« フランス ル・サロン展2019入選作品「ヒスイ海岸の夕景」 | Main | 絵画「北庄の棚田」(岡山県久米南町) »

絵画「糸島の夕景」(福岡県)

当絵画は、福岡県糸島市の海岸を描いた一枚である。糸島市は福岡市の中心部から西に 20 ㎞ほど。樹木がうねるちいさな農村地帯を抜けると、目の前には広々とした玄界灘が広がった。

70

 「糸島の夕景」



海岸線に沿って「志摩サンセットロード」と呼ばれる夕日の名所として知れる道が 33 ㎞にわたりのびており、長い浜辺にはゆったりと波が打ち寄せていた

夕方になると、キラキラ光る海はオレンジ色に染まっていった。浜辺にごろごろ転がる岩がシルエットになり無数の色彩が乱舞しはじめる。

夕映えが浜辺を包むとともに海岸線の風景は刻一刻と変化していく。潮の流れ、波の音、陽のあたたかさ、水や空の色・・その変化に富んだうつくしい夕暮れの風景に心打たれた。 

何万年という長い歴史のなかで、日が昇り沈みゆくことが、幾度となく繰りかえされてきた。しかし、そのなかで同じ一瞬というものは一度もなかったはずだ。そしてその一瞬一瞬のなかに輝きがあったように思う。

私たち人間も同じかもしれない。刻一刻と変化するときを大切に、そこに感動を探しながら生きていくこと。それが生き生きとした毎日につながるのかもしれない。

    (絵画「糸島の夕景」F15号 水彩画 /2019年 井上晴雄 作)

« フランス ル・サロン展2019入選作品「ヒスイ海岸の夕景」 | Main | 絵画「北庄の棚田」(岡山県久米南町) »