« | トップページ | 春先の農村風景 »

「春の川」

70

         「春の川」 

絵画と文:井上晴雄


 数年ぶりに、このまちに訪ねた。かつて雪に覆われていた山々は、すっかり春の景色に様変わりしていた。澄みきった空からは、野鳥が遊ぶ声が聞こえてくる。


 里山の小径を辿っていくと、風のそよぎのなかに、太陽のようにまぶしく咲き誇る、菜の花の畑があらわれた。中央には、清らかな川が、水飛沫をあげながら流れている。心地よい瀬音とともに、降り注ぐ春の陽光に包まれる。

   

(井上晴雄 絵画 作品集/2008年 4月制作/国内旅行/F10号/絵画と文/旅/旅行)   


« | トップページ | 春先の農村風景 »