« 絵画「テレコムセンター展望台の夕景」 ~夕陽に染まる、船の科学館と品川のまち~/東京都江東区 絵と文:井上晴雄 | Main | 鉄道で行く日本の旅(温泉・観光名所) リンク集 »

絵画「東京湾と青海埠頭」 東京都江東区 絵と文:井上晴雄

「東京湾と青海埠頭」 東京都江東区

80
この通路の眼下に広がるのは、「東京湾」と「青海埠頭」の景色です。晴れた日の朝から夕方にかけて、窓外には、陽を受けキラキラ輝く東京湾と、朱色のガントリークレーンが印象的な青海埠頭の景観が広がります。青く透きとおった海面には、大型コンテナ船やユニークな形をした遊覧船がゆったりと行き来します。やわらかな陽光が展望内にもやさしくさしこみ、思わず時間が経つのも忘れ、幸せな気持ちにさせてくれる場所です。

青海埠頭の岸壁には、12基ものガントリークレーンが、約1570mにわたり立ち並んでいます。ガントリークレーンの主な役割は、東京港に寄港するコンテナ船から荷降ろしをすることです。さまざまな国からやってくるコンテナ船からコンテナを吊り上げ、岸壁側に移動させるのです。

青海埠頭は1985年からその運用が始まり、戦後の高度成長期につくられた晴海埠頭や豊洲埠頭などと並び、今や、東京港の中核を担う物流拠点のひとつにまで成長しました。

東京港はバンクーバー、シアトル ロサンゼルス、釜山、シンガポール、マニラ、コロンほか、さまざまな国の主要港と結ばれています。国境を越え、はるかなる国々とつながっていることを想像すると、わくわくしてきませんか。
                    (絵画と文 井上晴雄)

« 絵画「テレコムセンター展望台の夕景」 ~夕陽に染まる、船の科学館と品川のまち~/東京都江東区 絵と文:井上晴雄 | Main | 鉄道で行く日本の旅(温泉・観光名所) リンク集 »