。壁には、ボンボン時計が、静かにときを刻んでいる。窓からは、晩秋の陽光がやさしく差し込んでいた。 古びた机の上には、橙色に変色した台帳と、黒ずんだソロバンが置かれてあった。 まるで時代を遡ったかのような光景に、その場を動けなくなった。  年月が過ぎるとともに、古いものは少しずつ淘汰され滅びゆく。しかし、それらに触れ原点に戻ったとき、新たなものを生みだす力が生まれてくるような気がする →地図(滋賀県 近江八幡) (2009年12月制作/「近江商人屋敷にて(そろばんのある風景)/絵と文:井上晴雄/滋賀県 東近江市 五箇荘)

絵画「曽爾高原の夕陽」  絵と文:井上晴雄

曽爾高原は、奈良県と三重県の県境に位置する国定公園。秋が深まった日、
そよかな風に吹かれて、無数のススキの穂が波打ち、陽の光が、それらを
銀色に浮かびあがらせていた。

絵画「曽爾高原の風景」

秋の夕暮れ、そこには一抹の物悲しさのなかに、美しさが秘められているような気がする。
それは、限られたときのなかで生きる、人間の姿にも似ているかもしれない。

年が巡るごとに、万物は変化していく。終着点を迎えるまで、
前を向いて、精一杯生きていきたいと思う

→地図(奈良県 曽爾高原)

(2008年12月制作/作品 F8号/絵と文 井上晴雄/曽爾高原 奈良)

「ある秋の日」 (絵画/風景)

絵画「ある秋の日」/風景 「ある秋の日」絵

絵と文:井上晴雄。

          深い山々に、冬が忍び寄ろうとしていた。秋の木々は、まるで、ときを惜しむかのように、赤や、黄色に染まり、その葉を懸命に散らせているのだった。美しい時間が流れ、心に染み入る深い感動が、そこにはあった。 晩秋の木々。一見すると、朽ちて老いたものにすぎないかもしれない。しかし、それは私たち人間に、さまざまな生きるヒントを与えてくれているような気がする。 (2008年1月制作/絵画と文:井上晴雄。/秋の風景/旅 )

□近畿地方の旅行ガイドへ

Continue reading "「ある秋の日」 (絵画/風景)"

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

(販売元)但馬寿 遊月亭

絵画「沼の落日」 絵と文:井上晴雄

絵画「湖沼の落日」/風景野鳥の声も聞こえなくなった 山路の夕暮れどき

錦色に染まった空の色は  

ゆっくりと

古い沼の底に滲み込んでいった

(絵画と文:井上晴雄./水彩画/F8号/2007年3月制作)

Continue reading "絵画「沼の落日」 絵と文:井上晴雄"

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

▼作品(絵画)の目次 ①[北海道] ②[東北] ③[甲信越] ④[関東] ④[関東]Ⅱ ④[関東]Ⅲ ⑤[東海]Ⅱ  ⑤[東海]   ⑥[北陸] ⑦[近畿]Ⅰ ⑦[近畿]Ⅱ ⑦[近畿]Ⅲ ⑦[近畿]Ⅳ ⑦[近畿]Ⅴ ⑧[山陽] ⑧[山陽]Ⅱ ⑨[山陰] ⑩[四国] ⑪[瀬戸内海] ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ ⑫[九州] ⑬「その他2」 ⑬「その他」 ⑭テレコムセンター ⑭テレコムセンターⅡ ⑭テレコムセンターⅢ ⑮温泉 ⑮温泉Ⅱ ⑯美作 ■JR武豊線 ■radio ■「その他」 ■「夕陽Ⅳ ■「夕陽」Ⅰ ■「夕陽」Ⅱ ■「夕陽」Ⅲ ■「夜景」Ⅰ  ■「夜景」Ⅱ   ■「夜景」Ⅲ   ■「夜景」Ⅳ   ■「大地」 ■「山] ■「山]Ⅱ ■「川」 ■「川」Ⅱ ■「建築物」 ■「建築物」Ⅱ ■「建築物」Ⅲ ■「朝陽」Ⅰ ■「朝陽」Ⅱ ■「朝陽」Ⅲ_ ■「樹木」 ■「樹木」Ⅱ ■「海」 ■「海」② ■「海」③ ■「湖沼」 ■「漁村」 ■「空」Ⅱ ■「空」  ■「花」 ■「花」Ⅱ ■「花火」 ■「花火」Ⅱ_ ■「農村」 ■「農村」② ■「農村」③ ■「鉄道」 ■「離島」 ■「鳥昆虫」 ■山Ⅲ ■(その他2) ■(その他2)Ⅱ ◇TOPページ ◇「初冬」 ◇「初夏」 ◇「初夏」Ⅱ_ ◇「初夏」Ⅲ_ ◇「初春」Ⅱ   ◇「初春」  ◇「初秋」Ⅱ  ◇「初秋」  ◇井上晴雄 略歴 ◇個展情報 ◇季節なし ◇季節なしⅡ ◇晩冬 ◇晩冬Ⅱ ◇晩夏 ◇晩春 ◇晩秋 ◇黒豆ラングドシャ 「スポーツ報知」 連載コラム 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ 「北海道新聞」にて 「旅の眼」 連載記事 「旅行作家」 表紙連載 「BC札幌」 連載記事 「BC札幌」 連載記事Ⅱ お客様の感想 目次/観光情報