« 絵画「湯原温泉 砂湯のある風景」 | Main | かつて炭鉱で栄えた路線、JR日田彦山線を旅する (絵画と文)井上晴雄 »

絵画「千歳・支笏湖氷濤まつり」 ~色とりどりの光に輝く支笏湖湖水でできた氷像群~

         

  「千歳・支笏湖氷濤まつり」   

 ~色とりどりの光に輝く支笏湖湖水でできた氷像群~       絵と文 井上晴雄

 千歳市の南西部に広がる、日本屈指の高い透明度を誇る湖、支笏湖。「日本最北の不凍湖」としても知られる淡水湖である。その澄んだ湖水は淡いブルーを帯びていることから「ナチュラルブルー」とも称される。 

90a

 

 支笏湖の湖畔では、毎年1月下旬から2月中旬にかけて、支笏湖の湖水を凍らせた氷像群による光と氷の祭典「千歳・支笏湖氷濤まつり」が開催される。「千歳・支笏湖氷濤まつり」の会場となる支笏湖の湖畔へは、千歳市街から道央道を16号経由で西へ30kmほど。

 

「千歳・支笏湖氷濤まつり」の会場に訪れた日、白樺やエゾマツの林を縫い支笏湖畔にたどり着いた頃には、辺りはすっかり夕闇に包まれていた。薄暗がりを抜けていくとその先に、色とりどりの光に輝く巨大な氷像群が目に飛び込んできた。

 

黄色、ピンク色、水色・・色鮮やかな光が、透きとおった氷のモニュメントに投射され、やさしく光り輝いている。そのなんともいえないメルヘンチックな光景はあまりに美しく、底冷えする寒さも忘れしまうほどだった。

 

「千歳・支笏湖氷濤まつり」の会場に並ぶ氷像群は前年11月よりその骨組みがつくられる。12月になると、スプリンクラーを使って支笏湖の湖水をそれらに吹きつけ凍らせていく作業が行われる。その丹念な作業の繰り返しにより、巨大な氷像群が形づくられていくのだ。

 

「千歳・支笏湖氷濤まつり」の会期中、完成した氷像群は、昼は淡いブルーに輝き、日が暮れると芸術性を感じさせる幻想的なムードで来場者を迎えてくれる。その美しい光景に見とれているうちに、天空からはしんしんと雪がやさしく舞いはじめた。

2015年「千歳・支笏湖氷濤まつり」DATA

(2015年の会期)2015年1/30日~2/22日

(開催時刻)9:00~22:00(ライトアップは16:30~)
(場所)支笏湖温泉(北海道千歳市)地図
 
(交通)車:道央道「千歳」ICから道道16号経由で25km40分
バス:JR「千歳」駅から北海道中央バス「支笏湖行」で約44分、支笏湖バス停下車徒歩5分バス時刻表

(楽天トラベル)支笏湖温泉の旅館・ホテル一覧

「テレコムセンタービル西棟5Fカフェテリア 「アイハウス」×井上晴雄 絵画作品」

Img_6164_4    

お台場テレコムセンタービル西棟5Fにあるカフェテリアアイハウスでは、画家 井上晴雄の絵画 (約30点)を御覧いただきながら、お食事(各種定食メニュー、麺類ほか)やお飲み物を楽しんでいただけます。平日にお台場にいらっしゃるときにはぜひお立ち寄りください

(場所) お台場「テレコムセンタービル」西館5階 カフェテリア 「アイハウス」

(交通)新橋駅から 新交通「ゆりかもめ」豊洲行で約18分、テレコムセンター駅下車すぐ(テレコムセンタービル西館5F)

(営業)月曜~金曜 (土・日・祝は休み)

(営業時間)

ランチタイム:AM11:30~PM1:30 
夜 : PM5:30~PM9:00
(住所) 東京都江東区青海2-5-10 
(メニュー)
ランチタイム>>日替わりランチメニュー:ランチ700円~800円 麺・そばほか
夜 >>和食・洋食・中華、 各種おつまみ、生ビール、焼酎(リザーブ可)、ワイン、ウィスキーほか
(席数)250
(地図) ※「テレコムセンタービル」は、フランスの凱旋門のような形をしたビルです

大きな地図で見る

海、山、川、朝陽、夕陽、夜景などさまざまなうつくしい風景に彩られた日本。北海道、本州 四国 九州、沖縄と、地域ならではの特徴もあります

スポンサーリンク

四季折々の豊かな自然に彩られた日本。春は桜や新緑、夏は緑に紺碧の空、秋は紅葉、冬は雪景色・・

| ▼作品(絵画)の目次 | ①[北海道] | ②[東北] | ③[甲信越] | ④[関東] | ④[関東]Ⅱ | ④[関東]Ⅲ | ⑤[東海]Ⅱ  |⑤[東海]   | ⑥[北陸] | ⑦[近畿]Ⅰ | ⑦[近畿]Ⅱ | ⑦[近畿]Ⅲ | ⑦[近畿]Ⅳ | ⑦[近畿]Ⅴ | ⑧[山陽] | ⑧[山陽]Ⅱ |⑨[山陰] | ⑩[四国] | ⑪[瀬戸内海] | ⑪[瀬戸内海]Ⅱ_ | ⑫[九州] | ⑬「その他2」 | ⑬「その他」 | ⑭テレコムセンター |⑭テレコムセンターⅡ | ⑭テレコムセンターⅢ | ⑮温泉 | ⑮温泉Ⅱ | ⑯美作 | ■JR武豊線 | ■「その他」 | ■「夕陽Ⅳ |■「夕陽」Ⅰ | ■「夕陽」Ⅱ | ■「夕陽」Ⅲ | ■「夜景」Ⅰ  | ■「夜景」Ⅱ   | ■「夜景」Ⅲ   | ■「夜景」Ⅳ   | ■「大地」| ■「山] | ■「山]Ⅱ | ■「川」 | ■「川」Ⅱ | ■「建築物」 | ■「建築物」Ⅱ | ■「建築物」Ⅲ | ■「朝陽」Ⅰ | ■「朝陽」Ⅱ |■「朝陽」Ⅲ_ | ■「樹木」 | ■「樹木」Ⅱ | ■「海」 | ■「海」② | ■「海」③ | ■「湖沼」 | ■「漁村」 | ■「空」Ⅱ | ■「空」 | ■「花」 | ■「花」Ⅱ | ■「花火」 | ■「花火」Ⅱ_ | ■「農村」 | ■「農村」② | ■「農村」③ | ■「鉄道」 | ■「離島」 |■「鳥昆虫」 | ■山Ⅲ | ■(その他2) | ■(その他2)Ⅱ | ◇TOPページ | ◇「初冬」 | ◇「初夏」 | ◇「初夏」Ⅱ_ | ◇「初夏」Ⅲ_ | ◇「初春」Ⅱ   | ◇「初春」  | ◇「初秋」Ⅱ  | ◇「初秋」  | ◇井上晴雄 略歴 | ◇個展情報 | ◇季節なし | ◇季節なしⅡ | ◇晩冬 | ◇晩冬Ⅱ | ◇晩夏 | ◇晩春 | ◇晩秋 | ◇黒豆ラングドシャ | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅の眼」 連載記事 | 「旅行作家」 表紙連載 | 「ABCラジオ」 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ | お客様の感想 | 目次/観光情報

« 絵画「湯原温泉 砂湯のある風景」 | Main | かつて炭鉱で栄えた路線、JR日田彦山線を旅する (絵画と文)井上晴雄 »