「白川郷(荻町集落)の風景」 

Photo_3

                                  「白川郷(荻町集落)の風景」 絵 井上晴雄

春先の農村風景

                 「春先の農村風景」
                                           絵と文 井上晴雄

列車を乗り継ぎ、ちいさな農村に数年ぶりに訪れた。雪に閉ざされていた野山は、いつしか春の光景に様変わりしていた。畦道には、菜の花やレンゲソウが可憐に咲き乱れ、小川からは、軽やかな瀬音が聞こえてくる。

Photo

小径を歩いていくと、明るい段々畑が広がった。そこには、おばあさんたちが、農作業に勤しむ姿があった。まるで春の到来を全身で喜ぶようかのように、懸命に田畑を耕し種を蒔いている姿が印象に残った。ここから農作物が育っていくのだ。

季節は、毎年、正確に巡ってくる。春になると若葉が芽吹き、夏になると、入道雲が湧きあがる。一見すると、ごく当たり前のことかもしれない。ただ、ふと立ち止まってみると、その平凡なことが至極、奇跡的でありがたいことに思えてならない。

 

(「春先の農村風景」/播磨/自然/農村の風景/絵画と文:井上晴雄./国内旅行/風景/風景絵画)

「春の川」

70

         「春の川」 

絵画と文:井上晴雄


 数年ぶりに、このまちに訪ねた。かつて雪に覆われていた山々は、すっかり春の景色に様変わりしていた。澄みきった空からは、野鳥が遊ぶ声が聞こえてくる。


 里山の小径を辿っていくと、風のそよぎのなかに、太陽のようにまぶしく咲き誇る、菜の花の畑があらわれた。中央には、清らかな川が、水飛沫をあげながら流れている。心地よい瀬音とともに、降り注ぐ春の陽光に包まれる。

   

(井上晴雄 絵画 作品集/2008年 4月制作/国内旅行/F10号/絵画と文/旅/旅行)   


Shirakawa_1「山里の朝」

絵画と文:井上晴雄。


深く静まり返った山里の朝 

水面に映りだした合掌民家は

 
春の息吹を添えて 

ただ凛として 佇んでいた 

(絵画と文/井上晴雄 作品集./水彩画/色紙サイズ/2007年3月制作/風景)

■東海地方の旅行ガイドはコチラ

大原の里(京都府 北区/大原)

Img_80982_2

        「大原の里」(京都府京都市)

                           絵画と文 井上晴雄

京都の市街地から北東に20kmほど行くと、比叡山の北西麓にあるまち大原に辿り着く。大原 は、心和む山里である。参道がつづく緩やかな段丘の先には、のどかな田畑が広がり、山すそには木造の民家が寄り添う。耳をすませば、澄んだ渓流の水音や小鳥のさえずりも聞こえてくる。若葉のなかにひっそりと佇むのは、建礼門院徳子が隠棲したとされる寂光院や、極楽の寺として知られる三千院など古刹の数々だ。侘び寂びのムードに心落ち着く。 大原の場所

.

(絵と文 井上晴雄/F10号/ 京都府  大原温泉 風景画/c報知新聞社) 

「黒豆畑と青空」(兵庫県 宍粟市一宮町

Photo_3Photo_4
「黒豆畑と青空」(2007年11月制作/絵画/農村の風景)
        

ちいさな集落の一本道を抜けていくと
黒豆畑が
  薄緑色に 染まっていた

広い空には 雲が流れ
幸せなときが ゆっくりと過ぎていった

「黒豆畑と青空」<兵庫県宍粟市一宮町の風景>絵画の説明

 氷ノ山、三室山、後山といった険しい山々に囲まれた宍粟市。一宮町界隈に入ると、揖保川のせせらぎを覆うように、黒豆畑が一面に広がっていた。
  青空には 雲が流れ、どこまでも透きとおっていた。美しい清水、明るい陽光、植物の生命力、大地の香り、素朴な人々・・薄緑色に染まった黒豆の葉は、風に静かに揺れ、キラキラと光り輝いていた。どこまでもゆったりとした幸せなときが、空の彼方に霞んでいく・・・

