« 井上晴雄。絵画 作品集/絵画とことば(カテゴリー別目次) | Main | 絵画「大阪市内夜景(大阪府大阪市/夜景)   絵と文 井上晴雄 »

絵画「幸せが降りつもる」(絵画/花のある風景) 絵と文:井上晴雄

絵画「幸せが降り積もる」/桜の風景さびれた山奥の廃線跡
列車がやってこなくなって 何年も経つ

人々はいつしかその存在さえ忘れてしまった

ただ 桜の木々だけは
今年も 忘れることなく
たくさんの 花吹雪を降りつもらせていた

(F4号 絵画 2007年7月制作/花のある風景)


「幸せが降り積もる」絵と文:井上晴雄

人里離れた山に分け入っていくと、茂みのなかに、廃線跡があった。枕木はとうに朽ち果て、線路は草や苔で覆われていた。ふもとの村のに住む誰もが、その存在すら忘れてしまっていた。

 しかし、春が訪れると、線路脇の山桜は毎年欠かさず咲き乱れ、廃線跡を愛でるかのように、花吹雪を散らしているのだった。春の薄い光が枕木に落ち、足元には、無数の桜の花びらが吹き溜まる。それはかつて、列車が山を駆け抜けたときと何変わらない華麗な姿だった。
 
 人間も、年を重ねるごとに、腰が曲がり、病気がちになり、次第に朽ち果てていく。しかし、それはとても美しいことである。ここまで築いた深い人生経験や想い出の数々は、未来へ繋がるかけがえのない財産である。

 私も含めた若い世代は、年配の方々を敬い、紡がれた歴史から、真摯に何かを学んでいきたいものである。
                        

□東海地方の旅行ガイドはコチラから

<作品の目次>「春の作品」へ

<作品の目次>「夏の作品」へ

<作品の目次>「秋の作品」へ

<作品の目次>「冬の作品」へ

____________________________

「井上晴雄.個展のご案内」

⇒TOPページ「井上晴雄.絵画作品集」に戻る」_________________________________________________________________________________________________

_____________________________________________________________

« 井上晴雄。絵画 作品集/絵画とことば(カテゴリー別目次) | Main | 絵画「大阪市内夜景(大阪府大阪市/夜景)   絵と文 井上晴雄 »