フランス ル・サロン展2019入選作品「ヒスイ海岸の夕景」

フランス ル・サロン展2019入選作品「ヒスイ海岸の夕景」
                  絵と文 井上晴雄

Photo

(「ヒスイ海岸の夕陽」|フランス「ル.サロン展(Le salon)2019年」入選作)

(作品説明)
白馬岳や朝日岳など北アルプスの山々を南に望む「ヒスイ海岸」は、東西四キロにわたってつづく砂利浜の海岸である。薄紫色、飴色、青丹色、薄緑色・・浜辺にはさまざまな色彩の小石が無数に散らばっている。そのなかには、古代より宝石として重宝されてきたヒスイの原石も混在。 静かに打ち寄せる波そのやさしい潮騒の音色を聴きながらヒスイ海岸の浜辺でたたずんでいると、透きとおった海面は次第に光り輝きはじめた。さざ波が海岸(線を洗うたび、浜辺に散らばる小石たちも西陽を受けてキラキラきらめいている。何もかもが夕日色に包まれる幸せなひととき。
"Sunset on the Jade Coast" | France "Le Salon Exhibition (Le salon) 2019" Selected Work) (Explanation of works) The "Jade Coast" wishing south of the mountains of the Northern Alps such as Hakuba-dake and Asahi-dake is a coast of gravel beaches that runs along the east-west four kilometers. Light purple, candy, blue tint, light green · · Numerous pebbles of various colors are scattered on the beach. Among them are rough stones of jade that have been useful as jewels since ancient times. Quietly striking waves When listening to the tone of its gentle tidal wave and standing on the beach on the Jade Coast, the clear water surface gradually began to shine. Every time the ripples wash the coastline, the pebbles scattered on the beach are sparkling glittering after receiving Xiyang. A happy moment when everything is surrounded by sunset color.
<ルサロン2019のご案内>

ルサロン(Le salon)は1667年にルイ14世の提言により創設された世界最古の国際公募展。モネ、ミレー、セザンヌ、ルノワールらが活躍した歴史もあります。2019年もフランス芸術家協会の主催でフランスパリにある「グラン・パレ」で2月12日~2月17日に開催されます。私(井上晴雄)も入選作を1点出品いたします。

<2019年会期
2/13(水) 11:00〜20:00
2/14(木)  11:00〜22:00
2/15(金)  11:00〜20:00
2/16(土)  11:00〜22:00
2/17(日)  11:00〜20:00
入場券1.6€ ※私の作品は「13D」というブースにあります

会場グラン・パレ(Grand Palais)

住所:Avenue Franklin Roosevelt 75008 Paris, FRANCE
最寄駅:シャンゼリゼ・クレマンソー (Champs-Élysées - Clemenceau )

絵画「越前岬の夕陽」

2

越前海岸の夕暮れどき。日が西に傾くにつれ、穏やかに波打つ海面がきらきらと輝きはじめ、岩場がシルエットになりさまざまな色彩の光が躍りはじめた。あたたかい光が海岸を包み込んでいく。

絵画「立山連峰を車窓に映す富山地方鉄道の電車で宇奈月温泉へ」

 「立山連峰を車窓に映す富山地方鉄道の電車で宇奈月温泉へ」

                    絵と文   井上晴雄

Photo_2

ある穏やかな日、10数年ぶりに富山県黒部市にある宇奈月温泉に足をのばした。北陸新幹線を富山駅で下車し、隣接する電鉄富山駅から富山地方鉄道の宇奈月温泉行に乗り込む。

 

昭和50年代に登場した富山地方鉄道の14760形電車は、モーター音を上げながら市街地を走り、稲荷町駅から線路は単線になった。越中荏原駅を過ぎると常願寺川に架かる鉄橋をガタゴト渡っていく。ふと右車窓に目を遣ると、田畑の向こうに雪をかむった雄大な山々が連なっているのが見えた。立山連峰だ。その主峰にあたる立山は標高3015mの大汝山はじめ3000m級の峰々から成る。その圧倒的なスケールと稜線の美しさを見て心躍った。

 

穀倉地帯を縫い、上市駅にてスイッチバック方式で進行方向を変えると、次は日本海沿岸に向けて北上していく。ホタルイカ漁が盛んな滑川や蜃気楼の名所として知られる魚津のまちなみを駆け抜け、左車窓には時折日本海も顔をのぞかせる。右車窓には依然、残雪の立山連峰がまるで屏風を立てたように連なっていた。黒部市宇奈月町に入ると次第に山深くなる。谷間にコバルトブルーの黒部川が流れるのを見ながら音沢駅から渓谷に沿う急勾配をのぼっていくと、列車は終点の宇奈月温泉駅に到着した。

 

