« 絵画「さよなら隠岐の島」   島根県隠岐郡   絵と文:井上晴雄 | Main | 井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です »

絵画「夜景と花火」                絵と文 井上晴雄


絵画「夜景と花火」
息を切らして城塞の暗がりをあがりきると 

雷鳴のような轟とともに 

 光のシャワーがまちを包み込んだ

 今日は 花火大会の夜 

夜空が鮮やかに彩られ 

 いつしか心が 子供時代にかえっていた  

「花火大会の夜」絵画の説明

  列車から降りると、花火の打ちあがる音が山々にこだましていた。今日は、待ちに待った花火大会の日。早く花火を見たいと、息を切らせて、音が鳴るほうに走った。しかし、いくら道を辿っても、聳え立つ山は高く、何も見えてこなかった。もう先を急ぐのをやめようとした、そのときだった。岸壁のシルエットの先に、大空に上がる大輪の花
が目に飛び込んできた。「ここまで来て良かった。」心が躍った。


その日から、もう20年近い年月が経つ。しかし、そのとき心に刻まれた感動というものは、忘れることができない。年を重ね、日々を忙しく過ごすようになっても、色あせず輝きつづけている。今日もそんな感動を探して、前に進もうと思う。

(夜景鑑賞士 夜景検定/絵画と文:井上晴雄。/画家/風景/F8号/2007年4月制作)

□近畿地方の旅行ガイドはコチラから

<作品の目次>「春の作品」へ

<作品の目次>「夏の作品」へ

<作品の目次>「秋の作品」へ

<作品の目次>「冬の作品」へ

____________________________

「井上晴雄.個展のご案内」

⇒TOPページ「井上晴雄.絵画作品集」に戻る」_________________________________________________________________________________________________

_____________________________________________________________

« 絵画「さよなら隠岐の島」   島根県隠岐郡   絵と文:井上晴雄 | Main | 井上晴雄の絵画を使った銘菓「黒豆ラングドシャ」好評発売中です »