※黒豆は、ダイズの一種で、黒大豆とも呼ばれている。8月ごろに薄桃色の花が咲き、10月ごろ実をつける。実が黒く色づいた11月中旬~12月上旬頃、収穫される。


「井上晴雄 絵画展 INお台場」のお知らせ

<お台場の夜景名所「テレコムセンター」(東京都江東区)と「井上晴雄 絵画展」のコラボレートが実現しました>

お台場にある「テレコムセンター」21階展望台内では 夜景とお客様の出逢いを、
井上晴雄による絵画(約20点)と文が さりげなく演出しています。

Photo


(場所) 新橋駅から「ゆりかもめ」豊洲行で約18分  テレコムセンター駅下車すぐ

テレコムセンタービル21階展望台(20階が受付)

Photo_2

Img_49324

<展望台入場料>大人(高校生以上):500円、小・中学生:300円
<時間> 火曜~金曜:15~21時/土日祝日 :11~21時
<休日>月曜休み(月曜が祝日の場合は翌日休み)
<電話>03‐5500‐0021
<住所>東京都江東区青海2-5-10テレコムセンター21階



※テレコムセンター展望台は「日本夜景遺産」に登録されている展望台(海抜99m)で東京タワー、レインボーブリッジ、東京スカイツリー、新宿の高層ビル群、青海埠頭などの夜景をお楽しみいただけます。お気軽にお立ち寄りください。 
.
※テレコムセンタービルのすぐ隣には、「 大江戸温泉物語 」があります

目次

 瀬戸内海 岡山 美作    農村     朝陽   夕陽Ⅰ   «続き
sponserdlink

| ▼作品(絵画)の目次 | [北海道] | [東北] | [甲信越] | [関東] | [東海]Ⅱ  _ | [東海]   | [北陸] |[近畿]Ⅰ | [近畿]Ⅱ_ | [近畿]Ⅲ_ | [近畿]Ⅳ_ | [近畿]Ⅴ_ | [山陽] | [山陽]Ⅱ_ | [山陰] | [四国] |[瀬戸内海] | [瀬戸内海]Ⅱ_ | [九州] | 「その他2」_ | 「その他」 | 「その他」 | 「夕陽Ⅳ_ | 「夕陽」Ⅰ |「夕陽」Ⅱ_ | 「夕陽」Ⅲ | 「夜景」Ⅰ   | 「夜景」Ⅱ   | 「夜景」Ⅲ   | 「夜景」Ⅳ   | 「大地」 | 「山] |「山]Ⅱ_ | 「山]Ⅲ_ | 「川」 | 「川」Ⅱ_ | 「建築物」 | 「建築物」Ⅱ_ | 「建築物」Ⅲ_ | 「朝陽」Ⅰ | 「朝陽」Ⅱ_ | 「朝陽」Ⅲ_ | 「樹木」 | 「樹木」Ⅱ_ | 「海」 | 「海」②_ | 「海」③_ | 「湖沼」 | 「漁村」 | 「空」   |「空」Ⅱ_ | 「花」 | 「花」Ⅱ_ | 「花火」 | 「花火」Ⅱ_ | 「農村」 | 「農村」②_ | 「農村」③_ | 「鉄道」 | 「離島」 | 「鳥昆虫」 | (その他2) | (その他2)Ⅱ_ | 「初冬」 | 「初夏」 | 「初夏」Ⅱ_ | 「初夏」Ⅲ_ | 「初春」   |「初春」Ⅱ   | 「初秋」   | 「初秋」Ⅱ   | 井上晴雄 略歴 | 季節なし | 季節なしⅡ_ | 晩冬   | 晩冬Ⅱ  | 晩夏 | 晩春 | 晩秋   | 黒豆ラングドシャ | ◇TOPページ | ◇個展情報 | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅行作家」 表紙連載 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ |お客様の感想 | テレコムセンター | 全国の観光情報 | 美作三湯

sponserdlink