« 絵画「宍道湖の夕暮れ」(海のある風景)島根県松江市  絵と文:井上晴雄 | Main | 絵画「黒豆畑の絵」 絵と文:井上晴雄 »

絵画「ホタルの夜(昆虫のいる風景)」   絵と文 井上晴雄

絵画「ホタルの夜」/夜景 静かな森林を抜けると
夜空に 無数のホタルが舞っていた
それは 心躍る夢の世界

悲しみも 淋しさも
すべては光のなかに溶け込んでいく
森林の幸せを願いつづける 優しい光の渦に

(作品:F8号  2007年7月制作 /夜景鑑賞士(夜景検定)一級/絵画と文:井上晴雄。/昆虫のいる風景//旅行/旅)




       「ホタルの夜」       絵文:井上晴雄。
                  
静かな渓流の音にさそわれ、森のなかに入っていくと、暗がりのなか、ポツンポツンとホタルの灯があらわれた。ともったかと思うと消え、消えたかと思うとともる
ちいさな光ひとつひとつが 夜の闇をほのかに滲ませ、まるで星屑のように、森を彩っていた。

かつて日本では、そんな、ホタルの飛び交う光景が、田畑の至るところに見られたという。水はどこまでも澄みきり、まちは、豊かな緑や花々に彩られていた。しかし、近年、そんなホタルの光景はめっきり見られなくなってしまった。工業地帯や住宅地が広がり、田畑や山々は埋められてしまったのだ。
時代の流れとともに、人間は、ものの豊かさを享受してきた。しかし、その一方で、失ってきたものもある。そろそろ、失ったものを取り戻さなければならないのではないだろうか?ホタルが住める美しい川、それもそのひとつであろう。


□九州地方の旅行ガイドを見る

<作品の目次>「春の作品」へ

<作品の目次>「夏の作品」へ

<作品の目次>「秋の作品」へ

<作品の目次>「冬の作品」へ

____________________________

「井上晴雄.個展のご案内」

⇒TOPページ「井上晴雄.絵画作品集」に戻る」 ________________________________________________________________________ _________________________

_____________________________________________________________

« 絵画「宍道湖の夕暮れ」(海のある風景)島根県松江市  絵と文:井上晴雄 | Main | 絵画「黒豆畑の絵」 絵と文:井上晴雄 »