« <<目次>>・はじめに | Main | 絵画「大地に昇る朝陽」     (絵と文) 井上晴雄 »

絵画「春の風」 絵と文:井上晴雄

絵画「春の風(桜)」/風景  

舞い落ちる桜の花びらを乗せた春の風は

まるで銀の琴が
澄んだ音色を奏でるように 

山裾を桜色に染めていった


「春の風」                絵と文:井上晴雄。

 深い山々を抜けていくと、飛騨の谷あいは、桜吹雪で埋め尽くされていた。誰もが感激のあまり息を飲んだ。春の風が吹くたびに、天空から、無数の花びらが舞い落ち、そのさまは、まるで銀の竪琴が、雅な音色を奏でているかのようであった。

(絵と文:井上晴雄/F8号/旅/旅行/風景/国内旅行/2007年制作)

□お花見の旅行ガイドを見る

_________________________________

<作品の目次>「春の作品」へ

<作品の目次>「夏の作品」へ

<作品の目次>「秋の作品」へ

<作品の目次>「冬の作品」へ

____________________________

「井上晴雄.個展のご案内」

⇒TOPページ「井上晴雄.絵画作品集」に戻る」_________________________________________________________________________________________________

_____________________________________________________________

« <<目次>>・はじめに | Main | 絵画「大地に昇る朝陽」     (絵と文) 井上晴雄 »