« 絵画「津軽海峡の朝陽」(北海道) 絵と文 井上晴雄 | Main | 絵画「ホタルの夜(昆虫のいる風景)」   絵と文 井上晴雄 »

絵画「宍道湖の夕暮れ」(海のある風景)島根県松江市  絵と文:井上晴雄

Photo_6_1

空が焼けて 

さざ波が金色に 染まってきた

陽の暖かさを 全身で感じながら

何も考えることができず

 ただ 湖畔に 佇んでいた

「宍道湖の夕暮れ」 島根県松江市            絵画と文:井上晴雄。


 島根県東北部に位置する宍道湖は、松江市、出雲市、斐川町にまたがり広がる湖である。

 湖が形成されたのは1万年以上前と考えられている。北岸を形成する島根半島は、出雲風土記の国引神話のなかにも登場する神話ロマン溢れるエリアだ。

 夕闇が迫るころ、風が止み、空が染まってきた。静かな湖面は、しんと静まり返り、茜色の空を鮮やかに映しだした。嫁ヶ島のシルエットが時の流れとともに、色濃くなっていく。あまりにも美しいひとときに、何も考えることができず、ただ岸に佇んでいた。

 自然が見せてくれる光景は、ときには優しく、ときには厳しい。いや、厳しさがあるからこそ、美しいのかもしれない。空や水のように、濁りがなく、澄みきった心で、日々の出来事を味わっていきたい。

(作品:.絵画と文:井上晴雄。/島根県松江市 風景/F50号/2006年制作)

→地図(島根県 宍道湖)

« 絵画「津軽海峡の朝陽」(北海道) 絵と文 井上晴雄 | Main | 絵画「ホタルの夜(昆虫のいる風景)」   絵と文 井上晴雄 »