« 絵画「収穫時の大豆畑」~北海道千歳市にて~ | Main | テレコムセンター展望台×井上晴雄  »

絵画「立山連峰を車窓に映す富山地方鉄道の電車で宇奈月温泉へ」

 「立山連峰を車窓に映す富山地方鉄道の電車で宇奈月温泉へ」

                    絵と文   井上晴雄

Photo_2

ある穏やかな日、10数年ぶりに富山県黒部市にある宇奈月温泉に足をのばした。北陸新幹線を富山駅で下車し、隣接する電鉄富山駅から富山地方鉄道の宇奈月温泉行に乗り込む。

 

昭和50年代に登場した富山地方鉄道の14760形電車は、モーター音を上げながら市街地を走り、稲荷町駅から線路は単線になった。越中荏原駅を過ぎると常願寺川に架かる鉄橋をガタゴト渡っていく。ふと右車窓に目を遣ると、田畑の向こうに雪をかむった雄大な山々が連なっているのが見えた。立山連峰だ。その主峰にあたる立山は標高3015mの大汝山はじめ3000m級の峰々から成る。その圧倒的なスケールと稜線の美しさを見て心躍った。

 

穀倉地帯を縫い、上市駅にてスイッチバック方式で進行方向を変えると、次は日本海沿岸に向けて北上していく。ホタルイカ漁が盛んな滑川や蜃気楼の名所として知られる魚津のまちなみを駆け抜け、左車窓には時折日本海も顔をのぞかせる。右車窓には依然、残雪の立山連峰がまるで屏風を立てたように連なっていた。黒部市宇奈月町に入ると次第に山深くなる。谷間にコバルトブルーの黒部川が流れるのを見ながら音沢駅から渓谷に沿う急勾配をのぼっていくと、列車は終点の宇奈月温泉駅に到着した。

 

宇奈月温泉駅は閑静な山々に囲まれた黒部峡谷の玄関口に立っていた。駅前では温泉噴水が湯けむりを上げ、渓谷沿いを中心に温泉宿が軒を連ねる。宇奈月温泉は黒部峡谷の電源開発に伴い、黒部川上流の黒薙温泉から引き湯をして大正12年に開湯。「美肌の湯」ともいわれるその湯は無色透明の弱アルカリ性単純泉でやさしくなめらかだ。魚介類の宝庫である富山湾にもほど近いことから、新鮮な海山の幸を味わえるのも宇奈月温泉の魅力である。

 

宇奈月温泉駅から山側に5分ほど歩くと黒部峡谷鉄道の起点である宇奈月駅があり、黒部川上流にレールはつづいている。レールの先に広がる美しい景色を探し求め、旅はまだまだつづいていく。

 

(「立山連峰と富山地方鉄道の電車」 絵と文 井上晴雄/『旅の眼115号』掲載)

« 絵画「収穫時の大豆畑」~北海道千歳市にて~ | Main | テレコムセンター展望台×井上晴雄  »