« 絵画「黒豆の里」(宍粟市一宮町) 絵画と文:井上晴雄 | Main | 絵画「沼の落日」 絵と文:井上晴雄 »

「信州の菜の花畑」

絵画「信州の菜の花畑」/風景

雲が滲むように流れた白馬の青空

霞を乗せたそよ風は

 満開の菜の花畑にそよぎ 

 辺りはいつしか 甘い香りで覆い尽くされていた

(絵:井上晴雄./水彩画/F10号/2007年3月制作)

 「信州の菜の花畑」 作品説明

 白馬岳は標高2,932mを誇る、北アルプスの山である。冬は厳しく、稜線東側の谷筋では、膨大な積雪と雪崩が繰り返される。そんな白馬岳にも、春がやってくる。青く澄んだ空には、小鳥の声がこだまし、菜の花の甘い香りが、麓にゆっくりおりてくる。

 生きていると 試練や困難がたくさんある。でも、そこから美しい物語が生まれてくる。広がる風景や足元に咲く花々に感動しながら、聳え立つ山々を、一歩一歩登ってゆくことに、生きる醍醐味があるような気がする。

<作品の目次>「春の作品」へ

<作品の目次>「夏の作品」へ

<作品の目次>「秋の作品」へ

<作品の目次>「冬の作品」へ

____________________________

「井上晴雄.個展のご案内」

⇒TOPページ「井上晴雄.絵画作品集」に戻る」_________________________________________________________________________________________________

_____________________________________________________________

« 絵画「黒豆の里」(宍粟市一宮町) 絵画と文:井上晴雄 | Main | 絵画「沼の落日」 絵と文:井上晴雄 »