宇奈月温泉駅は閑静な山々に囲まれた黒部峡谷の玄関口に立っていた。駅前では温泉噴水が湯けむりを上げ、渓谷沿いを中心に温泉宿が軒を連ねる。宇奈月温泉は黒部峡谷の電源開発に伴い、黒部川上流の黒薙温泉から引き湯をして大正12年に開湯。「美肌の湯」ともいわれるその湯は無色透明の弱アルカリ性単純泉でやさしくなめらかだ。魚介類の宝庫である富山湾にもほど近いことから、新鮮な海山の幸を味わえるのも宇奈月温泉の魅力である。

 

宇奈月温泉駅から山側に5分ほど歩くと黒部峡谷鉄道の起点である宇奈月駅があり、黒部川上流にレールはつづいている。レールの先に広がる美しい景色を探し求め、旅はまだまだつづいていく。

 

(「立山連峰と富山地方鉄道の電車」 絵と文 井上晴雄/『旅の眼115号』掲載)

絵画「田植え時期の白川郷」

新緑が美しい季節になった。若葉がいっせいに芽吹き、生命力にあふれる季節。白川郷には、江戸時代築の建築物を中心に、古い茅葺き屋根の家屋が一帯に立ち並ぶ集落。

絵画 世界遺産 茅葺き 白川郷 井上晴雄img_35432_3

合掌造りと呼ばれる手を重ねたようなその急こう配の屋根の形状も独特。その昔ながらの風景を今に残している白川郷は、ユネスコの世界文化遺産にも登録されている。

そこには伝統を継承してきた人々の生活も息づいている。生け垣や水路、そして水が張られた田んぼには苗が植えられ、その鏡のような水面には、古い茅葺屋根の家屋を映しだしていた。

植えられた苗は、根を張り、葉を茂らせ、実を結んでいくことだろう。私もあるがままに生き、今日もひとつでも多くの感動を見つけていきたいと思う。

(絵画「田植え時期の白川郷」絵と文 井上晴雄)

絵画「東尋坊の夕陽」(福井県坂井市) 絵と文 井上晴雄 


「東尋坊の夕陽」(福井県坂井市)

                                       絵画と文 井上晴雄

Img_0010_3_4_70_2

 北陸随一の景勝、東尋坊へは、三国観光ホテル(東尋坊温泉)から車で10分ほど。台風が過ぎ去った秋晴れの日、東尋坊に向かうバスを降りると、岬は夕陽色に染まっていた。眼下には、巨大な奇岩群が海中から突き出して連なり、その先には、日本海の大海原が、沈みゆく太陽を映しながらキラキラ輝いている。光る波がゆっ
たりと岸壁に打ち寄せ、何もかもが幸せに包まれるひととき。淡く霞む沖には、東尋坊を巡る遊覧船が船尾を引いて、ゆっくりと横切っていく。

  東尋坊は、福井県坂井市の北西端にある海食崖である。高さ25mにも及ぶ輝安山岩の岩柱が約1kmにわたりつづく。その厳しい自然環境からも、東尋坊には、悲哀に満ちた伝説が数多く語り継がれてきた。しかし時代は流れ、現代では「恋人の聖地」として広く知られるようになった。東尋坊に降り注ぐやさしい陽の光に包まれて、恋人たちは、今日も永遠の愛を誓い合う。

      

  日が水平線に吸い込まれると、残照が海面を仄かに照らし、東尋坊はうす藍色のなかに次第に溶け込んでいく。沖には、ポツリポツリと漁火が灯りはじめた。

   「東尋坊の夕陽」 (福井県坂井市)/日本の風景/絵と文 井上晴雄/2011年10月制作

絵画「氷見の朝陽」 富山県氷見市  絵と文:井上晴雄

絵画「氷見の朝陽」/風景

「氷見の朝陽」(富山県氷見市)

絵画と文:井上晴雄。

氷見は富山県西部に位置するちいさな港町。雨晴海岸を窓外に、列車が終点の氷見駅に着いたのは、まだ朝の早い時間だった。薄暗いプラットホームに降り立ったのは、ただ私だけ。寒々とした風がビュービューと頬を突き刺し、思
わず身震いした。
 積もる雪を踏みしめながら、静まり返るまちを抜けていくと、鈍色の海が見えてきた。防波堤に打ち寄せた波が、冷たい飛沫を散らして、霧のようになってかかってくる。

 そのときだった。鈍色の雲の切れ間から、朝陽が差し込んできた。まばゆいばかりの光の渦は、虹色の光線となり、ちいさな漁業のまちにやさしく降り注いだ。海に流れ込む川はそれを反射してキラキラ輝く。そして、厚く覆われた雪をゆっくりと溶かしていったのだった。

