秋の田園風景(岡山県新庄村) 絵と文 井上晴雄

「秋の田園風景」(岡山県新庄村の風景) 絵と文 井上晴雄

2

岡山県新庄村は鳥取県との県境に近い村である。人口は900人ほどと、岡山県内の自治体のなかでは最小の村。豊かな緑と清流に彩られている美しい景観が村の随所に展開する。
岡山県新庄村の特産物はヒメノモチ。ヒメノモチは、同村の全域で栽培されている餅米で、餅やオカキにして食す。昼夜の気温差と清流あってこそうまれるこの餅米は豊かな風味を含み美味
黄金色に染まる田園の向こうには、出雲街道ものびる。
重層な石州瓦を構えた古き民家が連なり、かつて本陣・宿場町として栄えた往時を感じることをできた。新庄村の中心部までは、JR中国勝山駅から真庭市コミュニティバス40分ほど。

絵画「大阪平野の夕陽」大阪府東大阪市 絵と文:井上晴雄

絵画「大阪平野の夕陽」

            大阪平野の夕陽

       ~夕陽と夜景の名所、ホテルセイリュウにて~ 大阪府東大阪市

                                                                                                        絵画と文 井上晴雄                               ホテルセイリュウに初めて訪れた日、夕方の東大阪市の上空は、ぶ厚い雲で覆われていた。ときおり冷たい雨に濡れた眼下のまちは、うす霧のなかに静まり返っているように思えた。闇が寸前まで迫ろうとしていたときだった。突如、雲の切れ間から、一条の陽光が射し込んだ。光が乱舞する。その光はみるみるうちに天地を駆けめぐり、まちを照らした。 住宅街も高速道路も、そのさまをホテルから見る人たちの顔もみな、茜色に華やいでいった。眼下に広がる大阪平野の遥か先には、市街地の高層ビル群が淡く浮かびあがり宝石のように輝いている。その美しさに圧倒された。  夕暮れのひととき、無限の生命が息づいていることを感じる。次第に霞みゆきながらも、あたたかい光を降り注ぎつづけている。そのさまを目の当たりにするとき、人は、光が薄れる切なさのなかに力強さを思う。  生きることに喜びを感じさせ、日々繰り返される夕陽の光のようになりたい。ささやかだけれども、それが自己と他者に幸せを与える気がするからだ。そのような思いを胸に、さまざまな色彩をキャンバスに散りばめて、一枚の絵を完成させた。                                                                          (「ホテルセイリュウから眺望した夕陽」/絵と文 井上晴雄/平成22年制作/  cトラベルニュース社)                                   →地図(大阪府 石切温泉)

ページランク

絵画「金色の風」 愛媛県越智郡上島町   絵と文:井上晴雄

絵画「金色の風」/風景 西に傾く陽に包まれて 

沖の島々は 霞がかった

いつしか 金色の風が 天空から舞い降り

まるで ときを止める魔法をかけるように 

海面を なではじめた 

      「金色の風」 愛媛県越智郡上島町         絵画と文:井上晴雄。


 やさしい風に誘われ、深い眠りに落ちているうちに、いつしか空と海は、金色に染まっていた。一艘の舟がまばゆい光のなかに、静かに消えていった。まるで、遠く過ぎ去ったあの日の夢の続きを見ているような心地よさだった。こんな美しい風景を見せてくれた自然に、思わず手を合わせた。
 自然は人間に、無償の恵みを与えてくれる。しかし、世界を見渡すと、自然を壊す動きが絶えることがない。私たちは、太陽の光があるから、水を飲めるから、空気を吸えるから生きることができるというのに。
 人間は、文明を進化させるうちに、いつしか、自然のなかに生かされているという視点を忘れてしまったように思う。海や川や山を敬愛し、あらゆるものに感謝しながら日々を送る大切さを。                    ⇒          愛媛県の観光スポット  

 

(作品:絵画と文:井上晴雄/国内旅行/風景/旅/旅行/F8号/2007年5月制作/愛媛県越智郡上島町/井上晴雄  絵画 作品集)

