« | Main | 小湊鉄道「上総中野駅」 鉛筆画 »

絵画「テレコムセンター展望台の夜景」 (パレットタウン、東京スカイツリー方向を望む)東京都江東区 絵と文:井上晴雄

 「テレコムセンター展望台の夜景」 東京都江東区
       ~パレットタウン、東京スカイツリー方向を望む~

テレコムセンター展望台から見える夜景は、心にしっとりとした安らぎを与えてくれる。 空が群青色に衣替えする頃、星屑を散りばめたように、街のイルミネーションが可憐に輝きはじめる

絵画「テレコムセンター展望台の夜景」(パレットタウン~東京スカイツリー)
林立する高層ビル群は、白銀色にうっすらと染まり、湾岸に立つパレットタウンの
大観覧車(※1)は色とりどり光で、お台場を華やかに演出する。パレットタウンの向こうには、東京の新名所である東京スカイツリー(※2)も顔をのぞかせている。縦横無尽に延びる高速道路。車のライトがまるでおもちゃのようにつづき、静かに流れていく。湾岸には、ゆりかもめ(※3)の車両が緩やかなカーブを描き、ゆったりと行きかっている。


 見渡す限りの、無数の光の渦。まるで銀河のよう。過去と現在、未来をつないでくれる、そんな力がこの夜景にはあるような気がする。いつまでもいつまでも、大切に眺めていたい。そんなやさしい気持ちにさせてくれる夜景。 

 →地図(お台場 テレコムセンター)                    
 (絵と文 井上晴雄)     

※1「レインボーブリッジ」
1993年(平成5年)、お台場と芝浦ふ頭間に開通した吊り橋。橋長は798m、塔高126mを誇る。上下
2層構造で、高速11号台場線、臨海道路、臨海新交通システム(ゆりかもめ)が走る。ライトアップは日没から24時まで。主塔のライトアップは2パターン(4~10月は白色、11~3月は温白色)あり、ケーブルは、白、緑、ピンクなど、日時により色調がさまざまに変化する。

※2「東京タワー」
東京タワーは、1958年(昭和33年)の完成以来、東京のシンボルとして愛されてきた。高さは333mを誇り、日没~24時にライトアップ。近年は、その色彩パターンが増えた。通常のライトアップ「ランドマークライト」は180個の電球で2パターンの色調がある。夏はメタルハライドランプを使った白色ベースで、春秋冬は高圧ナトリウムランプを使ったオレンジ色だ。それに加え、2008年、新ライトアップ「ダイヤモンドヴェール」も導入。ダイヤモンドヴェールは青色やピンク色ほか7色の色彩に、「希望」「永遠」などメッセージが込められている。

※3「日本夜景遺産」
夜景に「芸術性の高さ」や「文化的要素」などを有し、指定された選定基準を全て満たす夜景名所が、「日本夜景遺産」に認定されている。各認定地には、夜景の魅力を国内外に訴求し、今後の観光業界を盛り上げる役割も期待されている。

« | Main | 小湊鉄道「上総中野駅」 鉛筆画 »