« 旅人の疲れをいやす白銀の湯「関金温泉」 | Main | 「ふるさとに咲く桜」  »

「津山 鶴山公園の桜」 絵画と文 井上晴雄

         

             「津山 鶴山公園の桜」 

                                絵と文 井上晴雄
3月も半ばになりました。寒波もやや遠のき、日本列島でもちらほら桜が咲きはじめました。桜といえば春を象徴する花。その華やかさと可憐さはいつの時代にも私達に幸福感や心の平安を与えてくれます。



桜を美しく鑑賞できる観光名所のひとつとして、先日、岡山県津山市にある鶴山公園の桜の絵画(添付画像)を描きました。鶴山公園は、「日本さくら名所100選」のひとつにも選ばれている西日本随一の桜の名所です。

Photo


岡山駅からJR津山線のディーゼルカーに揺られ1時間半ほど。
終点の津山駅を降り立つと、城下町の風情が随所に残る古い町並みが広がります。
吉井川を渡り10分ほどまちなかを北へ歩くと、鶴山公園(津山城)の石垣が見えてきます。
津山城は慶長8年(1603年)に入封した初代津山藩主・森忠政公が城の築城に着手。約13年の歳月をかけて完成した平山城です。
完成当時の津山城は、天守閣や城門ほか80棟以上を擁する壮大な規模の城郭だったと伝えられています。
ところが、明治6年(1973年)に廃城令によって津山城は取り壊しに。まるで迷路のように連なる石垣と礎石が残されることになりました。2005年には城内最大規模を誇った備中櫓が再現されて往時の趣が加わり現在に至ります。
毎年、桜の時期(4月上旬~中旬)になると、雄大にそびえ立つ石垣を背景に、ソメイヨシノの花々がまるで雲海のごとく咲き誇ります。そして、その先にそびえる津山城跡の備中櫓がその歴史の深さを伝えてくれます。
(※鶴山公園の2016年の桜の見ごろは4月上旬から4月中旬です)
<津山城跡 DATA>
(交通)
JR津山駅より徒歩約10分
中国道津山ICから国道53号経由,
約15分。
(営業時間)
・8:40~17:00(10月~3月)
・7:30~22:00(さくらまつり期間中)
・8:40~19:00(4月~9月)、
(休み)無休
(料金)大人300円/中学生以下無料
(駐車場)あり
(ライトアップ)18:00~22:00(2016年4月上旬~中旬)
※詳細は現地の観光協会等にご確認下さい
■井上晴雄 絵画作品URL http://haruo-inoue.tea-nifty.com

R

« 旅人の疲れをいやす白銀の湯「関金温泉」 | Main | 「ふるさとに咲く桜」  »