絵画「宍道湖の夕暮れ」(海のある風景)島根県松江市  絵と文:井上晴雄

Photo_6_1

空が焼けて 

さざ波が金色に 染まってきた

陽の暖かさを 全身で感じながら

何も考えることができず

 ただ 湖畔に 佇んでいた

「宍道湖の夕暮れ」 島根県松江市            絵画と文:井上晴雄。


 島根県東北部に位置する宍道湖は、松江市、出雲市、斐川町にまたがり広がる湖である。

 湖が形成されたのは1万年以上前と考えられている。北岸を形成する島根半島は、出雲風土記の国引神話のなかにも登場する神話ロマン溢れるエリアだ。

 夕闇が迫るころ、風が止み、空が染まってきた。静かな湖面は、しんと静まり返り、茜色の空を鮮やかに映しだした。嫁ヶ島のシルエットが時の流れとともに、色濃くなっていく。あまりにも美しいひとときに、何も考えることができず、ただ岸に佇んでいた。

 自然が見せてくれる光景は、ときには優しく、ときには厳しい。いや、厳しさがあるからこそ、美しいのかもしれない。空や水のように、濁りがなく、澄みきった心で、日々の出来事を味わっていきたい。

(作品:.絵画と文:井上晴雄。/島根県松江市 風景/F50号/2006年制作)

→地図(島根県 宍道湖)

絵画大阪平野の夜景」 奈良県生駒市     絵と文:井上晴雄。

絵画「大阪平野の夜景」

「大阪の夜景」

彼方には 異国に向けて飛び立つ飛行機のシルエット

生駒山上から見た大阪のまちは 
どこかしら淋しかった
  
ビルが立ちならび
賑やかに栄える大阪のまちは

ただ潤うように美しく輝くだけだった
遠く遠く 
夕暮れにしっとりと溶け込んでいった

(奈良県生駒市/夜景/F10号/2007年9月制作/夜景鑑賞士/絵画と文:井上晴雄/夜景検定/風景/夜景)

地図(奈良県 生駒山上)

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

通販はこちら>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)【のし・包装不可】

(販売元)但馬寿 遊月亭

絵画「黒豆の里」(宍粟市一宮町) 絵画と文:井上晴雄

絵画「黒豆の里」/風景丹波の深い山々の中に 

ちいさな山里が開けていた

澄みきった空気のなか 

やわらかく降り注ぐ秋の陽が

収穫どきの田畑を やさしく照らしていた 

(作品 絵と文:井上晴雄./水彩画/F50号/兵庫県宍粟市/2006年9月制作)

 「黒豆の里」

<兵庫県宍粟市一宮町の風景> 解説

 兵庫県姫路市から、30kmほど北上したところに、宍粟市一宮町というまちがある。
播磨国一ノ宮である伊和神社を中心に形成され、古くより、黒豆の産地として
知られているまちだ。
 ときは晩秋。清流揖保川に沿い、山崎、波賀といったちいさな集落を抜け、木々のトンネルや棚田を縫いながら、山坂道を上っていくと、眼下に、明るい集落が姿を現した。
流れる雲の隙間から、野鳥のさえずりが聞こえてくる。空からは、やわらかい秋の日差しが落ち、収穫どきの田畑をやさしく照らしていた。あまりに美しい光景に、立ち尽くした。

 地方のまちに訪れると 都会生活で忘れてしまった何かを ふと思い出すことがある。文明の発展とともに失われた何か。それは、こういった「ふるさと」の光景なのかも
しれない。澄みきった空気、川、太陽、土壌・・
芽を出した苗は、季節が移ろうに従って、葉をつけ、実をつける・・

ここ兵庫県宍粟市一宮町には、私の絵の活動を応援していただいている、株式会社かね善(丹波の黒太郎)様の黒豆畑がある。一宮町の豊かな自然によって育まれた豆は、格別に美味い。豆一粒一粒には、四季の彩と生命の輝きが詰まっている。

→地図(兵庫県 宍粟市)

Continue reading "絵画「黒豆の里」(宍粟市一宮町) 絵画と文:井上晴雄"

・「今治・織田が浜の夕暮れ」

Photo_7
(F50号/水彩画/2006年制作)


