「大地に昇る朝陽」

Photo

 


「大地に昇る朝陽」
 

                             絵と文 井上晴雄 

 

 

長く厳しい夜が明け、東の空がかすかに藍色に染まってきた。ともするうちに、水平線上から、突然、光が射し込んだまばゆいばかりの朝陽は、またたく間に空気を溶かし、天空を錦色に染めあげた。待ちに待った朝がやってきたのだ。
 人生には絶望の縁に立たされることもある。辛さや悲しさに打ちひしがれることもある。しかしそんなときも、前を向いて歩き続ければ、必ず陽は上がってくる。明るい夜明けは、必ずやってくる。

(2008年制作/風景/旅/井上晴雄 絵画 作品集)

「明日への希望」

New_miraihe_2

(2007年12月制作/絵画と文:井上晴雄./国内旅行/風景)

「峠の朝陽」

Photo 


「峠の朝陽」

        

                    絵と文 井上晴雄

  峰の向こうから、白い朝陽が昇った。眩いばかりの光は、瞬く間に、天空を黄金色に染めあげ、暗闇に沈んだ村々を、希望の光で照らした。

朝陽の美しさに魅了されているうちに、いつしか、心は平安で満ちていた。

 私たちは、太陽そのものにはなれない。

ただ、誰かを大切に思うことはできるかもしれない。

悲しんでいる人に希望を与えることならできるかもしれない。

 朝陽のように、あらゆるものに、優しさを与えること。

いつも笑顔で元気でいること。

 希望の光を与え合えば、いつか平和な世界が

到来するに違いない。
(絵画と文/朝陽/F8号/井上晴雄 絵画 作品/旅/風景)

「山村の朝」

「山村の朝」      絵と文 井上晴雄

Photo

 深い山々に囲まれた過疎の村。山道脇に横たわる数棟の廃屋のトタンは、剥げ落ち、屋根には苔が生えている。既に人の気配はない。 しかし、そんな寂しい集落にも、朝がやってきた。木々の隙間から差し込んだ光は、あたたかく集落を包み込み、何にも代えがたい美しい空間をつくりだした。<br /><br /> 人間はつい、明るい光のみを追い求めがちである。しかし、光を輝やかせるのは、実は暗がりなのかもしれない。暗がりがあってこそ、光は引き立ち、美しく煌きはじめるのである。<br /> 生きていると、さまざまな苦難や挫折と出会うものだ。とても辛いことである。しかし、それらがあるからこそ、小さな幸せを、大きな幸せとして心に留めることができるような気もする。

Photo_2

光も闇、それらは共存してこそはじめて生きてくるものだ。だから、どんな未来が到来しようとも、それをありがたく受け止め、前向きに生きていきたいと思う。

(絵画と文/2008年11月制作/井上晴雄 絵画 作品集/旅/自然/風景)

「渓谷の朝」

Photo_8 

                   「渓谷の朝」

                           絵と文 井上晴雄.

 兵庫県揖保川の上流は、ゴロゴロとした岩場がつづく深い山のなかだった。瀬音が、渓谷に絶え間なく響きわたり、そこにはエメラルドグリーンに澄んだ水が、白い飛沫をあげながら流れていた。

陽が昇るにつれ、渓谷に、朝陽が差し込みはじめた。やわらかな光が川面を照らし、万物の生命が躍動しはじめる

  途方もなく長いときをかけて磨かれた、自然界の姿。寸分の狂いもなく、到底、人間では及びつきそうにない神秘的な空間。風が吹けば、木々がなびき、水はただ、一心に海に向かって流れていく。

そこには、一切の欲もない。

私たちは、自然に育まれそのなかで学ぶことが多くあるものだ。そのリズムのなかに身を任せながら 社会に善をもたらす人になりたいと思った。

(2008年制作/「渓谷の朝」/ハリマ農協(兵庫県一宮町)所蔵/絵と文 井上晴雄.)

sponserdlink

「新たな旅がはじまる」

Tori_2

静まり返った大地に

 輝く朝陽が顔を出した

何もかもが生命を帯びる感動の瞬間 

私も 新たな旅を
 またはじめようと思った


「新たな旅がはじまる」 絵画と文:井上晴雄。
 

長い夜が過ぎ去り、峻険な山々に囲まれた小さな村にも、朝がやってきた。眩いばかりの光は、瞬く間に、深い暗闇に沈んだ村を、あたたかく包み込んだ。ふ と上空を仰ぐと、そこには、東の空を掠め飛ぶ一羽の鳥の姿があった。その羽ばたきは、あまりに力強く、心に響くものがあった。  鳥は、道しるべもないこの厳しい夜を休まずに飛び続けていたに違いない。寒く凍りついた空をたった一羽で。  生きていると、先が見えない暗闇に埋没したり、ときには立ち直れないような悲しい出来事もある。しかし、無心になって前に進んでいれば、必ず夜明けのと きがくる。夜が長く厳しいものであるほど、明るく美しい朝がやってくるように思う。 私も、また新たな旅をはじめようと思った。


