« 絵画 「森林の滝」 絵と文:井上晴雄 | Main | ・「今治・織田が浜の夕暮れ」 »

「月夜と白梅」




月明かりの中に
   桜の花が
   咲きこぼれていたl

季節はいつの間にか 春
  
心のなかに
  銀色の砂が
   さらさらと 流れた

水彩F4号 

絵画「月夜と白梅(夜景)」

「月夜と夜桜」 作品説明

鬱蒼と茂る森の暗がりを抜け、河畔に出ると、やさしい月明かりの下に、
一本の桜が立っていた。雅にしなる枝に、澄んだ花が無数に咲き零れ、
風が吹くたび、それらはひらひらと翻りながら地上に舞い落ちていく。

その様は、まるで夜空が琴の音色を奏でるよう。なんと美しい
春のひとときなんだろう。私の心にも、銀色の砂が曲線を描いて
さらさら流れ落ちるように感じたのだった。


□近畿地方の旅行ガイドはコチラから

<作品の目次>「春の作品」へ

<作品の目次>「夏の作品」へ

<作品の目次>「秋の作品」へ

<作品の目次>「冬の作品」へ

____________________________

「井上晴雄.個展のご案内」

⇒TOPページ「井上晴雄.絵画作品集」に戻る」_________________________________________________________________________________________________

_____________________________________________________________

« 絵画 「森林の滝」 絵と文:井上晴雄 | Main | ・「今治・織田が浜の夕暮れ」 »