« 絵画「秋の田圃と美作滝尾駅」 | Main

絵画「高台寺臥龍池と紅葉の木々」

絵画「高台寺臥龍池と紅葉の木々」                             

                                    絵と文 井上晴雄

高台寺は春は桜、秋は紅葉の名所として知られる臨済宗建仁寺派の寺院。10月下旬~12月上旬には夜間拝観が行われ、訪れた日はライトアップされた幻想的な境内を楽しむことができた。

高台寺が建てられたのは慶長11年(1606)のこと。豊臣秀吉の正室にあたる北政所ねねが秀吉を弔うために建てたと伝えられている。 紅葉に覆われた台所坂を進むと、広大な敷地内には、枯山水の回遊式庭園や竹林、重要文化財の堂宇などが次々とあらわれる。

重要文化財指定の開山堂と霊屋を結ぶ一角には臥龍池と呼ばれる小さな池が広がっている。その池畔であまりの美しさに足を止めた。

70 赤に黄色にと染まったモミジの木々が両側から押し寄せ、まるで鏡のような臥龍池の水面に静かに映しだされていたのだ。

モミジの木々の繊細な色彩と澄んだ池の水がつくりだす幽玄の世界。その空間を自分なりに絵画で表現してみた。

 (2018年制作 F10号 「高台寺臥龍池と紅葉の木々」 井上晴雄)

« 絵画「秋の田圃と美作滝尾駅」 | Main