(絵画と文:井上晴雄./F8号/風景の絵画/2007年制作)


□甲信越地方の旅行ガイドへ

「津軽海峡の朝陽」

Photo_7

           「津軽海峡の朝陽」絵画と文:井上晴雄。

 

 

 青函トンネルを抜けた列車は、北海道に入った。雪を被ったなだらかな山々と小さな田畑の先に、海が見え隠れしはじめる。JR木古内駅付近にさしかかったとき、鈍色の空からほのかな光が、差し込んでいるのが見えた。どことなく懐かしい思い出がよみがえり、途中下車した。

  改札口を出ると、厳しい風雪が吹き荒れ、まちは厚い氷に閉ざされていた。あまりの寒さに身震いした。このまま駅に戻ろうかと思ったものの、空の光をたよりに、雪を踏みしめながら、浜辺のほうに歩いていった。

 烈風に逆らって砂浜に出ると、その向こうに、明るい海が広がっていた。静かに打ち寄せる波がキラキラ輝き、沖はやさしい光に包まれていた。一艘の船が、ゆったりと弧を描いて進んでいる。気がつくと、寒さを忘れて、その穏やかで美しい光景に見入っていた。それは、凍てつく北海道の冬だからこそ、より一層、あたたかく掛けがえのないものに感じたような気がする。


 現代の社会では、私たちの一生は、順風満帆に進むのがよしと考えられがちである。しかし、私は、それが必ずしも良いとは限らないように思う。むしろ、困難や試練に直面するからこそ、ちいさな幸せにより大きな幸せとして味わえる機会もあるような気がするからである。例えば、風雪のなかで見た、この朝陽のように。


「津軽の海」(2008年1月制作/風景/絵画と文:井上晴雄。/F10号)


□北海道の旅行ガイドを見る

「氷見の朝陽」

Photo_2

「氷見の朝陽」

絵画と文:井上晴雄。

氷見は富山県西部に位置するちいさな港町。雨晴海岸を窓外に、列車が終点の氷見駅に着いたのは、まだ朝の早い時間だった。薄暗いプラットホームに降り立ったのは、ただ私だけ。寒々とした風がビュービューと頬を突き刺し、思
わず身震いした。
 積もる雪を踏みしめながら、静まり返るまちを抜けていくと、鈍色の海が見えてきた。防波堤に打ち寄せた波が、冷たい飛沫を散らして、霧のようになってかかってくる。

 そのときだった。鈍色の雲の切れ間から、朝陽が差し込んできた。まばゆいばかりの光の渦は、虹色の光線となり、ちいさな漁業のまちにやさしく降り注いだ。海に流れ込む川はそれを反射してキラキラ輝く。そして、厚く覆われた雪をゆっくりと溶かしていったのだった。

 沖は明るく、海鳥がヒュルリヒュルリと鳴きながら旋回している。春がやってきた。

(F10号/国内旅行/絵画と文/旅/旅行/2008年3月制作/井上晴雄 絵画   作品集/風景)

□北陸地方の旅行ガイドを見る

_______________________________

「岬の朝陽」

Photo_2 


「岬の朝陽」

               絵と文 井上晴雄。

 岬の先に、朝陽が昇った 

海面いっぱいに広がる眩い光を受けながら

長い闇の中から開ける未来は 

こんなに美しいものなのかと思った

(絵画と文/朝陽/海//井上晴雄 絵画 作品集/風景)

「奈良の朝陽」

 

Photo

「古都の朝陽(興福寺)」

                      絵画(風景画)と文 井上晴雄.
  奈良県の興福寺境内
にて。早朝、私はただひとり、夜があけるのを待っていた。昼間は観光客で賑
わっている界隈も、ただしんと静まりかえっていた。気温は低く、かじかんだ手を吐息で温めながら
 ただ朝陽が昇るときを待った。漆黒の闇夜は、いつしか群青色に変化し、月の輪郭がぼんやりと霞
んでくる。

 興福寺は、和銅3年(710年)平城遷都に合わせて、
藤原不比等が 飛鳥の厩坂寺を現在の地に移転し「興福寺」と名付けた寺。以降、現在に至るまで、千三百年の年月が流れることになる。

  数時間が経過したとき、空に無数の鳥たちが舞い踊りはじめた。そのときだった。山の端から 光が差し込んできた。まばゆいばかりの陽の光は、凍った空気や大地を一
気に染めあげ、興福寺の三重塔のシルエットをくっきりと浮かびあがらせた。


 待っていて良かった。震えるような感動がそこにはあった。

 蒼く静まりかえっていた古都に昇った朝陽。悠久の歴史が刻まれた奈良の地には、人の心を落ち着かせ、純粋な感動を、呼び起こす力があるような気がしてならない。千年を超える途方もない年月の痕跡と対峙したとき、日々のせわしなさや 細かいしがらみは、不思議と些事に思えてしまう。古都には、現代社会の尺度では計れない大きなものが秘められているのだろうか。

