« 絵画「朝陽と紅葉の木々」 | Main | 東京湾を航行する御座船 安宅丸(絵画と文 井上晴雄) »

絵画「佛隆寺の千年桜」

「佛隆寺の千年桜」  絵と文 井上晴雄   

70_img_6959_22

佛隆寺は奈良県宇陀市榛原にある古刹。嘉祥3年(850)に弘法大師の高弟堅恵が創建したとされる寺で、門前につづく石段の途中には、桜は古木が立っている。その樹齢は900年と奈良県最古の一本桜だと言われている。 近鉄榛原駅から曽爾高原方面へ向かう路線バスに揺られ、高井バス停で下車した。杉木立が両側につづく山坂道を40分ほど上がっていくと、段々畑の向こうに、大きな桜の木が立っているのが目に飛び込んできた。 樹高16m、周囲7.5mという圧倒的な存在感。風が吹くたびに花びらが大地に散り舞い降りていく。その伝わってくる生命力を自分なりに絵に表現した。

« 絵画「朝陽と紅葉の木々」 | Main | 東京湾を航行する御座船 安宅丸(絵画と文 井上晴雄) »