 沖は明るく、海鳥がヒュルリヒュルリと鳴きながら旋回している。春がやってきた。

(F10号/国内旅行/富山県氷見市/旅行/2008年3月制作/井上晴雄 絵画と文   作品集/風景)

□北陸地方の旅行ガイドを見る

_______________________________

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です

井上晴雄の絵画「黒豆畑と青空」が 、チョコレート菓子「黒豆ラングドシャ」のパッケージになりました。黒豆の粉をまぶしたビスケット風の生地に、ほんのり甘いミルクチョコレートが入っているお菓子です。

Photo_5

お菓子のフタを開けたら、内パッケージに印刷されている当絵画が現れるようになっています。黒豆畑の風景を描いた絵画を眺めながら、お菓子の美味しさをゆっくりと味わっていただければという、思いを込めています。

以下、「黒豆ラングドシャ」を販売している実店舗です(2013年7月現在)





・荒湯観光センター(新温泉町 土産屋)
・株式会社井筒屋(新温泉町・旅館)
・株式会社朝野屋(新温泉町・旅館)
・但馬牧場公園(新温泉町・施設)
・ハートイン福知山(京都府福知山市・キヨスク)
・株式会社ドライブインやくの(京都府福知山市・ドライブイン)
・株式会社フレッシュあさご(兵庫県朝来市・道の駅)
・株式会社HOTEL KOSHO(兵庫県豊岡市・ホテル)
・ドライブインやまがた屋(京都府・ドライブイン)

   (以上 敬称略)

(販売元)但馬寿 遊月亭

お台場の夜景名所×井上晴雄絵画

お台場にあるテレコムセンター」21階展望台は「日本夜景遺産」に登録されている東京随一の夜景名所。展望台内では 展望台内では井上晴雄による絵画作品の一部をご覧いただけます。お台場観光の折にはぜひご来館ください

Img_1412_60_2
Img_

(展望台入場料)大人500円・子供300円
(休み)月曜(月曜が休日の日は営業、翌営業日休)
(営業時間)15~21時(土日は11~21時)※最終入場は20:30
(アクセス)新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結(新橋駅から約20分) 
(場所)東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンター 地図はこちら 

その他のカテゴリー

▼作品(絵画)の目次 ①[北海道] ②[東北] ③[甲信越] ④[関東] ④[関東]Ⅱ ④[関東]Ⅲ ⑤[東海]Ⅱ  ⑤[東海]   ⑥[北陸] ⑦[近畿]Ⅰ ⑦[近畿]Ⅱ ⑦[近畿]Ⅲ ⑦[近畿]Ⅳ ⑦[近畿]Ⅴ ⑧[山陽] ⑧[山陽]Ⅱ ⑨[山陰] ⑩[四国] ⑪[瀬戸内海] ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ ⑫[九州] ⑬「その他2」 ⑬「その他」 ⑭テレコムセンター ⑭テレコムセンターⅡ ⑭テレコムセンターⅢ ⑮温泉 ⑮温泉Ⅱ ⑯美作 ■JR武豊線 ■radio ■「その他」 ■「夕陽Ⅳ ■「夕陽」Ⅰ ■「夕陽」Ⅱ ■「夕陽」Ⅲ ■「夜景」Ⅰ  ■「夜景」Ⅱ   ■「夜景」Ⅲ   ■「夜景」Ⅳ   ■「大地」 ■「山] ■「山]Ⅱ ■「川」 ■「川」Ⅱ ■「建築物」 ■「建築物」Ⅱ ■「建築物」Ⅲ ■「朝陽」Ⅰ ■「朝陽」Ⅱ ■「朝陽」Ⅲ_ ■「樹木」 ■「樹木」Ⅱ ■「海」 ■「海」② ■「海」③ ■「湖沼」 ■「漁村」 ■「空」Ⅱ ■「空」  ■「花」 ■「花」Ⅱ ■「花火」 ■「花火」Ⅱ_ ■「農村」 ■「農村」② ■「農村」③ ■「鉄道」 ■「離島」 ■「鳥昆虫」 ■山Ⅲ ■(その他2) ■(その他2)Ⅱ ◇TOPページ ◇「初冬」 ◇「初夏」 ◇「初夏」Ⅱ_ ◇「初夏」Ⅲ_ ◇「初春」Ⅱ   ◇「初春」  ◇「初秋」Ⅱ  ◇「初秋」  ◇井上晴雄 略歴 ◇個展情報 ◇季節なし ◇季節なしⅡ ◇晩冬 ◇晩冬Ⅱ ◇晩夏 ◇晩春 ◇晩秋 ◇黒豆ラングドシャ 「スポーツ報知」 連載コラム 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ 「北海道新聞」にて 「旅の眼」 連載記事 「旅行作家」 表紙連載 「BC札幌」 連載記事 「BC札幌」 連載記事Ⅱ お客様の感想 目次/観光情報