« 絵画「山峡の道」 絵と文:井上晴雄 | Main | 絵画「ホタルの夕べ」  絵と文:井上晴雄 »

絵画「明るい海が広がる」 絵と文:井上晴雄

絵画「明るい海が広がる」/風景

薄暗い山道を下っていくと 

木々の隙間から 

明るい海が広がった

沖にはまるで粉雪が舞い落ちるように
やさしい光が 

サラサラと降り注いでいた

(作品 絵画と文:井上晴雄./水彩画/F8号/2007年制作)

「安芸の海」絵画の説明

 鬱蒼と茂る山道を下っていくと、うねる木々の隙間から、夕照の安芸の海が広がった。沖には、一艘の小舟が、船尾を引きながら、ゆったり浮かんでいた。やさしい風と共に、仄かな光が、天から舞い降りてきた。

 光の先には、ちいさな島々と四国が横たわっている。かつて人々は、沖を眺めながら、一生のうちに、四国巡礼をしてみたいと、ロマンを抱いたという。生活は貧しかったけれど、心は豊かだった時代。
現代は、交通網の発達やスピード化により、何百キロ離れている土地へでも、容易に行き来できるようになった。確実に、社会は豊かになった。しかし一方で、大切な何かを失った気がする。
鳥の声、木々にそよぐ風、海の輝き、人のぬくもり・・そんな一見、何でもないことや、スローで不便であることに、案外、幸せのかけらがあったのかもしれない。


 

□中国・山陰地方の旅行ガイドはコチラから

                       
                   

<作品の目次>「春の作品」へ

<作品の目次>「夏の作品」へ

<作品の目次>「秋の作品」へ

<作品の目次>「冬の作品」へ

____________________________

「井上晴雄.個展のご案内」

⇒TOPページ「井上晴雄.絵画作品集」に戻る」_________________________________________________________________________________________________

_____________________________________________________________

« 絵画「山峡の道」 絵と文:井上晴雄 | Main | 絵画「ホタルの夕べ」  絵と文:井上晴雄 »