« 絵画「大阪市内夜景(大阪府大阪市/夜景)   絵と文 井上晴雄 | Main | 絵画「長崎の夜景」(絵画/夜景のある風景)長崎県長崎市   絵と文:井上晴雄。 »

ただ無心に(絵画/花のある風景) 絵と文:井上晴雄

絵画「桜のある風景」根尾の山あいで
大地に根を広げる
桜の大木と出遭った

山を春色に彩ろうと
 ただ無心に咲き誇るさまを見て
  頭が下がる思いがした

どんなに辛いことや悲しいことがあっても
力強く生きていこうと思った

(2007年8月制作/F12号水彩画)

 「ただ無心に」絵画の説明

 岐阜県西部、福井県との県境に近い山中に、根尾という小さなまちがある。
根尾川が北から南へ流れ、周囲には、能郷白山はじめ険しい山々が連なっている。厳しい冬を通り越すと、うららかな春の陽気が漂い、桜の名所となる。そのなかに、薄墨桜という彼岸桜の巨木が一本立っている。蕾のときはピンク、満開時には白色になり、散るときには、淡い墨色になる珍しい桜。樹高は16.3m 周囲9.9mを誇る。

 樹齢1500年という途方もない長いときのなかで、薄墨桜は、何度も枯れかけたそうだ。それでも今年も春が訪れると、無数の花々を咲かせているのだった。幹は朽ちはじめ、たくさんの添え木で支えられている。それでも何も語らず、大地に根を張り、ただ無心になって、花を咲かせていた。

 その姿を見たとき、頭が下がる思いがした。私たち人間も、辛いことや悲しいことがあっても、無心になって懸命に生き通さなければならないと思った。

→地図(岐阜県 根尾)

(F10号/2007年8月制作/絵画/花のある風景)


<作品の目次>「春の作品」へ

<作品の目次>「夏の作品」へ

<作品の目次>「秋の作品」へ

<作品の目次>「冬の作品」へ

____________________________

「井上晴雄.個展のご案内」

⇒TOPページ「井上晴雄.絵画作品集」に戻る」_________________________________________________________________________________________________

_____________________________________________________________

« 絵画「大阪市内夜景(大阪府大阪市/夜景)   絵と文 井上晴雄 | Main | 絵画「長崎の夜景」(絵画/夜景のある風景)長崎県長崎市   絵と文:井上晴雄。 »