 2010年、奈良は遷都千三百年を迎える。途方もなく長い年月の節目。歴史の一端に触れ、感動を探しながら、生きていきたいと思う。 2009年3月制作/奈良,遷都1300年,興福寺/奈良県 奈良市/井上晴雄/国内旅行/風景)

「平和の朝」

「平和の朝」

Heiwa_3  
社会に 悠久の平和とたくさんの幸福が訪れますように



<※空を飛ぶ鳥:自由の象徴 向き合う二羽の鳥:友好と平和の象徴 輝く朝陽:明るい未来と発展の象徴 桃色の空:豊かさを呼ぶ色 亀、松:長寿と安定の象徴 鳥7羽と亀1=8 葦の草:澱みを浄化>(F10号  2007年8月制作/絵画/湖沼の風景)

「井上晴雄 絵画展 INお台場」のお知らせ

<お台場の夜景名所「テレコムセンター」(東京都江東区)と「井上晴雄 絵画展」のコラボレートが実現しました>

お台場にある「テレコムセンター」21階展望台内では 夜景とお客様の出逢いを、
井上晴雄による絵画(約20点)と文が さりげなく演出しています。

Photo

(場所) 新橋駅から「ゆりかもめ」豊洲行で約18分  テレコムセンター駅下車すぐ

テレコムセンタービル21階展望台(20階が受付)

Photo_2

Img_49324 <展望台入場料>大人(高校生以上):500円、小・中学生:300円
<時間> 火曜~金曜:15~21時/土日祝日 :11~21時
<休日>月曜休み(月曜が祝日の場合は翌日休み)
<電話>03‐5500‐0021
<住所>東京都江東区青海2-5-10テレコムセンター21階

個展


 
※テレコムセンター展望台は「日本夜景遺産」に登録されている展望台(海抜99m)で東京タワー、レインボーブリッジ、東京スカイツリー、新宿の高層ビル群、青海埠頭などの夜景をお楽しみいただけます。お気軽にお立ち寄りください。 
.
※テレコムセンタービルのすぐ隣には、「 大江戸温泉物語 」があります

目次

 瀬戸内海 岡山 美作    農村     朝陽   夕陽Ⅰ   «続き

| ▼作品(絵画)の目次 | [北海道] | [東北] | [甲信越] | [関東] | [東海]Ⅱ  _ | [東海]   | [北陸] |[近畿]Ⅰ | [近畿]Ⅱ_ | [近畿]Ⅲ_ | [近畿]Ⅳ_ | [近畿]Ⅴ_ | [山陽] | [山陽]Ⅱ_ | [山陰] | [四国] |[瀬戸内海] | [瀬戸内海]Ⅱ_ | [九州] | 「その他2」_ | 「その他」 | 「その他」 | 「夕陽Ⅳ_ | 「夕陽」Ⅰ |「夕陽」Ⅱ_ | 「夕陽」Ⅲ | 「夜景」Ⅰ   | 「夜景」Ⅱ   | 「夜景」Ⅲ   | 「夜景」Ⅳ   | 「大地」 | 「山] |「山]Ⅱ_ | 「山]Ⅲ_ | 「川」 | 「川」Ⅱ_ | 「建築物」 | 「建築物」Ⅱ_ | 「建築物」Ⅲ_ | 「朝陽」Ⅰ | 「朝陽」Ⅱ_ | 「朝陽」Ⅲ_ | 「樹木」 | 「樹木」Ⅱ_ | 「海」 | 「海」②_ | 「海」③_ | 「湖沼」 | 「漁村」 | 「空」   |「空」Ⅱ_ | 「花」 | 「花」Ⅱ_ | 「花火」 | 「花火」Ⅱ_ | 「農村」 | 「農村」②_ | 「農村」③_ | 「鉄道」 | 「離島」 | 「鳥昆虫」 | (その他2) | (その他2)Ⅱ_ | 「初冬」 | 「初夏」 | 「初夏」Ⅱ_ | 「初夏」Ⅲ_ | 「初春」   |「初春」Ⅱ   | 「初秋」   | 「初秋」Ⅱ   | 井上晴雄 略歴 | 季節なし | 季節なしⅡ_ | 晩冬   | 晩冬Ⅱ  | 晩夏 | 晩春 | 晩秋   | 黒豆ラングドシャ | ◇TOPページ | ◇個展情報 | 「スポーツ報知」 連載コラム | 「スポーツ報知」 連載コラムⅡ | 「北海道新聞」にて | 「旅行作家」 表紙連載 | 「BC札幌」 連載記事 | 「BC札幌」 連載記事Ⅱ |お客様の感想 | テレコムセンター | 全国の観光情報 | 美作三湯

sponserdlink