「今治・織田が浜の夕暮れ」作品説明

松林の暗がりをおりてゆくと、夕陽が西の空を茜色に焦がしながら、ゆっくりと水平線に落ちようとしていた。砂浜は、まるで星屑のように光り、静かな波がキラキラと輝きながら、浜辺に打ち寄せていた。波が静かにひき、沖にしまなみの島々がかすみゆく・・。

その光景を見たとき、遠い日に見た夕日をふと思い出した。小さい子供だった頃、日が暮れるのを忘れて遊んだ。野山を探検して見上げた秋の空は、ただただ美しかった 

 人生には、かけがえのないひとときがある。一生をかけても、二度と訪れることのない貴重なときがある。すべては一生に一度の奇跡。日々の出来事をしっかりと心に刻みながら、たくさんの思い出を大切に、生きていきたい

□四国地方の旅行ガイドはコチラから

Continue reading "・「今治・織田が浜の夕暮れ」"

絵画 「森林の滝」 絵と文:井上晴雄

渓流に沿って 森林の奥に分け入っていくと
黒い岩場を伝って 澄んだ水が絶え間なく落ちていた
天から差し込む光は 優美な色彩を 織り成していた

( 作品:絵画と文:井上晴雄./水彩画/F4号)
絵画「森林の滝」/風景

Continue reading "絵画 「森林の滝」 絵と文:井上晴雄"

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

| ▼作品(絵画)の目次 | ①[北海道] | ②[東北] | ③[甲信越] | ④[関東] | ④[関東]Ⅱ | ④[関東]Ⅲ | ⑤[東海]Ⅱ  | ⑤[東海]   | ⑥[北陸] | ⑦[近畿]Ⅰ | ⑦[近畿]Ⅱ | ⑦[近畿]Ⅲ | ⑦[近畿]Ⅳ | ⑦[近畿]Ⅴ | ⑧[山陽] | ⑧[山陽]Ⅱ | ⑨[山陰] | ⑩[四国] | ⑪[瀬戸内海] | ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ | ⑫[九州] | ⑬「その他2」 | ⑬「その他」 | ⑭テレコムセンター | ⑭テレコムセンターⅡ | ⑭テレコムセンターⅢ | ⑮温泉 | ⑮温泉Ⅱ | ⑯美作 | ■JR武豊線 | ■radio | ■「その他」 | ■「夕陽Ⅳ | ■「夕陽」Ⅰ | ■「夕陽」Ⅱ | ■「夕陽」Ⅲ | ■「夜景」Ⅰ  | ■「夜景」Ⅱ   | ■「夜景」Ⅲ   | ■「夜景」Ⅳ   | ■「大地」 | ■「山] | ■「山]Ⅱ | ■「川」 | ■「川」Ⅱ | ■「建築物」 | ■「建築物」Ⅱ | ■「建築物」Ⅲ | ■「朝陽」Ⅰ | ■「朝陽」Ⅱ | ■「朝陽」Ⅲ_ | ■「樹木」 | ■「樹木」Ⅱ | ■「海」 | ■「海」② | ■「海」③ | ■「湖沼」 | ■「漁村」 | ■「空」Ⅱ | ■「空」  | ■「花」 | ■「花」Ⅱ | ■「花火」 | ■「花火」Ⅱ_ | ■「農村」 | ■「農村」② | ■「農村」③ | ■「鉄道」 | ■「離島」 | ■「鳥昆虫」 | ■山Ⅲ | ■(その他2) | ■(その他2)Ⅱ | ◇TOPページ | ◇「初冬」 | ◇「初夏」 | ◇「初夏」Ⅱ_ | ◇「初夏」Ⅲ_ | ◇「初春」Ⅱ   | ◇「初春」  | ◇「初秋」Ⅱ  | ◇「初秋」  | ◇井上晴雄 略歴 | ◇個展情報 | ◇季節なし | ◇季節なしⅡ | ◇晩冬 | ◇晩冬Ⅱ | ◇晩夏 | ◇晩春 | ◇晩秋 | ◇黒豆ラングドシャ | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅の眼」 連載記事 | 「旅行作家」 表紙連載 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ | お客様の感想 | 目次/観光情報