« 絵画「東京ミュージック花火」 絵と文 井上晴雄 | Main | »

絵画 「田園風景を行くJR武豊線の列車」 絵と文 井上晴雄

1mb

 「田園風景を行くJR武豊線の列車」

~明治時代に開通した知多半島を走るローカル線~

 

                   絵と文 井上晴雄

 

愛知県の南西部に位置し三河湾と伊勢湾に挟まれてのびる知多半島。その東部に全長19.3kmのローカル線が走っている。愛知県大府市の大府駅と知多郡武豊町の武豊駅間を約30分で結ぶJR武豊線だ。

 

武豊線の歴史は古く、その敷設は明治時代にまでさかのぼる。新橋駅と横浜駅間に日本初の鉄道が開業したのは明治5年(1872年)のことだ。その後、東京と大阪を結ぶ幹線鉄道の建設が構想されることになるが、それには大量の建築資材が要った。そこで、海外からの建築資材を知多湾に面する武豊港から積み上げる計画がもちあがった。そのとき武豊港に陸揚げされた建築資材を輸送する目的でつくられたのが武豊線だった。

 

明治19年(1886年)に武豊線は開通。英国製のSLが、武豊港で陸揚げされた建築資材を運搬し、東海道本線の敷設に大いに貢献した。東海道本線は明治22年(1889年)に無事に開通し、武豊線は当初の役割を終えることになる。しかしその後も地元の要望などから武豊線は存続されることとなり、以降は酒、味噌といった食品や機械製品などを運搬して地元の発展にも大きく寄与した。現在では沿線のベッドタウン化が進み、その役割は物流から通勤・通学客を運ぶことに移行している。一方で、明治19年(1886年)築の亀崎駅や明治42年(1909年)築の半田駅の跨線橋をはじめ、沿線には武豊線の長き歴史を物語る建造物が多く現存し、昔ながらの豊かな自然も残されている。

 

ある日の昼下がり、武豊線の古びた駅で途中下車した。集落をのびる細い道を歩いていくと、アキアカネが飛び交う青空の下に、のどかな田園風景が広がった。黄金色に染まる稲穂が秋風に吹かれて静かに揺れ、淡く浮かびあがっている。明るい田んぼの向こうには、名古屋方面に向かう二両編成の列車がゆっくりと横切っていく。時代の流れとともにその役割を少しづつ変えながら、武豊線の列車は今日ものんびり知多半島を走っている。

« 絵画「東京ミュージック花火」 絵と文 井上晴雄 | Main | »